Home > NEWS > KNOCK OUT > 不可思・小笠原瑛作・T-98、クロスポイント勢が気迫の公開練習:6.17 TDC

不可思・小笠原瑛作・T-98、クロスポイント勢が気迫の公開練習:6.17 TDC

 KNOCK OUT vol.3(6月17日(土) TDCホール)に出場する不可思・小笠原瑛作・T-98の3選手が7日、所属先のクロスポイント吉祥寺で公開練習。3人がリングで順番にミット打ち等を披露する間も、右ではK-1に出る日菜太、左ではREBELSに出る潘隆成ら、多数の同僚もミットやシャドーで汗を流す。相乗効果でチーム全勝を目指す。
第7試合 KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦Bブロック 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
不可思(クロスポイント大泉/RISEライト級(63kg)王者)
勝次(藤本ジム/新日本キック日本ライト級王者)

◆不可思「『これが不可思だ』っていう試合を見せたい」
 今回階級がいつもより下なので、減量をいつもより早い1か月半前からやっています。食べる量を減らしながらも、調子はどんどん上がっています。練習で消費する分の最低限のエネルギーしか取っていないので、練習の時以外はボーッとして元気が無いんですけど、タンパク質だったり、他の栄養素は取っているので、ストレスは無いですね。
(パワーやスピードに影響は無いですか?)むしろどんどん上がってきている感じがします。今までで一番食べる物の管理を徹底しているんで、逆にいつもの試合よりも調子が良いぐらいです。



(勝次選手の印象は?)選手としてバランス良く、基本が全部できている印象ですね。特に何か一発とかがある印象は無いですけど、実力があるのは間違いないです。
(先週のTOKYO MXのKNOCK OUTの番組は、勝次選手が蒲田のグルメを色々食べる特集でしたが、見ましたか?)ちょっとだけ。人が何か食っているのを見ても何とも思わないです。試合のことだけに集中しているので、無駄なことはどうでもよくなります。
(階級を下げてまで参戦するトーナメントですし、体重を落として行くうちに、気持ちもどんどん入っていく感じでしょうか?)このトーナメントに賭けている部分はもちろんありますし、初めてKNOCK OUTのメインイベントを任された責任感や覚悟もあります。覚悟を持たないとメインは務まらないと思うんで、そこを試合で見てほしいですね。覚悟の部分は勝次選手よりも持っていると感じてもらいたいです。




(勝次選手はKNOCK OUT初参戦で、不可思選手は常連ですから、KNOCK OUTのメインイベンターとして自負が違いますか?)ただの一つの試合じゃなく、俺がこれからKNOCK OUTを盛り上げていくんだという試合を見せないといけない。KNOCK OUTの看板が務まるのかお客さんたちに査定される試合だと思うんで、そういう覚悟は大きいですね。
4月大会で森井洋介選手がトーナメント一回戦でKO勝利し、「これがKNOCK OUTのメインです」とアピールしました。あの試合からも刺激を受けましたか?)この前は森井選手がしっかりメインの仕事を果たしましたし、今度自分がメインで締めて「これがKNOCK OUTのメイン」と見せたい部分もあります。だけどそれ以上に「これが不可思だ」っていう試合を見せたいですね。このトーナメントは僕のストーリーにします。


第3試合 55.5kg契約 3分5R
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS 52.5kg級王者)
ワンチャローン・PKセンチャイジム(タイ/ルンピニー認定バンタム級5位・ラジャダムナン認定同級9位、元ルンピニー2階級王者)

◆小笠原瑛作「ワンチャローンが本気なら逆に楽しみ」
 いつもなら試合の4週間前ぐらいから練習の追い込みが激しくなるんですけど、トレーナーのウーさんがタイにいた頃、ワンチャローンをずっと教えていたこともあって、気合入ってて、6週間前から追い込みが始まったので、疲れは溜まっていますけど、今まででベストのコンディションですね。
 タイ人との試合はこれまでタイで2回、日本で1回で、今回が4度目ですから少ないですけど、教えてくれている先生はずっとタイ人なので、自分はムエタイをしっかりやっていますし、問題なく戦えると思います。
 正直、(昨年12月の KNOCK OUT Vol.0で那須川)天心があれだけインパクトある倒し方をした相手なので、僕と比べられるのが嫌でしたけど、勝てば大きい相手ですし、僕もインパクトの大きい倒し方をしたいです。



