Home > NEWS > K-1 > 小宮山工介、交通事故救出を振り返る「綺麗に割れて驚きました」

小宮山工介、交通事故救出を振り返る「綺麗に割れて驚きました」

  • K-1
  • 更新・2017-07-14 (Fri)10:54
 徳島の鳴門で12日、交通事故の負傷者の救出活動を行った小宮山工介(K-1ジム北斗会館)が14日、東京・大久保のGENスポーツパレスで記者会見し、事故の時の状況を振り返った。火が燃え上がりドアが開かなくなったトラックの窓ガラスを小宮山は右肘で割り救出。「とっさで肘が出ました。肘は拳とかよりも固いので、割れる感じがしました」「自分で言うのもアレですけど綺麗に割れて驚きました」と語った。
 朝日新聞の記事によると、12日昼に鳴門市でトラックと乗用車が正面衝突し、徳島を訪れていた小宮山が偶然事故に遭遇した。火が燃え上がりドアが開かなくなったトラックの窓ガラスを、小宮山は肘で打ち割るなどし、他の人たちとも協力し車2台の中にいた2人を救出したという。2人は怪我をしたが命に別状は無かった。小宮山も右肘を怪我したが「助け出して5分ほどで車は2台とも炎上した。間一髪でした。これまで格闘技をやってきてよかった。人のために役立つことができてうれしい」と話していたという。この記事はフェイスブックで6千以上シェアされるほど話題を呼び、全国ネットのテレビニュースやワイドショー等でも報じられた。K-1実行委員会にも多くの問い合わせがあったことから、14日午前に会見の席が設けられた。



 小宮山は13日に鳴門市の警察と消防から表彰され、同日夜に東京に戻り、翌朝の会見には右腕の生々しい傷跡をさらけ出した状態で登場。小宮山は質疑応答で「格闘技の修行の一環で、徳島市の少林寺の先生の元に伺う最中、交通事故の現場に遇いました。車内のおじさんに『早く出て』と言ったら『鍵がかかっていて出られない』と言っていて、周りにも石や木も無く、とっさで肘が出ました。肘は拳とかよりも固いので、割れる感じがしました。回して打つような肘でした。自分で言うのもアレですけど綺麗に割れて驚きました。血はたくさん出ましたね。今も窓ガラスの破片が3つぐらい腕に入っています。MRIでも検査し、骨に異常は無いです」と事故時の状況や怪我の具合を振り返り、「僕は5歳から父の元で空手を練習していて、今はK-1のリングで戦っていますけど、ルールの中で空手の技を使用して戦っている感じです(※編集部注:小宮山は新極真会の全日本ウエイト制軽量級でベスト8入りした実績もある)。今も空手の基本稽古で肘は練習しています。これまでレンガを割ったことはありました。動いているものじゃなく、止まっているものなので、100%の力が入ると思いました。中学生の時に同級生が川に流されたのを助けたことがあります。自分がプールでおぼれている時に父親に助けられたこともあります」と、過去の空手や人生の経験で活きた部分についても明かした。

 小宮山は昨年9月のK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメントに出場し、一回戦でパウロ・テバウを判定で下したが、左足の負傷でドクターストップがかかり、準決勝は辞退していた。3月には神奈川・川崎に自身が代表を務めるK-1ジム北斗会館をオープン。現在は左足の怪我も治り、9月18日のK-1での再起戦が計画されていたが、右腕の怪我の具合を見ながら復帰時期を検討するという。
 小宮山は「早く試合がしたいです。窓ガラスを割るぐらいコンディションも良かったんですけど、こういう出来事に遭遇したので、腕の状態次第ですね」と、笑顔も交えながら話した。

(※記事の内容の無断転載を禁止します)

Home > NEWS > K-1 > 小宮山工介、交通事故救出を振り返る「綺麗に割れて驚きました」

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