Home > NEWS > K-1 > 木村ミノル「ベルトと比べたら久保選手との関係はどうでもいい」:9.18 さいたま

木村ミノル「ベルトと比べたら久保選手との関係はどうでもいい」:9.18 さいたま

  • K-1
  • 更新・2017-08-10 (Thu)22:35
 8月10日(木)東京・三ノ輪のウィラサクレック ムエタイジム(本部ジム)にて、9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」のトーナメント一回戦で久保優太と対戦する木村“フィリップ”ミノルが公開練習を行った。(記事提供:グッドルーザー 写真 (C)M-1 Sports Media)

 今年からウェルター級(-67.5kg)に階級を上げ、新たな階級で初代王座決定トーナメントに臨む木村。「だいぶ前から調整を始めていて、この時期にして疲労が蓄積してきて、いい感じで追い込めています。その反動で疲れているけど、あと一カ月ちょっと調整して、いい状態に持っていくだけです」と現在のコンディションについて話し「今の段階で合格点をあげたいくらいパーフェクトに動けているので、試合の時にはもっとすごい動きができると思う」と仕上がりは過去最高だという。

 階級を上げたことで「身体作りのためのトレーニングやパワー系のトレーニングを多めに取り入れています」と肩回りや腕の筋肉は今まで以上に“ゴツさ”を増し「目に見えて成果が出てきているし、効果も感じています。トレーニングの成果が格闘技の動きにいい風にフィットしてきているので、コンディションは間違いなく今までで一番です」というほど。

「ウェルター級に階級を上げても、なんだかんだで今まで通り減量はキツさがあるんですけど、それだけ筋力もパワーもついている。スーパー・ライト級(-65kg)のスピードのまま、あの時以上のパワーを出せると思います」と自信たっぷりに語った。

 公開練習で木村はウィラサクレック・ウォンパサー会長を相手に蹴り中心・パンチ中心のミット打ちを3分1Rずつ披露。重厚なパンチ、ヒザ蹴り、ローキックをウィラサクレック会長の持つミットに叩き込んでいった。かつて「ボクシングとムエタイを融合したい」と話していた木村は「先生たちが僕のスタイルを理解してくれていて、それに合わせた練習をしてくれる。自分にしかできないスタイルで戦う」とファイトスタイルそのものも進化している。

「ウィラサクレックジムでは、ムエタイではなく僕にしかないスタイルを受け入れてもらって、いいトレーニングが出来ています。先生たちが僕のスタイルを理解してくれていて、それに合わせた練習をしてくれるので、違和感も焦りもないです。僕は今まで自分だけのスタイルでここまでやってきたので、今回もそれに頼ろうと思います。ある意味、今までと変わらない試合が出来ると思いますね。感覚的にはひたすら倒すことだけを考える昔に戻った感じです。
 もちろん僕が培ってきたキャリアや挑戦してきた技術のベースや土台は全く違います。でもそれはお客さんの見えないところで発揮すればいいし、技術は目立たせるものじゃなくて、対戦相手が分かればいいもの。だからいつも通りの戦いをして、お客さんには『あいつ変わらないなあ』でいいと思ってます」

 また今回は一日三試合のワンデートーナメントとなるが、木村はいつものスピードと爆発力を活かした戦い方を変えるつもりはない。

「僕は優勝するのが当たり前だと思って調整しているので、決勝まで行くことを見据えてやっています。そこで自分の爆発力を抑えてトーナメント用にダメージを少なくいこうとかスタミナを配分しようとか…そういうことは考えてない。
 100%の力を出せばすぐに試合が終わるだろうし、仮に判定になっても3分3Rを3回やるスタミナもつけています。だからワンマッチの時と試合運びは変わらず、スタミナもパワーもフルに使って戦います。相手が必死になって逃げても、それを追い回せるだけのものを作っていますよ」

 木村が一回戦で対戦するのはかつてのチームメイトである久保優太だ。元同門対決という部分がクローズアップされているが、木村自身は「今はそういうことは全く気にしていない。久保優太と試合できる純粋な喜びの方が大きい。どこかで覚悟していた部分もあったし、試合が決まった時から元チームメイトや仲間という意識はないですよ」とキッパリ。

 それよりも「ここで優勝しないと今後の人生が危うい。K-1のベルトを獲るのと獲らないとでは一生後悔する。それと比べたら久保選手との関係どうこうは大きなものじゃない。比にならないくらい、どうでもいいことだったかもしれない」と感傷に浸ることはない。

「9月18日は相当長い一日になると思います。僕のファイトスタイルで3試合相手を失神させてKOすると考えると、逆に俺の身体がアドレナリンに耐えられるか心配です(笑)。そのくらいエキサイティングな試合になると思いますよ。リングの中は夢の中で、一度控室に戻って夢が覚めても、リングに上がればまた続きをやるだけです。
 今回、自分の中ですごく覚悟を持って挑むトーナメントなので、応援してくれる人たちにベルトを巻いた姿を見せたいです。そしてこれから格闘技界を担って、背負っていくためにもK-1のベルトは獲らないといけないもの。そのための切符だと思います。僕がベルトを獲ったあとの世界を楽しみにしてほしいです」

 改めて観客を熱狂させる試合でK-1王者となり、これからのK-1を作っていくと語った木村。その拳で未来を切り開け!