(ウーさんからは何を注意しろと言われますか?)凄い言われるのはハイキックで、タイミングよく一発でKOすることを注意されていますね。タイミングに関しては(他の動きについても)日本人と違う部分を色々言われています。
(ワンチャローンは前回那須川に敗れたことで、再来日に向けて相当気合が入っているようです)嫌ですねぇ。でも、そりゃそうだろなぁ。あんな負け方しましたからね。でも相手がそれだけ本気なら、僕が勝てばさらに評価が上がるので楽しみです。なあなあに仕上げず、しっかり仕上げてほしいです。
(ただ、ワンチャローンは今日タイで試合をしますね)はい。今日の相手が強い相手で、怪我をされて万全じゃなくなってしまったら嫌でしたけど、相手は倒しに来るというよりもゲームをしてくる選手らしいので、ウーさんに「怪我する相手じゃ無い」と言われました。どんな感じの試合になるか注目していますし、しっかり勝って日本に来てもらいたいです。
(さきほど、インパクトの大きい倒し方をしたいと話していましたが、具体的にはどういうイメージがありますか?)僕は天心とタイプが違うんで、バックスピンはできないと思うんですけど、(去年12月の)宮元戦でバック肘で倒した時は、試合を組み立てる中でひらめきで出たので、そういう技で倒せたらと思いますね。



(T-98選手のタイのラジャダムナンの防衛戦の前の調整先がPKセンチャイジムで、ワンチャローンとも練習したそうですね)T-98さんのセコンドで潘(隆成)君が一緒にタイに行ったので、潘君に「しっかり見て来てくれよ」と伝えたんですけど、潘君がワンチャローンと仲良くなって、ご飯に行ったら、日本語でワンチャローンから「あなたのジムの選手に勝てますか」と何度も聞かれて、潘君は「大丈夫」と何度も言ったそうです(苦笑)。ウーさんは「ワンチャローンは全然練習してないよ」と言っていたんですけど、潘君が見たら超練習していたらしくて、万全な状態なら逆に楽しみではあります。


第1試合 71kg契約 3分5R
T-98(クロスポイント吉祥寺/REBELS-MUAYTHAIスーパーウェルター級王者、元ラジャダムナン同級王者)
廣虎(ワイルドシーサー沖縄/ISKAオリエンタルルール世界スーパーウェルター級王者)

◆T-98「僕が第1試合なんで、勝たないと先輩のメンツが保てない」
 タイでラジャダムナンの防衛戦を(5月25日に)やって、日本に帰って来て次の日から練習を初めて、コンディションは問題ないです。
(ラジャのベルトを失い、率直な気持ちは?)正直、残念ですけど、ビッグマッチの大会で試合ができて、相手も強かったですし、凄くいい経験になりました。
(3週間後のKNOCK OUTの試合に向けて、気持ちの切り替えはすぐできましたか?)その日は(ベルト)取られちゃったなって感じでしたけど、いつまでも落ち込んでいたら次のKNOCK OUTで負けちゃうんで、すぐ切り替えました。



(体のダメージは?)結構ありましたね。試合が終わって裏に戻ったら全身の打撲が凄くて、セコンドの潘に「こんなT-98さんの姿、初めて見ました」って言われました。蹴った足も痛いですし、蹴られた所も痛いですし、顔以外は腫れましたね。ミドルキックは強さ自体はそんなに感じなかったですけど、タイミングが良くて、結構もらったんで痛かったです。
(今回の相手の廣虎はガラリと違うタイプです)向こうのインタビューを見たら「熱い試合になる」とか言っていましたけど、向こうが下がらなければ面白い試合になるんじゃないですか? パンチャーなんで得意なタイプですね。TDCホールでのKNOCK OUTの一回目に出た時はリングが小さかったんで、猛獣同士、狭い空間なら僕が有利ですね。パンチでも蹴りでも首でも、臨機応変に行きます。
(ラジャで負けて、練習で見直した部分は?)色々トレーナーからも言われて変えました。変えなきゃ向こうでは勝てないんで。



