Home > NEWS > キック > 寒川・我龍・拳士、WKO 1.31 函館に向け抱負

寒川・我龍・拳士、WKO 1.31 函館に向け抱負

 寒川直喜が17日、北海道の函館を訪れ、31日に函館で開催される「WILD KICKBOXING」のプレイベントに登場した。80名の観客に、大会の成功とWKOライトヘビー級王座決定戦・レオナルド・アレス戦の勝利を誓った。この模様は北海道新聞と函館新聞にも取材されたという。主催のWKOから、イベント直後に収録されたインタビューが届いている。また、今大会で対戦する我龍真吾と拳士からの談話も届いた。
寒川直喜
--今日はお疲れ様でした。調整のほうはどうですか?
寒川「前回の試合(2009年12月11日の高瀬大樹戦)でかなり追い込んだんで、そんなにがっつりはやってないんですけど、体調を整えるって感じで決められたことだけ、きっちりやってるって感じです」

--連戦続いてますもんね、10月から毎月・・・。
寒川「そうなんですよ(苦笑)」

--やはりハードですよね。
寒川「はい。気持ちの部分も合わせてコントロールしてやってみようかなと思って」

--1月の北海道のような、寒いところで試合をするのはコンディションの上でどうですか?」
寒川「一回中国で、ハルピンで冬にやったことがあるんですよ(2007年12月13~17日の「日中散打対抗戦」のこと)。マイナス10℃ぐらいのところで」

--ああ、それでしたら函館の寒さなんてちょろいもんですね。
寒川「ええ」

--今回の相手のレオナルド・アレスですけど、ほとんどデータがない相手です。アレスの映像を見たことはありますか?
寒川「練習風景だけ届いていて、見たんですけど」

--印象はどうでしたか?
寒川「ブラジル人らしい、飛びヒザとか結構荒々しい印象を受けましたね」

--基本的に寒川さんは対戦相手の研究をみっちりと立てるタイプですか?
寒川「いや、1回だけ見て、あとは感覚で。あとは向かい合ったときに感じたもので」

--今回、高瀬戦の直後ということで普段はキックを見ない格闘技ファンも結果に注目すると思います。そして今回は函館というあまりキックを見たことがない地方の人たちの前で、タイトルマッチです。そういう意味で結果と同時に内容が高く求められていると思うんですけど、プレッシャーはありますか?
寒川「プレッシャーは常にやっぱりあるんですけど、一番気持ち的にノッていた時期の映像を見て、気持ちが入れば緊張とかもなくなって楽しくやれるんで。映像を見て自分を洗脳するみたいな感じです、ええ」

--ここで高瀬大樹戦のことを訊きたいんですけど、実際に戦ってみて高瀬選手に対してファイターとしてどんな感想を持ちましたか?
寒川「技術に関しては・・・やっぱりそうですね、総合格闘家だなって感じで。力はありましたね」

--体重差もありましたしね。
寒川「そうですね。変なパンチをもらって滑ったりつまずいたり、それでダウンを取られたら嫌だなと警戒しすぎて、それでちょっと緊張気味になってしまったんですけど」

--やはり倒したかったですか?
寒川「そうですけど、それ以上に今回負けることの怖さが上回ったんで」

--高瀬戦ではブログ上で自ら売名だと宣言していましたけど、見事売名に成功したわけじゃないですか。私生活で変化とかありますか?
寒川「いや、特に意識していないですけど。まあ、どの選手も名前を売るために格闘技をやってるという、それはもう認めた上で。そこで生活している上でやっぱり食って行かなければならないし」

--去年はラウェイや散打にも挑戦しましたけど、今年はそちらのほうは?
寒川「一応話がちょっとチラつきはじめたんで、オファーが来れば。よっぽど重ならなければ」

--高瀬戦の試合後や格闘技雑誌では総合格闘技への挑戦をアピールしたじゃないですか。練習はやってるんですか?
寒川「練習は正直、まだちょっと出来ていないんですけど」

