Home > NEWS > K-ING > 朝青龍主催トーナメント優勝のモンゴル勢が参戦:5.28 名古屋

朝青龍主催トーナメント優勝のモンゴル勢が参戦:5.28 名古屋

 5月6日(現地時間)、モンゴルの首都ウランバートルの常設サーカス場で同国の新格闘技プロモーション「ZEV」(ゼブ)が旗揚げ。64kg級と67kg級で4人制のワンデートーナントが行なわれ、5月28日に名古屋国際会議場イベントホールで旗揚げする新大会「K-ING」へのモンゴル代表選手が決定した。(記事提供:アーネストホーストジムJAPAN、文・スポーツライター 布施鋼治)
 会場にはK-INGのアーネスト・ホースト・エグセクティブプロデューサーと土居龍晴アーネストホーストジムJAPAN代表も来場。ホースト氏はモンゴルでも知名度があり、紹介されると大歓声で迎えられた。

 64kg級では優勝候補のバットゲレルが一回戦のバットエデルネ戦でカットによる出血で負傷判定負けする波乱の幕開けに。決勝では、一回戦でエンフバヤルを破ったガントグトフが、疲れが見えるバットエデルネから3Rにローキックでダウンを奪い、文句なしの判定勝ちを収めた。



 67kg級は優勝候補のオトゴンバートルが期待通りの動きを見せる展開に。一回戦ではエンフバヤルから2Rと3Rに右フックでダウンを奪って大差の判定勝ち。反対ブロックではバットバヤルがムンフバートルをパンチとヒザで攻め込み戦意喪失のダウンを奪って勝利。決勝ではムンフォドがバットバヤルから1R早々ローキックでダウンを奪う。立ち上がってきたバットバヤルだったが、日本から派遣された朝武レフェリーに背中を向けたまま闘う意志を示さなかったため、オトゴンバートルが1Rレフェリーストップ勝ちを収めた。



 ガントグトフとオトゴンバートルは朝青龍選抜モンゴル軍の代表として5月28日のK-INGに出場する。ガントグトフは大石駿介と、オトゴンバートルは大和侑也との一騎討ちだ。モンゴルの国民的英雄である元横綱の朝青龍ことドルゴルスレン・ダクワドルジ氏は「今大会に出場した8名はいずれもモンゴルのトップ選手。わが国の選手は総じてパワーと勇気があり、つねに突進し続ける。名古屋でも楽しみだね」と太鼓判を押した。
 かつて日本のキックのリングでは現ONE FC王者のジャダンバ・ナラントンガラクやシノブ・ツグト・アマラ(花戸忍)が活躍した例がある。久々にモンゴル旋風が吹き荒れるか。

K-ING 5.28 名古屋大会 対戦カード


K-ING国際選抜戦 60kg契約 3分3R(延長1R)
悠矢(大和ジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)
ジョン・キハン [Jung Ki han](韓国/仁川ムビジム/2014 MKF -58kgトーナメント優勝)

K-ING国際選抜戦 大石綾乃引退試合 女子55kg契約 3分3R(延長1R)
大石綾乃(OISHI GYM/WBCムエタイ日本統一女子&J-GIRLSフェザー級王者)
ジェニフェル・フェハス(ブラジル/チーム・ブラジリアンタイ・ゴエスジム/FIGHTER DRAGONブラジル女子55kg王者)

K-ING国際選抜戦 63.5kg契約 3分3R(延長1R)
大石駿介(OISHI GYM/WMC日本スーパーライト級王者)
ガントグトフ(モンゴル/ZEV 64kg 4人トーナメント'17優勝)

K-ING国際選抜戦 67kg契約 3分3R(延長1R)
大和侑也(大和ジム/元WBCムエタイ統一日本ウェルター級王者)
オトゴンバートル(モンゴル/ZEV 67kg 4人トーナメント'17優勝)

K-ING国際選抜戦 64kg契約 3分3R(延長1R)
小川 翔(OISHI GYM/WBCムエタイ日本統一ライト級王者、蹴拳ムエタイスーパーライト級王者)
エジポ・リマ [Edipo Lima](ブラジル/FIGHT DRAGONブラジル70kg王者)

K-ING国際選抜戦 64kg契約 3分3R
中野椋太(セブンジム/元蹴拳ムエタイ・スーパーライト級王者)
ヴィトー・トファニール(ブラジル/ブラジリアンタイ・ブラジル闘英館/FIGHT DRAGONブラジル65kg王者)

K-ING国際選抜戦 ヘビー級 3分3R
谷川聖哉(真正会本部)※正道会館から所属変更
デル・デ・カルバーリョ [Del de Carvalho](ブラジル/ブラジリアンタイ)

57.5kg契約  3分3R
宮崎就斗(TARGET/RISEバンタム級3位)
西元也史(京賀塾)

53kg契約  3分3R
國本真義(MEIBUKAI)
大崎孔稀(OISHI GYM)

72kg契約  3分3R
匡志YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーウェルター級6位)
春野剛士(Dropout)

女子58.5kg契約  3分3R
鈴木万李弥(志村道場)
米沢知佐(TeamFreeStyle)

65kg契約 3分3R
洋輔YAMATO(大和ジム)
蔵人(名古屋JKファクトリー)

67kg契約 3分3R
吉田理玖(練正館)
勝多郎(命武會)

58kg契約 3分3R
良太(OISHI GYM)
山田将成(キック塾)

スケジュール


13:30開場 14:00予選開始

チケット料金


VIP席(柵内席・打ち上げパーティー・パンフレット付き)3万5千円
SRS席(パンフレット付き)2万円
RS席13,000円
S席7000円
A席5000円
*全席指定/当日は500円アップとなります。
VIP席はコンプライアンス遵守のため身元の確認が必要となります。

チケット販売所


チケットぴあ Pコード835-751
出場各ジム道場

お問い合わせ


アーネストホーストジムJAPAN 052-936-5908 info@hoostgym.jp

Home > NEWS > K-ING > 朝青龍主催トーナメント優勝のモンゴル勢が参戦:5.28 名古屋

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について