Home > NEWS > Krush > 城戸康裕、挑戦者の守屋拓郎に「あなたに負けるレベルじゃない」:1.26 後楽園

城戸康裕、挑戦者の守屋拓郎に「あなたに負けるレベルじゃない」:1.26 後楽園

 Krush.26(1月26日(土) 後楽園ホール)の公開記者会見が12月26日、新宿BLAZEで行われた。Krush -70kg級王座の初防衛戦を行う城戸康裕(谷山ジム)は、K-1ギリシャ大会でのグロンハート戦での1R KO負けについて「このレベルじゃ世界で勝てないと感じた」と振り返り、挑戦者・守屋拓郎(スクランブル渋谷)の挑発に対しては「あなたに負けるレベルじゃないです」と言い返した。
 城戸はギリシャで12月15日(現地時間)に行われたK-1 WORLD MAX 2012 FINAL 8の準々決勝で、ムルテル・グロンハートに1R KO負け。その後もグロンハートはマイク・ザンビディス、アルトゥール・キシェンコという世界の強豪をKOし、ぶっちぎりの優勝を果たした。

 城戸は「世界を感じましたね。申し訳ないけど、10月に倒した選手(Krush.23で勝利したラドウィック・ミレー)とか、今年6人やって4人外人だったけど、グロエンハートだけホント、レベル違った。負けて手ぶらで帰るわけにもいかないんで、あの後も色んな選手の動きを見たけど、みんな繊細に格闘技のことを考えてて、『あ、俺、このレベルじゃ世界で勝てないな』って感じましたね。帰りの飛行機の中でもずっと『ヤバイな、俺、出遅れてるな』って考えてました。その中でもグロエンハートはズバ抜けてました。ザンビディスをボコボコにしてましたからね。入場前から見てると、色々頭使ってるのがわかるんですよ」と“ギリシャショック”を振り返り、「幸い怪我は無かったので、帰ってきてすぐ、3、4日で練習を再開しました。体は落ちない状態で、次が迎えられますね」と、さっそく次戦に向けてスタンバイしていることを明かした。

 そんな城戸に対して守屋は「はるばるギリシャまで、たった2分でKO負けしに行って、ご苦労様さまでした」「城戸選手は不甲斐ない試合をしたにも関わらず、防衛戦を引き受けてくれるとは思いませんでした」「城戸選手には頑張ってもらいたいですね」と、挑戦者にも関わらず上から目線で皮肉たっぷりに挑発。対策についても「試合が決まってからずっと映像を見て、ずっと対応方法を考えてますけど、むしろ内田(康宏)会長のほうがよく見てて、城戸選手の欠点を洗い出してくれました。これで負けたらただのアホというぐらい洗い出してくれたんで、それを実践するだけです」と豪語。守屋の話を聞いた城戸は「今回は負ける感じがしないですね。守屋くんが『頑張って』って言ってくれたけど、負けないし、フフフ、申し訳ないけど、そのレベルじゃないよ。あなたに負けるレベルじゃないです」と言い返し、怒りを抑えていた。

 Krush.26での健太(E.S.G)との一戦が決まった佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー)も、イタリアでの11月3日(現地時間)のGLORYの70kgトーナメントの準々決勝でサニー・ダルベックにKO負けし、ショックを受けてからの再起戦となる。「11月にイタリアに行く前までは調整もうまく行って、過去最強の状態だと信じていたんですが、結果が出なくて、落ち目だなと思いましたね。まあ、人間の感情なんて、コロコロ変わるもんだと客観的に見てます。今度健太選手を完封すれば気持ちは変わると思うんで、自分の気持ちはあてにはしてないです」と語り、「今の自分はもう、K-1時代の貯金が無いと思ってます。落ちちゃったものはコツコツ上がるしかない。2013年の佐藤嘉洋はKrushのタイトルを狙って行きます。そうは言っても日本タイトルには興味は無いので、タイトルを獲ったら、海外の選手に勝って、『Krush 70kg級世界チャンピオン』になりたいので、そういう妄想をずっと続けています」と、再浮上に向けてのプランを語った。

 対する健太は「佐藤選手にとってはリスクのある試合を受けてくれて感謝しています。佐藤選手は国内の中量級最強で、健太には厳しいだろうという意見が多いんですけど、チャレンジするという気持ちは無いです。100パーセント勝つつもりで戦います」と力強くコメント。佐藤に勝てば城戸に奪われた70kg王座奪還への大きなアピールとなるが、王座について聞かれると「今は佐藤選手のことで頭いっぱいです」と話していた。

