Home > NEWS > K-1 > 武尊、“中国の武尊”と初防衛戦。大雅・日菜太は国際戦:9.18 埼玉

武尊、“中国の武尊”と初防衛戦。大雅・日菜太は国際戦:9.18 埼玉

  • K-1
  • 更新・2017-07-17 (Mon)15:10
 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~(9月18日(月/祝) さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ)に4試合が追加された。フェザー級王者・武尊はワン・ジュングァンと防衛戦。ワンは“中国の武尊”と中国で呼ばれている選手で、7月16日のKrushの日中対抗戦で初来日し里見柚己に判定勝ち。試合後は武尊に対戦を要求し、武尊も「タイトルを賭けていい」と話し、さっそく翌日の会見で王座戦が発表された。

 武尊は昨年11月のフェザー級王座決定トーナメントで優勝するも右拳を骨折。4月に5か月ぶりにリングに上がり、ビクトー・サラビア戦ではローブローのダメージを乗り越え3R左フックでKO勝ちした。6月18日のさいたま大会にも出場すると、体重800gオーバーのブバイサ・パスハエフを3R左ボディでKO。2試合ともアクシデントを乗り越えつつ、しっかりKOで締めくくり、K-1のエースとして面目躍如たる活躍を続けている。

 2試合ともノンタイトル戦だったが、ブバイサ戦の直後から、次の試合は防衛戦にしたいと武尊は話していた。ちょうど7月16日のKrushでは“中国の武尊”と呼ばれるワン・ジュングァンがアグレッシブなパンチ主体のファイトで観客を沸かせ、試合後に本家・武尊に対戦を要求。武尊もリングに上がると「久しぶりに気持ちの強い選手を見たので、殴り合いがしたくなりました」と即答し、バックステージでも「戦い方を見ていると『中国の武尊』と思いました」「タイトルを賭けていい」と語り、さっそく主催者が調整し、ワンが日本にいる間に王座戦が正式決定した。

 武尊は「昨日の試合を見て、久しぶりにこんなアグレッシブで気持ちの強い選手を見たなってのがあって、それと同時に、この人と殴り合ったらどんだけ楽しいんだろうなってのが出て来ました。ワン選手もやりたいと言ってくれたんで、即決で殴り合いたいと思いました。“中国の武尊”と言われていると聞いていましたが、相手の戦いをいい意味で気にせず、自分の攻撃を当てに行くところが自分と似ていると思いました。スタミナがあって、最後まで強い攻撃を打てるのは、なかなか見たことが無い感じですね」とワンを高く評価。「今年は今のところ全部倒せているんで、あと何試合あるかわからないですけど、全部倒します」と、今回もKOを約束した。
 対するワンは「武尊選手は攻撃力、スタミナのある選手で、バックハンドブローの一撃も強いので、全てにおいてコンプリートな選手だと思います」と語り、「明日中国に帰国次第、タイトルマッチに向けて調整を始めます」と、早くもビッグチャンスに向け気合十分の様子だった。



 また、今大会ではスーパー・フェザー級(-60kg)王者の大雅、スーパー・バンタム級(-55kg)王者・武居由樹も武尊との揃い踏みが決定。この2人はノンタイトル戦となり、大雅は初来日のスタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ/ISKA・WAKO・WKBC世界スーパーフェザー級王者)、武居は武尊と同門でもある伊澤波人と対戦する。エグザコスティディスはかつてK-1 MAXで活躍したマイク・ザンビディスとも練習をしていたことのある23歳で戦績39戦32勝(11KO)7敗。伊澤は中国の英雄伝説の世界-57kg級王者で、4月大会のスーパー・バンタム級王座決定トーナメントではリザーブファイトに出場し、鈴木優也に延長判定勝ちしている。

 大雅はまず、7月の皇治戦の判定勝ちを振り返って「何回も映像を見返して、恥ずかしい試合をして、前まであった勢いが無くなっていると思いました」と反省。「今は倒しに行くイメージを持って練習しています」「次までには思い返してガンガン行けると思います」と語る。エグザコスティディスについては「映像を見たらパンチでガンガン来る選手で、楽しみだと思いました」「強い選手とやりたかったので、今回も楽しみです。一発をもらうと危ないですけど、一方的な試合をして勝ちたいですね」と話した。



 武居は「キャリアと年齢も上の伊澤選手と対戦するのですが、4月にチャンピオンになって初の試合なので、ここは絶対KOで勝ちます。デビューする前から伊澤選手の戦いを見ていて、蹴りが巧い選手だと思いますので、蹴り合うより殴り合って、武居ワールドに引き込みたいです。伊澤選手はトーナメント本戦にも出られた実力者です。僕もあのトーナメントをもう1回やれと言われれば優勝できるかわからないぐらいですので、今回も運がよく勝てればなと思います」と、強気と謙虚の入り混じったコメント。この日のスーツが同じ灰色だったことも気にかけ、「伊澤選手がいい選手なので、今回は僕が悪い選手で行きます」と、キャラのカブる部分も意識し、公開会見の来場者を楽しませた。

