Home > NEWS > K-1 > カラケス陣営、シュルトの試合中の無断治療に抗議

カラケス陣営、シュルトの試合中の無断治療に抗議

  • K-1
  • 更新・2010-10-10 (Sun)11:14
 FieLDS K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16(10月2日(土) ソウル)に出場したヘスディ・カラケスの陣営と、It's Showtimeのサイモン・ルッツ代表は、カラケスと戦ったセーム・シュルト陣営が試合中に右スネの負傷箇所を無断でテープでふさぐ反則を犯したとして、抗議文を発表した。ルッツ氏はジャッジの採点についても抗議している。

日本語訳



プレスリリース
セーム・シュルトへの抗議

ブラック・ラベル・ファイティングの責任者レモン・ダールダー氏とイッツ・ショウタイムの責任者サイモン・ルッツ氏の両名は12月11日開催のK‐1ワールドグランプリ決勝進出予定のセーム・シュルト選手は失格であるとの公式抗議文を送付しました。
選手が試合中にケガをした場合はリングドクターとレフェリーの判断無しに負傷部分をセコンドが処置してはいけないとK-1ルールには明記されています。

しかしながらこのルールは1ラウンド終了時のインタバル中にシュルト陣営のバス・ブーンによって破られました。シュルトは試合序盤から多くのローキックを受け結果的に右スネが裂けました。レフェリーが負傷を認知したなら直ちにドクターチェックをしなければなりませんでした。試合続行の可否にドクター判断がされませんでした。レフェリーはシュルトのケガに気づきませんでした。シュルト陣営が密かに負傷箇所をテーピングしてしまったからです。それでも出血がテーピングを通して見えるにもかかわらずレフェリーは見落としていました。試合直後にシュルトのスネが手術縫合された事実から負傷はかなり深かったことが分かります。2ラウンド以後シュルトの右スネのテーピングはユーチューブなどの映像でも鮮明に分かります。

以下サイモン・ルッツの抗議です。

「ヘスディ・ヘルヘスはショウタイム世界王者なのでK-1サイドはK-1世界王者と何としても対戦させたいと強く要望していました。『ショウタイムとK-1、どちらの王者が強いのか?』などと話題作りと誇大宣伝をメディアで繰り返していました。2ラウンド終了時の判定スコアは一人が20-20のドロー。一人が19-20でシュルト。もう一人が18-20でシュルトでした。しかしながら誰もがご覧の通り3ラウンドは明らかにヘスディがポイントを奪いました。ジャッジは三者とも10-9のはずです。これを合計すると次のような結果になります。一人は30-29でヘスディ。一人は29-29でドロー。そして一人は28-29でシュルト。延長ラウンドは明らかですが為されませんでした。延長戦となればシュルトは最後まで戦うことは出来なかったでしょう。既に3ラウンドの時点で最後まで持つかどうかも難しい状態だったからです。今回は不当判定です。その上シュルト陣営が負傷箇所を勝手にテーピングするという明らかなK-1ルール違反もしてしまいました」。

同じくレモン・ダールダーの抗議です。

「私もルッツ氏と全く同意見です。K-1が自分たちのルールに従うのならば残された可能性はただ一つです。つまりシュルトは失格だということです。そうならない場合、K-1に未来は見えません。全員がK-1ルールを軽視するようになるでしょう。シュルトはオランダの大手新聞デ・テレグラフで『ちょっとしたミスさ』と言いましたが私は絶対に承服できません。ミスとはどういう意味か?それは『勝ち負け』を意味するものです。12月の決勝トーナメントで40万ドル争奪メンバーになるかワンマッチ参戦になるかの違いを意味するものなのです。ルールが適正に運用されるのならシュルトではなくヘスディがファイナルトーナメントの選手として戦うことになるでしょう。密かに負傷をテーピングした事実が多くを語っています。シュルト陣営が試合続行に確信があったのならドクターに許可を貰えば良いだけのことでした。しかし彼らにその自信がなかった。よって彼らはチャンスもリスクも取りました。そして彼らは失いました」。

以上よろしくお願いします。

ショウタイム広報
セバスティアン・ファン・ドゥスホーテン

(翻訳:遠藤文康)


原文



PRESS RELEASE
Protest appealed against Sem Schilt

Remon Daalder, manager of Black Label Fighting, and Simon Rutz of IT'S SHOWTIME have both sent a protest to K-1 with the goal of disqualifying Sem Schilt for the K-1 World Grand Prix Final of December 11 in Japan.

In the K-1 regulations is written that in case a fighter gets injured during the fight, the wound may not be treated by one of the corner men without interference of the official physician and referee. However, this did happen right after the first round by Bas Boon. Schilt, who received numerous low kicks right from the beginning of the fight, didn't check one of those low kicks very well so his right shinbone got torn open. If the referee had seen this right away, the doctor had to take a look at the wound and continuing the fight wouldn't have been medically responsible. The referee never discovered this wound, because Schilt's corner ‘secretly' applied a lot of tape on the wound. Despite the fact that the blood was visible right through the tape, the referee still didn't see it. The fact that Schilt's shinbone was stitched right after the fight, showed that it was a serious wound. The applied tape is clearly visible on the TV images and on You Tube (from the second round).

Simon Rutz: “Because Hesdy Gerges is our reigning IT'S SHOWTIME world champion, K-1 really wanted to match him with their own world champion. K-1 created a huge buzz in the Japanese media and hyped the question: ‘who is the stronger one, the IT'S SHOWTIME world champion or the K-1 world champion?' After 2 rounds the judges scored the fight 20-20 (draw), 19-20 (for Sem) and 18-20 (for Sem). However, like everyone could see, the third round was clearly for Hesdy Gerges so that round should have been scored 10-9, 10-9, and 10-9 for Hesdy Gerges. If you add that score to the scores after round 2 you will get the following end result: 30-29 (for Hesdy), 29-29 (draw) and 28-29 (for Sem). A clearer example for an extra round can't be found! If there would have been an extra round, Sem would never have been able to finish this round, because he already had difficulties finishing the third round. This decision was already unjustified, but on top of that it's clear to see that Sem Schilt's corner has violated the rules by applying a thick layer of tape on Sem's deep wound.”

Remon Daalder: “I totally agree with this. If the K-1 follows their own rules, there is only one possibility, and that is the disqualification of Sem. If the K-1 doesn't do this, the effects for the future of K-1 cannot be overseen. Everyone will then disrespect the rules. Sem Schilt speaks in De Telegraaf (Netherlands' biggest newspaper) about a little form error, but I absolutely disagree. This violation of the rules means the difference between winning or losing and the difference between fighting a superfight on December 11 or fighting in the final for 400.000 dollar. If the rules are being followed, Hesdy Gerges will fight in the December 11 final and not Sem Schilt. ‘Secretly' applying the thick layer of tape says enough actually, because if Sem's corner wouldn't have been convinced that the wound would mean the end of the fight, they just would've asked the doctor for permission, but clearly they had no trust in this. They took a chance/risk and in my opinion they've lost.”

Kind regards,

Sebastiën van Dusschoten,
Coordinator Press & Media

Home > NEWS > K-1 > カラケス陣営、シュルトの試合中の無断治療に抗議

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について