Home > NEWS > K-1 > 村越優汰「武尊選手に勝ってK-1のベルトを巻くことが目標」:12.27 後楽園

村越優汰「武尊選手に勝ってK-1のベルトを巻くことが目標」:12.27 後楽園

  • K-1
  • 更新・2017-12-05 (Tue)18:02
 12月2日(土)神奈川・平塚の湘南格闘クラブ 平塚ジムにて、12月27日(水)後楽園ホール「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~SURVIVAL WARS 2017~の[K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で芦澤竜誠と対戦する村越優汰が公開練習を行った。(記事提供:グッドルーザー 写真: (C)M-1 Sports Media )

 これまで他団体で数々の強豪と拳を交え、国内フェザー級のトップファイターとして活躍してきた村越。今大会からK-1に活躍の舞台を移すことになり「K-1参戦が発表されて、すごく反響があります。周りの方たちに『K-1に出ることになりました』と伝えると『K-1に出るんだ!』という良い反響ばかりです」と反響も大きいという。

 K-1デビュー戦となる12・27後楽園大会に向けても「いい練習ができているので、問題なくいい感じで仕上がっています」と調整は順調で「K-1で戦うことになって心境に変化はありますが、僕がやることはいつもと一緒。自分の戦いをするだけなのでそこは変わらずですね」と気負いはなし。代名詞である三日月蹴りをはじめとする多彩な蹴りに加え、パンチにも磨きをかけて“K-1仕様”のファイトスタイルを作り上げている。その言葉通り、公開練習では2分1Rのパンチのミット打ち、蹴り主体のサンドバック打ちを披露した。

「もともと僕は蹴り主体で蹴りが得意なんですけど、K-1を見ていてパンチで決着することが多いので、蹴りでもパンチでもどちらでも対応できるように両方練習しています。蹴りが得意だからと言ってパンチが苦手ということはないですし、僕はパンチも得意です。そのうえで僕は蹴りで倒すことにこだわりがあるので、蹴りで綺麗に倒したいですね。

(なぜ蹴りにこだわる?)言葉で説明するのは難しいのですが、蹴りで倒すと綺麗にバサッ!と倒れる感じがするんですよね。僕の中で蹴りで倒す=“綺麗に倒す”イメージがあるので、蹴りで倒すことが好きです。K-1はパンチ主体の選手が多いので、蹴りで倒すことが出来たら『変わったやつが出てきたな!』と思ってもらえると思います」

 対戦相手の芦澤は公開練習で「(村越は)何もない・パッとしない選手。あれじゃK-1のリングで通用しない」など挑発的な発言を連発。もちろん一連の言動は村越の耳にも入っているが「試合が決まった時にそういう(挑発的なことをする)選手だと分かっていたので、記者会見の時に色々と言ってくると思ったんですよ。でも謙虚な感じだったので、ビビってるのかなと思いました。相手の挑発に乗るのは好きじゃないんで、僕はいつも通りの動きをしていつも通りに勝つだけです」と相手にせず。

「確かに(芦澤は)リーチもあって身体も恵まれている良い選手だと思います。でも自分の方が実力は上だと思っているので、試合になったらその差を見せて勝ちます。勝手に言いたいことを言っていればいいと思うし、試合で(どちらが強いか)分かると思います」とリングの上で芦澤を黙らせるつもりだ。

 もちろん村越がK-1参戦を決めた理由はK-1でトップを獲るためであり、それだけの自信も持っている。今後のK-1での野望を聞くと、村越は「まず12月にしっかり勝ってインパクトを残して、3月の『K'FESTA.1』に出たい。そしてこの階級のチャンピオン=武尊選手に勝ってベルトを巻くことが目標です」と宣言した。

「僕は周りの選手とは試合に対する気持ちが全く違います。次は何としても負けが許されないし、しっかり勝ってインパクトを残して、目の前の目標である3月の『K'FESTA.1』に進みたいという気持ちです。(K-1でトップを獲る自信は?)僕はK-1でも自分の力が通用すると思っているし、通用させなきゃいけないと思っています。K-1に出るのも(K-1でトップになる)自信があるからで、今回の試合で自分の力を見せつけたいと思います。(2018年の目標・野望は?)次の試合をしっかり勝って、3月に出ることが一つ。そしてこの階級でやっていくうえでチャンピオン=武尊選手に勝って、K-1のベルトを巻くことが目標です」

 注目のK-1デビュー戦に向けて「まだ僕のことを知らない方もいると思いますが、しっかりインパクトを残して村越優汰という選手がいることをアピールします」と村越。芦澤とのK-1デビュー戦で“村越ここにあり!”を印象付けることが出来るか?

対戦カード


第7試合 K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級(-70kg)次期挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)
日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
廣野 祐(NPO JEFA/元Bigbang&J-NETWORKスーパーウェルター級王者、元J-NETミドル級暫定王者)

第6試合 フェザー級(-57.5kg) 3分3R(延長1R)
西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/Krush -58kg王者)
大滝裕太(ネクサスジム)

第5試合 スーパー・バンタム級(-55kg) 3分3R(延長1R)
軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/Krush -53kg王者)
大岩翔大(チームYMC栃木)

第4試合 フェザー級(-57.5kg) 3分3R(延長1R)
芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス/元INNOVATIONフェザー級王者)
村越優汰(湘南格闘クラブ/RISEフェザー級(-57.5kg)2位・元バンタム級(-55kg)王者)

第3試合 スーパー・ウェルター級(-70kg)次 3分3R(延長1R)
山崎陽一(K-1ジム・シルバーウルフ/Bigbangスーパーウェルター級王者)
和島大海(月心会チーム侍)

第2試合 ヘビー級 3分3R(延長1R)
杉本 仁(K-1ジム・シルバーウルフ)
RUI(K-1ジム蒲田チームキングス/RISEミドル級(-70kg)7位・RISING ROOKIES CUP '14優勝)※花沢類 改め。リアルディールから所属変更

第1試合 スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
篠原悠人(DURGA/K-1甲子園'15 -65kg優勝)
鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)

プレリミナリーファイト第2試合 スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R
眞暢(TEAM ONE LINK)
FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)

プレリミナリーファイト第1試合 ライト級(-62.5kg) 3分3R
“バズーカ”巧樹(菅原道場)
竹内悠希(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

スケジュール


開場・17:00  プレリミナリーファイト開始・未定  開始・18:00

中継


AbemaTV 生放送
GAORA 生放送 18:00~22:00(再放送あり)

チケット料金


ロイヤルシート 50,000円
SRS席 30,000円
RS席 12,000円
S席 9,000円
A席 7,000円 ※完売
※当日券は500円アップ
※小学生からチケットが必要となります。

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/
イープラス  http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-000-732  http://i-tike.com/
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999
K-1.SHOP http://k-1.shop/
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470
K-1ジム各店補 http://www.k-1gym.com/

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470 http://www.k-1.co.jp/

Home > NEWS > K-1 > 村越優汰「武尊選手に勝ってK-1のベルトを巻くことが目標」:12.27 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について