--オファーはあるんですか?
寒川「チラチラあるんですけど、正式なものはないですね」

函館のファンと交流する寒川
--総合で闘いたい相手は?
寒川「いや、特にいないんですけど。やるからにはタイトルマッチまで行きたいですね」

--キックボクサーとして今年闘いたい相手は?
寒川「えーと、今は特にいないですね」

--今回はじめて寒川さんの試合を見る人にアピールしたいポイントは?
寒川「自分も体調を壊して、100%という状態でリングに上がれることってないんですけど、そういう状況でも格闘技を楽しんで、やって、何でも前向きに行くということをアピールしたなって思うんですよね。なんていうかな、精神的な部分。病気を病気としてとらえないでリングの上に上がっている姿。それそのものを見てほしいですね」

--生き様ですね。
寒川「そうですね」

--キックボクシングの魅力を一言で表現すると?
寒川「単純に、街中で人と人が殴り合っているところを楽しんで見ることなんて出来ないですけれど、非日常というか、普段ほとんどの人が見られないものを目の前で見れるってところ。是非楽しんで見ていただけたらなって思います」

--当日は期待しています!
寒川「ありがとうございます」

我龍真吾



--北海道と縁があると聞いたのですが?
我龍「親父が旭川で、ばあちゃんが美唄なんですよ。自分もちっちゃい頃は北海道に住んでいたんですよ。生まれてすぐ、1、2年ぐらい旭川に住んでいたことがあったらしいんですよ。俺自身記憶にはないんですけど。最初本籍も北海道だったんで、俺も北海道で生まれたって言ってたんですけど。まあ、実際生まれたのは八王子だったんですけど。親父の仕事の都合で。ばあちゃんは北海道だったんで、中学や高校までは遊びに行ったりしてたんですよ」

--ここ数ヶ月は凄いペースで試合してますよね。
我龍「そうですね。ケガが立て続いちゃってるんでアレなんですけど。いままでケンカした中で毎日のようにケガしていたとかあるんで、大した気にはしてないですね」

--前回の試合のダメージは?
我龍「もうないですね、今はもう。前回の試合もそんな効いた感じじゃなかったんで」

--練習はどんな感じで?
我龍「高尾山を走ったり、ミットやったり、スパーやったり・・・まあ、普段と全然変わらないですね」

--拳士選手とは初対決ですよね。今回のオファーを受けた感想は?
我龍「まあ相手は誰でも。やれと言われればやるので」

--拳士選手の印象は?
我龍「正直、試合を見たことがなくてわからないんで。これだけやってると相手が誰かとかあんまり関係ないんで」

--拳士選手は国際式でも実績を持っている選手ですけど、我龍タイムをやるつもりは?
我龍「どうなんですかねえ。まあ、やってくれると思うんですけど。去年の三月にK-1でボクシングの世界チャンピオン(池珍仁)と我流タイム打ち合って勝ってるんで。自信はもう、あります」

--失礼ですけど最近は苦戦が続いているじゃないですか。そのあたりメンタル面への影響はありますか?
我龍「いろいろケガが治らなかったりとかあったんで、むしろそっちのほうが。もうケガは治ってるんで、もうそろそろ全開で、また」

--我龍選手は知名度が高いです。キャラクターやファイトスタイルも、普段キックを見ていない函館のような地方のファンにも受けると思うんですよ。沸かせる自信はありますか?
我龍「そうですねえ・・・いや、なんだろうなあ。お客さんがどうのこうのじゃなくて、自分を通しているだけなんで。それで沸けばありがたいって感じなんで」