 伊澤は「僕は4月のトーナメントのリザーブファイトに出ましたが、僕が出ていれば優勝できていたと思います。同じジムの石田圭祐が4月に武居選手にKO負けしたのが印象的で、あんな形で負けたことにびっくりしました。武居選手は動いてパンチを打つのが巧くて、僕はどっしり構えて蹴るタイプなので、その違いに注目してください。僕は中国で全然知らない選手と殴り合って勝ってきたので、経験差はあると思います。中国を含め、その辺も背負っている気持ちで戦います」と抱負。武居の「僕が悪い選手で行きます」というコメントには「喋り方やキャラがカブっていると思っていたんで、悪く行ってくれてうれしいです」と笑顔で話していた。

 6月のさいたまの第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントの一回戦でジョーダン・ピケオーに逆転のダウンを奪われ判定負けを喫した日菜太が、K-1に2大会連続で登場。今回は初来日のセルジオ・サンチェス(スペイン/WAKO欧州王者)の相手を務める。サンチェスは戦績55戦48勝(14KO)7敗。日菜太は今回が61戦目。日菜太と同じ86年8月生まれの30歳で、身長もサンチェス180cm、日菜太は181cmと、近い点の多い選手だ。
 日菜太は「6月のトーナメントで優勝できなかった自分、思ったよりも強くない自分にガッカリしました。僕がこれから勝って行ってベルトを巻ければ、トーナメントの前に言っていた言葉が嘘じゃなくなると思うんで、なりたい自分になるために、またK-1のリングに上がります。王者になったチンギス・アラゾフともノーダメージでやれば全然戦えると思います。あのトーナメントの3強は僕とジョーダン・ピケオーとアラゾフだったと思うので、今回勝って自分の価値を証明したいです」と、再起戦への思いを語る。

 サンチェスについては「Youtubeをちょろっと見たんですけど、画質が悪かったので、これから色んな映像で研究します。でも今回は相手うんぬんじゃなく、気負い過ぎずに自分を出せればなと。前回は練習し過ぎて疲れたのかなって。試合の日、思ったより動けなかったです」と語り、自身の調整方法を一番重視する考え。日菜太の言う「3強」に準優勝の城戸康裕が入っていないことを尋ねると「巧いとは思いますが、自分がやったら一方的になると思っています」と強気に言い切った。

 また、会見では宮田充プロデューサーが、来年3月21日にさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催するビッグイベントの大会名が「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN 『K'FESTA.1』(読みはケーズフェスタワン)」に決まったと発表した。宮田氏は「試合はもちろん、試合以外の部分でもK-1のお祭りとして楽しんでいただけるような大会にします。その1回目として『.1』をつけました」と説明。大会の開場時間が11時、開始時間が13時に決まり、チケット発売日もこちらの記事のとおりに決定している。


9.18 埼玉 追加対戦カード


K-1 WORLD GPフェザー級(-57.5kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/王者)※初防衛戦
ワン・ジュングァン (中国/中国高大拳クラブ/挑戦者、Glory of Heroes -57kg級2位)

スーパー・フェザー級(-60kg)(ノンタイトル戦) 3分3R(延長1R)
大雅(TRY HARD GYM/K-1 WORLD GP王者)
スタウロス・エグザコスティディス [Stauros Exakoustidis](ギリシャ/ナソス/メジロジム/ISKA・WAKO・WKBC世界スーパーフェザー級王者)

スーパー・バンタム級(-55kg)(ノンタイトル戦) 3分3R(延長1R)
武居由樹(POWER OF DREAM/K-1 WORLD GP王者)
伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/中国英雄伝説世界-57kg級王者)

スーパー・ウェルター級(-70kg) 3分3R(延長1R)
日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
セルジオ・サンチェス [Sergio Sanchez](スペイン/インダール・ヴィトリア・チーム/WAKO欧州王者)

既報対戦カード


K-1 WORLD GP初代ウェルター級(-67.5kg)王座決定トーナメント


一回戦(1) 3分3R(延長1R)
渡部太基(ゴールデングローブ/元Krush -67kg王者)
モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/元MA日本スーパーライト級王者)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者)
メルシック・バダザリアン [Melsik Baghdasaryan](アルメニア/ムエタイ・アメリカジム/中国WLF -67kg級世界王者)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ/Krush -67kg王者)
ハン・ウェンバオ [Han Wenbao](中国/大東翔クラブ/CFP/中国WLF -70kg級新人王'16)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/元Krush -67kg王者)
木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Team Philip/GSA/WSR)

リザーブファイト 3分3R(延長1R) 後日発表

準決勝(1) 3分3R(延長1R) 一回戦(1)勝者 vs. 一回戦(2)勝者
準決勝(2) 3分3R(延長1R) 一回戦(3)勝者 vs. 一回戦(4)勝者
決勝 3分3R(延長1R) 準決勝(1)勝者 vs. 準決勝(2)勝者

スケジュール


開場・13:00 プレリミナリーファイト開始・未定 本戦開始・15:00

中継


AbemaTV 生放送

チケット料金


アリーナSRS席 50,000円
アリーナRS席 30,000円
アリーナS席 12,000円
スタンドS席 12,000円
スタンドA席 8,000円
スタンドB席 6,000円
※当日500円アップ
※小学生からチケットが必要です

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/
イープラス  http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-000-732  http://i-tike.com/ 
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999
フィットネスショップ水道橋店(店頭販売) 03-3511-2711
K-1.SHOP http://k-1.shop/
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470
K-1ジム各店補 http://www.k-1gym.com/

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470 https://www.k-1.co.jp/

Home > NEWS > K-1 > 武尊、“中国の武尊”と初防衛戦。大雅・日菜太は国際戦:9.18 埼玉

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