写真左から寺戸、KO-ICHI、神戸、皇治、武尊、八神、中嶋、鈴木
 公開記者会見にはKrush -58kg級初代王座決定トーナメント一回戦に出場する8選手も勢揃い。対戦相手を前に、試合への抱負を語った。

◆寺戸伸近(Booch Beat/ISKA世界バンタム級(55kg)王者)
「新しい階級へのチャレンジなので、挑戦者の気持ちでやりたいです。KO-ICHI選手は一緒に練習したことがあるので対策は問題ないです」

◆KO-ICHI(池袋BLUE DOG GYM)
「寺戸選手は動きが綺麗で何でもできる選手ですね。9割5分の人が寺戸選手が勝つと思ってるでしょうけど、波乱を起こします」

◆神戸翔太(POWER OF DREAM/TEAM AK)
「自分は中学を卒業してから一人でオランダに行って修行してきたんで、他の選手とモノが違います。それを証明するためにトーナメントに出ました。相手の印象は、まあ、普通です。相手は関係ないです。チャンピオンになることしか考えてないです」

◆皇治(S.F.K)
「準決勝で寺戸選手と戦えるって聞いてるんで、寺戸選手をボコボコにして、キックボクシング人生を変えようと思います。神戸選手のことは知りません。オランダ旅行か何やわからんけど、19歳やのに老けてるなあ、いい時計してるなあ、って印象ですね。」

◆武尊(チームドラゴン)
「チャンピオンベルトは僕が格闘技をやっている証になるので、絶対に取りに行きたいです。八神選手のことは全く知らないんで、印象は特にないです」

◆八神剣太(レジェンド横浜)
「J-NETWORKレジェンド横浜所属の八神剣太です。って言っても知らんでしょ?でも、知らしめます。(武尊の印象)僕は試合前に相手のことを研究しないんで。研究すると自分の動きじゃなくなる。武尊選手の試合も見る縁がなかったので、リングで研究しつつ戦うしかないですね。」

◆中嶋剛志(青春塾)
「福岡から上京してきてから、チャンピオンなるのが目標だったので、ベルトを持ち帰って、仲間たちと楽しみたいです。鈴木選手には(4月の)-60kg級挑戦者決定トーナメントで1回勝ってますけど、死にもの狂いで来ると思うし、一回り大きくなってると思います」

◆鈴木雄三(極真会館)
「58kgのチャンピオンになりたい気持ちは他のどの選手よりも自分が一番あるとは思うんですけど、相手をボコボコにするとか、そういう言葉は武道家なので使いたくないです。尊敬、忍耐、感謝の気持ちを持って戦います。自分も中嶋選手も前の試合の時とは違うので、互い成長を見せて、いい試合がしたいです」

写真左から大川、匠、鈴木、嶋田、結城、Kazyosi
 さらに公開記者会見では、この大会から開幕する「GAORA杯 Krush -55kg WILDRUSH League 2013」の組み合わせ抽選会も行われた。6名のファイターによって争われ、優勝者には王者への挑戦権が与えられる総当たりリーグ戦。箱の中に入った封筒を各選手が引き、そこに書かれたアルファベットの枠に入るという抽選方法が採られ、以下のカードに決まった。

1/26(土)後楽園 匠 × 大川一貴 鈴木優也 × 嶋田将典 結城将人 × Kazyosi
3/20(祝)後楽園 匠 × 結城将人 鈴木優也 × Kazyosi 嶋田将典 × 大川一貴
5/12(日)後楽園 匠 × 鈴木優也 結城将人 × 大川一貴
6/ 1(土)新宿  嶋田将典 × Kazyosi
7/15(祝)後楽園 鈴木優也 × 大川一貴
8/11(日)後楽園 匠 × Kazyosi 嶋田将典 × 結城将人
11/10(日)後楽園 匠 × 嶋田将典 鈴木優也 × 結城将人 Kazyosi × 大川一貴
 ※得点方法 KO勝ち=3点 判定勝ち・不戦勝=2点 ドロー=1点 負け=0点

