Home > NEWS > K-1 > 魔裟斗、引退前日にKO宣言。石井・KID会見欠席

魔裟斗、引退前日にKO宣言。石井・KID会見欠席

 Dynamite!!(12.31 さいたまスーパーアリーナ)の前日夕方、新宿ステーションスクエアにて公開記者会見が行われた。ラストマッチとなる魔裟斗はアンディ・サワーとガッチリと握手し、「明日は必ず打ち合いになる。KOで決着をつけて、これからの人生の土台にしたい」とファンに宣言した。
 SRCとの対抗戦に出場する青木真也は「ここに来ると2年前の『やれんのか!』の時を思い出します。あれから2年間、間違いなく僕が総合格闘技を引っ張ってきた。明日はその差をはっきりと見せたい」とアピール。川尻達也は22日の記者会見の時同様、横田一則とのツーショット撮影を拒否。「ルールはあるけど、明日僕が勢い付きすぎちゃったら、レフェリーはしっかり止めてください」と話し、危険なムードを漂わせた。

 公開会見は石井慧、山本“KID”徳郁、廣田瑞人、小見川道大の4選手が欠席した。廣田と小見川について谷川貞治FEG代表は「減量が厳しかったので、大事を取って欠席した。試合は大丈夫です」と擁護。だが、減量の心配の無い上、大会のメインキャストである石井とKIDの欠席に関しては「会見に出ないのは良くない。プロモーションも含めてのファイトマネーだと思うし、もっと露出をしないと勿体ない」と苦言を呈した。



 前日の公式計量はマスコミ非公開で行われ、全選手が一回でパスしたとのこと。魔裟斗は今回も70kgジャストでクリア。谷川氏は「今までになく強く感じた。本当に辞めるの?って雰囲気だった。いつもと違って、魔裟斗君のほうから僕に話しかけて来るぐらいで、調子が良さそうだった」と計量の雰囲気を明かした。引退セレモニーについては「すごく豪華になります。過去最大のものになると思います」とのことだ。

 なお、DREAMとSRCの対抗戦のルールの詳細が以下のとおり発表された。(1)〜(3)は既に発表されていた内容で、(4)〜(7)が新たに発表された内容。

 (1) 引き分け決着無し (両団体共通)
 (2) 試合時間5分3R (SRC基準)
 (3) 顔面の踏み付けは反則 (DREAM基準)
 (4) サッカーボールキックは反則 (両団体共通)
 (5) 判定ではKOや一本を狙う姿勢にプライオリティーが置かれる (DREAM基準)
 (6) ジャッジはラウンドごとに点数をつける (SRC基準)
 (7) インターバル60秒 (SRC基準)

 (5)についてDREAMルールでは、[1]KOや一本を狙う姿勢、[2] 相手に与えたダメージ、[3] 打撃のコンビネーション&グランドコントロール、[4] テイクダウン&ディフェンス、[5] アグレッシブ という優先順位がある。SRCルールではこれらを「総合的に評価」している点で異なる。対抗戦ルールでは2位以下もDREAM基準が採用されるものと思われる。(6)はSRC同様、合計が同点の場合はどちらかを勝者に決めないといけない。

 レフェリーはDREAM派遣の島田裕二氏、大城盛敬氏、SRC派遣の梅木良則氏、木村参味夫氏、芹澤健市氏が務める。ジャッジも両団体混成となる。

 また、DREAMルールのゲガール・ムサシ vs. ゲーリー・グッドリッジ、ミノワマン vs. ソクジュについても、5分3Rで行われることになった。

Home > NEWS > K-1 > 魔裟斗、引退前日にKO宣言。石井・KID会見欠席

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