(変えた技術をKNOCK OUTで試したいのか、KNOCK OUTらしい試合にしたいのか?)いや、逆に変えることで倒せると思うんで。トレーナーに「タイでは倒さないと勝てない」と言われたんで、言われたことをちゃんとやれば自然にKO勝ちにつながると思います。タイに行った時も以前はチュワタナジムで調整していたのが、今回はPKセンチャイジムで練習して、違ったところもあって視野が広がりました。面白かったです。
(今後も引き続きラジャやルンピニーのタイトルを狙いたい?)ルンピニーも狙いたいですけど、チャンスがあればですね。
(今日はKNOCK OUT出場組だけじゃなく、他の大会の試合を控えた選手もたくさんいて、練習に活気がありましたね)今月みんな試合なんで、相当モチベーション高いですね。KNOCK OUTには3人出て、僕が第1試合なんで、勝たないと先輩のメンツが保てないんで頑張ります(笑)。

対戦カード


第7試合 KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦Bブロック 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
不可思(クロスポイント大泉/RISEライト級(63kg)王者)
勝次(藤本ジム/新日本キック日本ライト級王者)

第6試合 KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦Bブロック 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
前口太尊(PHOENIX/J-NETWORKライト級王者)
山口侑馬(山口道場/INNOVATIONライト級王者、DEEP☆KICK 60kg級王者)

第5試合 KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦Aブロック 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
町田 光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者、REBELS 60kg級王者)
DJ.taiki(パンクラスイズム横浜/元DEEPバンタム級(61.2kg)王者)

※ライト級トーナメントは5Rドローの場合、公式記録ではドローだが、マストシステムの延長戦で次戦進出者を決める。

第4試合 61.5kg契約 3分5R
森井洋介(ゴールデングローブ/全日本スーパーフェザー級王者)
ワンマリオ・ゲオサムリット(スペイン/元WPMF世界ライト級王者)

第3試合 55.5kg契約 3分5R
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS 52.5kg級王者)
ワンチャローン・PKセンチャイジム(タイ/ルンピニー認定バンタム級5位・ラジャダムナン認定同級9位、元ルンピニー2階級王者)

第2試合 51kg契約 3分5R
石井一成(東京KBA/元タイTrue4Uフライ級王者)
能登龍也(VALLELY KICKBOXING TEAM/NJKFフライ級王者)

第1試合 71kg契約 3分5R
T-98(クロスポイント吉祥寺/REBELS-MUAYTHAIスーパーウェルター級王者、元ラジャダムナン同級王者)
廣虎(ワイルドシーサー沖縄/ISKAオリエンタルルール世界スーパーウェルター級王者)

スケジュール


開場・16:00  開始・17:00

チケット料金


VIP 25,000円(特典付き)
アリーナS 15,000円
アリーナA 10,000円
第1バルコニー 7,000円
第2バルコニー 5,000円
第 3 バルコニー 4,000円
※当日500円アップ

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999(P コード 835-598) http://pia.jp/
ローソンチケット 0570-000-777(L コード 31329) http://l-tike.com/
RIKIX 03-3718-2353
Peatix http://peatix.com/
後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999
書泉グランデ 03-3295-0011
書泉ブックタワー 03-5296-0051

お問い合わせ


キックスロード  03-4500-4840   http://www.knockout.co.jp/inquiry/

Home > NEWS > KNOCK OUT > 不可思・小笠原瑛作・T-98、クロスポイント勢が気迫の公開練習:6.17 TDC

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について