対戦カード


K-1 WORLD GP初代ウェルター級(-67.5kg)王座決定トーナメント


一回戦(1) 3分3R(延長1R)
渡部太基(ゴールデングローブ/元Krush -67kg王者)
モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/元MA日本スーパーライト級王者)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者)
メルシック・バダザリアン [Melsik Baghdasaryan](アルメニア/ムエタイ・アメリカジム/中国WLF -67kg級世界王者)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ/Krush -67kg王者)
ハン・ウェンバオ [Han Wenbao](中国/大東翔クラブ/CFP/中国WLF -70kg級新人王'16)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/元Krush -67kg王者)
木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Team Philip/GSA/WSR)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
牧平圭太(HALEO TOP TEAM/元Krush -67kg王者)
KENJI(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

準決勝(1) 3分3R(延長1R) 一回戦(1)勝者 vs. 一回戦(2)勝者
準決勝(2) 3分3R(延長1R) 一回戦(3)勝者 vs. 一回戦(4)勝者
決勝 3分3R(延長1R) 準決勝(1)勝者 vs. 準決勝(2)勝者

スーパーファイト


K-1 WORLD GPフェザー級(-57.5kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/王者)※初防衛戦
ワン・ジュングァン (中国/中国高大拳クラブ/挑戦者、Glory of Heroes -57kg級2位)

スーパー・フェザー級(-60kg)(ノンタイトル戦) 3分3R(延長1R)
大雅(TRY HARD GYM/K-1 WORLD GP王者)
スタウロス・エグザコスティディス [Stauros Exakoustidis](ギリシャ/ナソス/メジロジム/ISKA・WAKO・WKBC世界スーパーフェザー級王者)

スーパー・バンタム級(-55kg)(ノンタイトル戦) 3分3R(延長1R)
武居由樹(POWER OF DREAM/K-1 WORLD GP王者)
伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/中国英雄伝説世界-57kg級王者)

スーパー・ウェルター級(-70kg) 3分3R(延長1R)
日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
セルジオ・サンチェス [Sergio Sanchez](スペイン/インダール・ヴィトリア・チーム/WAKO欧州王者)

スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R(延長1R)
卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/元K-1 WORLD GP王者)
山本真弘(N.F.T.T./元IT'S SHOWTIME世界-61kg級王者、元全日本フェザー級王者)

スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R(延長1R)
島野浩太朗(菅原道場/MA日本スーパーフェザー級王者)
皇治(SFK/ISKA K-1ルール世界ライト級王者)

プレリミナリーファイト


ヘビー級 3分3R
訓 -NORI-(K-1ジム総本部チームペガサス)
古田太一(ボルティファミリアジム)※正道会館から所属変更

ウェルター級(-67.5kg) 3分3R
平山 迅(センチャイムエタイジム
渡邊俊樹(優弥道場)

K-1カレッジ2017 -65kg決勝 2分3R(延長1R)
半井 龍(旭川医科大学・3年)
佐野純平(桜美林大学・4年)

K-1カレッジ2017 -60kg決勝 2分3R(延長1R)
内田道隆(国士舘大学・4年)
下地 涼(拓殖大学・2年)

K-1カレッジ2017 -55kg決勝 2分3R(延長1R)
野村 優(弘前大学・5年)
金塚聖矢(日本外国語専門学校・2年)

スケジュール


開場・13:00 プレリミナリーファイト開始・未定 本戦開始・15:00

中継


AbemaTV 生放送

チケット料金


アリーナSRS席 50,000円 ※完売
アリーナRS席 30,000円
アリーナS席 12,000円
スタンドS席 12,000円
アリーナA席 8,000円 ※完売
アリーナB席 6,000円
※当日500円アップ
※小学生からチケットが必要です

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/
イープラス  http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-000-732  http://i-tike.com/ 
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999
フィットネスショップ水道橋店(店頭販売) 03-3511-2711
K-1.SHOP http://k-1.shop/
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470
K-1ジム各店補 http://www.k-1gym.com/

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470 https://www.k-1.co.jp/

Home > NEWS > K-1 > 木村ミノル「ベルトと比べたら久保選手との関係はどうでもいい」:9.18 さいたま

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JTクラブジム
JR東海道本線「沼津」徒歩5分
入会時「バウレビ見た」で特典付!キックボクシング8冠王・土屋ジョーが直接指導!老若男女国籍、全て不問!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