Home > NEWS > K-1 > 魔裟斗、ファンの前で「普段通り」の練習公開

魔裟斗、ファンの前で「普段通り」の練習公開

  • K-1
  • 更新・2008-07-02 (Wed)12:08
 魔裟斗が1日、赤坂サカスでの無料イベント「AKASAKA FIGHT FESTIVAL」に登場し、実戦さながらのスパーリングとミット打ちを披露。「試合はもっとヤバいからね。バチバチ打ち合って倒すから」と7日のドラゴ戦のKO勝ちを誓った。
 ファン向けの公開練習の前に、魔裟斗は控室でマスコミの囲み取材を受ける。ファッションの奇抜さもさることながら、刈り上げヘアーで驚かせたが、「ジムの下のコンビニのおじさんも俺に気づいてくれないし、奥さんも嫌がってる。練習ばっかりで楽しいことが何もなくて気分転換です。中学生以来ですね」と明かす。
 4月9日のカラコダとの一回戦の後、20日の挙式を挟んで2週間程休んだだけで、あとは練習漬けの日々。ジムワークの内容はほとんど変わらないが、10月1日の武道館での準決勝〜決勝を見据え、走り込みでパワーと体力を強化。具体的な内容は明かさなかったが、「走り方から勉強した。直すとパワーがつくらしいし、こんなに速くなるんだ、って驚いた。格闘家でこんなトレーニングやってるのは俺だけでしょう。おかげで先々週ぐらいから凄く疲れた」と話す。
 4月の組み合わせ抽選会では、今回の相手のドラゴに「俺をナメちゃ困る」に言い放ったが、「俺との試合の間に2試合も挟んで。ナメるな。日本でもKO負けでしょう」と、改めて怒りを示した。



 会見の後、6時過ぎからはファンの前に登場し、「普段どおりの45分の練習をやります」と挨拶。「減量中でしんどい」と会見で語っていたが、シャドーボクシング3分2R、マススパーリング3分2R、キックのミット打ち4分2R、パンチのミット打ち4分+3分をたっぷりと見せる。マススパーでは4月のカラコダ戦でも見せた多彩なコンビネーションを切れ間無く披露し、ミット打ちでは雄叫びと鋭い打撃音を夕暮れのビル街に響かせる。各ラウンドが終わるごとに、観客からは拍手が巻き起こる。汗びっしょりの魔裟斗は、「お客さんがいるんで、張り切りすぎて疲れました」と苦笑いを浮かべるときもあったが、ファンの熱い視線を己のエネルギーに変えているようにも見えた。



 全てのセッションが終わると、「試合はもっとヤバいからね。バチバチ打ち合って倒すから。武道館に足を運んで下さい」とアピール。TBSの久保田智子アナウンサーと司会を務めた谷川貞治イベントプロデューサーも、元気な魔裟斗を見て「プロデューサーとしてうれしいなァ」と目を細めた。

 7.7 武道館大会のカード表はこちら。“闘う電通マン”としてスポーツ紙をにぎわせている大渡博之の試合が、オープニングファイトから本戦に格上げとなった。

◎AKASAKA FIGHT FESTIVAL 今後のスケジュール:

・7月2日(水)
18:00〜19:00 大月晴明・上松大輔・才賀紀左衛門・大宮司進・ト部弘嵩〈公開練習・公開インタビュー〉
19:00〜20:00 船木誠勝・柴田勝頼 他〈総合格闘技で活躍するプロレスラーが集結〉

・7月3日(木)
18:00〜19:00 佐藤嘉洋・城戸康裕〈公開練習〉
19:00〜20:00 宇野薫・所英男〈公開インタビュー・公開練習 など〉

・7月4日(金)
11:00〜19:00 大画面にて過去のK-1 MAX・DREAM試合模様を放映
19:00〜20:00 MAX最強外国人軍団〈公開インタビュー・チャリティーオークション など〉

・7月5日(土)
13:00〜15:00 DREAM 7/13SP公開収録 秋山成勲 他
16:00〜20:00 FIGHT FESTIVAL〈K-1 MAXスペシャルマッチ 他 3〜4試合(予定)〉

・7月6日(日)
11:00〜 K-1 MAX公開計量
12:00〜13:30 K-1 MAX公開記者会見

Home > NEWS > K-1 > 魔裟斗、ファンの前で「普段通り」の練習公開

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について