◆大川一貴(青春塾)
「リーグ戦の公募枠に自分が手を挙げて、抜擢していただいて感謝しています。初戦の匠選手はかなり強いんで、なんとか勝てるよう練習します」

◆匠(チームドラゴン)
「-63kgは山崎(秀晃)さんが優勝したんで、WILDRUSH Leagueイコール、チームドラゴンが優勝すると僕が証明したいです。2年連続でGAORA杯を持って帰ります。目標は全勝優勝ですが、キャリアとかは関係ないんで、一戦一戦全力でやります。大川選手のことは新空手で見て、パンチが強いなと思った印象があります。周りに『同じ55kgだから匠とやるんじゃないの?』と煽られて、やりたくなかったかったんですけど、こんな形でやることになるとは思わなかったです」

◆鈴木優也(スクランブル渋谷)
「K-1 MAXといえば魔裟斗選手と言われたように、Krushの55kg級なら鈴木優也と言われるよう頑張ります。嶋田選手はテクニックがありますが、自分のほうがたぶん上、…いや、自分のほうが上です。頑張ります」

◆嶋田将典(イングラム)
「1月16日、頑張ります。(鈴木の印象は?)ありません。自分は蹴りが得意なんで、蹴りでKOできたらいいと思います」

◆結城将人(チャモアペットムエタイアカデミー)
「来年もいい結果を出して、魅せられる試合をします。相手のことはわかんないんで、ただやるだけです」

◆Kazyosi(シルバーウルフ)
「Kruhsは単に勝つだけでは生き残れない場なんで、勝ちに行くだけでなく、倒しに行きます。(結城の印象は?)ありません。リーグ戦ではKOを狙うんで、どう倒すか見てください」

対戦カード


Krush -70kg級タイトルマッチ 3分3R
城戸康裕(谷山ジム/王者)
守屋拓郎(スクランブル渋谷/挑戦者)

-70kg Fight 3分3R(延長1R)
佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/K-1 WORLD MAX 2010世界トーナメント準優勝、ISKA世界ライトミドル級(72.3kg)王者)
健太(E.S.G/NJKFスーパーウェルター級王者、元Krush -70kg級王者)

Krush -58kg級初代王座決定トーナメント一回戦(1) 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat/ISKA世界バンタム級(55kg)王者)
KO-ICHI(池袋BLUE DOG GYM)

Krush -58kg級初代王座決定トーナメント一回戦(2) 3分3R(延長1R)
皇治(S.F.K)
神戸翔太(POWER OF DREAM/TEAM AK)

Krush -58kg級初代王座決定トーナメント一回戦(3) 3分3R(延長1R)
武尊(チームドラゴン)
八神剣太(レジェンド横浜)

Krush -58kg級初代王座決定トーナメント一回戦(4) 3分3R(延長1R)
中嶋剛志(青春塾)
鈴木雄三(極真会館/極真会館2009全世界ウエイト制軽量級優勝)

Krush -58kg級初代王座決定トーナメント・リザーブファイト 3分3R(延長1R)
大滝裕太(ネクサスジム)
SATOI(チャモアペットムエタイアカデミー)

GAORA杯 Krush -55kg WILDRUSH League 2013 3分3R
匠(チームドラゴン)
大川一貴(青春塾)

GAORA杯 Krush -55kg WILDRUSH League 2013 3分3R
鈴木優也(スクランブル渋谷)
嶋田将典(イングラム)

GAORA杯 Krush -55kg WILDRUSH League 2013 3分3R
結城将人(チャモアペットムエタイアカデミー)
Kazyosi(シルバーウルフ)

-58kg Fight 3分3R
鈴木雅博(チームドラゴン)
林 京平(JTクラブジム)

スケジュール


開場・17:00 本戦開始・18:00 (本戦開始前にオープニングファイト数試合予定)

チケット料金


SRS席 10,000円
RS席  7,000円
S席  5,000円
A席  4,000円
※当日座席券は各500円アップ。
※小学生からチケットが必要です。

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-620)(Webで予約する)icon
イープラス http://eplus.jp
後楽園ホール5F事務所 03-5800-9999
グッドルーザー(電話予約) 03-5351-8390

お問い合わせ


グッドルーザー 03-5351-8390  http://www.krush-gp.com/

Home > NEWS > Krush > 城戸康裕、挑戦者の守屋拓郎に「あなたに負けるレベルじゃない」:1.26 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について