--我龍タイムもお客さんを沸かせるためじゃなくて自分の美学ということですか?
我龍「そうですね。僕が見ててつまんない試合をしたくないんですよ。僕が見てて、1ラウンドとか2ラウンドやって、このまんまダラダラ終わるなあっていう予想がついちゃって、結局はグズグズな感じで終わる試合が凄い嫌なんで。それだったら、俺が我龍タイムを宣言することによって、1ラウンド終わったら『あ、これは我龍タイム行くかもな』みたいな『こりゃ我龍タイム見れるぞ』みたいな、終わって行く度に期待が持てるような。で、俺はどこで突っかけて行くかわかんないんで、1ラウンドで突っかけて行く場合もあるし。お客さんが見てて眼を離せない試合がしたいですね。最後はもう倒すか倒されるかで、倒されるリスクがあっても打ち合いたいですね。そこは自分の中のアレなんですよね」

--キックの魅力とは?
我龍「俺は本当に倒すか倒されるか命がけでやってるんで。集団でいじめたりとかあるじゃないですか。1対1の闘いというんですかね、それを見てほしいですね。余計なもの、何もないわけじゃないですか。そういうところを見てほしいですね」

--今回、拳士選手はかなり気持ちが入っているようです。拳士選手にメッセージは?
我龍「ありがたい限りですけど、その反面ナメられてるのかなと思うところもなきにしもあらず、と。我龍タイムやりたいんで、そこまで行ったら受けてください、と。それぐらいですかね。よろしくおねがいします、と(笑)」

拳士



--今回は季節が冬なんですけど、北海道に来たことはありますか?
拳士「昔アイスホッケーやってたんで、(冬の北海道は)慣れてますね」

--ブログを拝見させていただきましたが、凄く充実した練習が出来ている印象を受けました。
拳士「今回は復帰して3戦目なんですけど、練習は正直言って思うように出来なかったんです。今は2ヶ月前からちゃんと、魔裟斗選手とかとスパーリングやらせてもらって。引退試合の前ですよね、その時期からスパーリングやらせてもらってるんで。練習的にはいい練習だと思います」

--去年はその魔裟斗さんを筆頭にたくさんの選手が引退しました。そういう流れと逆行するかのようにカムバックを果たしたわけですが、今の拳士さんを駆り立てるモチベーションは?」
拳士「これはモチベーションでも何でもないかも知れないですけど、ただ自分が闘いたいだけなんですよね。引退してからも闘いたくてウズウズしていた気持ちがあったというのが正直なところですね。生活の一部みたいな」

--現在フリーです。ブログにはボクシングジムでの練習が主に書かれていますけど、キックの練習はシルバーウルフやコアですか?
拳士「シルバーウルフは行ってないですねえ。キックの練習はコアであったり、いろんなところ行ってます。今日は正道会館に行くんですけど。いろんなジムに行って練習やってるんですよ」

--今回のオファーを受けた際の感想は?
拳士「僕がキックボクシングに転向したときから名前はあったんで、一回やりたいなと思っていた相手でしたよね」

--ファイターとしての我龍選手の印象は?
拳士「がんばる選手ですかねえ。ガツガツ殴り合って来てくれるイメージはありますけど」

--相性が合うと思います?
拳士「勝負はやってみなくちゃわからないんですけど、まあ、合うと思いますね。ガツガツやってきてくれれば」

--自信はどうですか?
拳士「そりゃ試合をやるからには勝ちますよ。パンチで倒して勝つのが一番だと思います」

--我龍タイムを挑まれたら?
拳士「最後の1分でしたっけ、あれは? 計量のとき言おうと思ってるんですけど、我龍タイムをそんな引っ張らないで、1ラウンドの2分からやろうよ、と」

--今回の我龍戦はかなり気持ちが入っていると聞いていたのですが、ファンは期待してもよろしいですね?
拳士「はい!」

--我龍戦の後のビジョンは?
拳士「とりあえず今はまったく考えていないですね。とりあえず今の試合ですね」

--最後に我龍選手にメッセージを。
拳士「真っ向勝負でやりましょう!」

Home > NEWS > キック > 寒川・我龍・拳士、WKO 1.31 函館に向け抱負

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について