Home > NEWS > K-1 > 山崎秀晃、金の靴で金のベルト獲る。武尊戦、注目は2R:4.22 代々木

山崎秀晃、金の靴で金のベルト獲る。武尊戦、注目は2R:4.22 代々木

  • K-1
  • 更新・2017-04-21 (Fri)19:00
 K-1 4月22日(土) 代々木競技場第二体育館の公式計量と会見が21日行われた。スーパー・ライト級の絶対王者・ゲーオのベルトに挑む山崎秀晃は、金色のトゲがあしらわれた靴で登場し、金のK-1ベルト奪取への思いをアピール。武尊と対戦相手のビクトー・サラビアは揃って2R決着を宣言した。6年ぶりK-1登場の大和哲也は「愛を知る県、愛知県から来た~」という佐藤嘉洋氏の挨拶を継承した。
 今大会では「第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」のほか(トーナメント出場選手のコメントはこちら)、K-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチ、ゲーオ・ウィラサクレック(王者)vs. 山崎秀晃(挑戦者)、フェザー級(-57.5kg)王者・武尊のノンタイトル戦、K-1 WORLD MAX 2010 -63kg日本トーナメント優勝者・大和哲也のK-1復帰戦等、スーパーファイトも注目カードが並ぶ。

 スーパー・ライト級の絶対王者・ゲーオは「2年前、僕がトーナメントで優勝した大会から新生K-1がスタートしました。この一区切りの大会を自分の勝ちで締めくくりたいです」とコメント。ゲーオが優勝した大会からK-1が使ってきた代々木競技場第二体育館が、2020年の東京五輪に向けての改修工事に入り、次回大会からさいたまスーパーアリーナに会場が変わることを、ゲーオは意識する。



 対する山崎は2年前のトーナメント一回戦でゲーオに判定負けし、強力な蹴りをもらって額と眼窩底を骨折し手術を受けた。昨年9月に組まれた再戦はゲーオのおたふく風邪で中止となってしまい、あれから7か月待っての仕切り直しの一戦に向ける思いは並々ならぬものがある。会見では黒のシンプルなスーツで登場したが、靴には金色のトゲがあしらわれている。壇上でコメントする際には映らない部分にもこだわり、山崎は「いろんな意味を靴に込めています。僕の愛称のゴールデンフィストであり、ゴールドのベルトだったり、1番のゴールド(メダル)という意味も込めています。これで、かけ蹴りしたら痛いですよ」と話し笑顔。作戦については3月の公開イベントでも話した通り「『中入ってドン』で変わらない」と話したが、距離を取った展開での足技も注目だ。



 武尊は初来日のビクトー・サラビア(米国)と対戦。ツーショット撮影でも体格差は明白で、サラビアも「3ポンド(約1.4kg)しか体重を落とす必要がなく、減量は簡単でした」と明かすが、「パワーには自信があります。パンチで倒したいです」「私が2RでKOします」と豪語する。武尊は「前から僕も2R KOと言っていたので、2Rを見逃さないでください」と呼応。2人が同じリングに立つのは今回が初めてのため、1Rは互いに途中まで探り合いをし、終盤に仕掛け、2Rに決着をつける狙いのようだ。
 また、イベントの具体名は出なかったものの、最近のRIZINやKNOCK OUTといった他のイベントの盛り上がりを意識するか?というマスコミの質問に対し、武尊は「周りの大会とかが盛り上がって、格闘技全体が盛り上がっていますけど、K-1が一番最高だという試合を見せたいです」と、エースらしくコメントした。



 元WBCムエタイ世界スーパーライト級王者の大和哲也は6年ぶりのK-1出場。今回は11年6月の-63kg日本トーナメント一回戦で対戦し、2Rに左フックでダウンを奪い判定勝ちした相手であるHIROYAと戦う。哲也は「愛を知る県、愛知県から来た大和哲也です」と挨拶の冒頭で発言。これは同じ愛知出身の先輩・佐藤嘉洋氏から正式に譲り受けたものだといい、「これから新生K-1で流行らせようと思います」と哲也は話した。リベンジを目指すHIROYAは「自分としても思い入れの強い試合です」「大和選手は強い選手で、簡単な試合になるとは思っていないんですけど、新生K-1は高い壁で、素晴らしいステージだと感じてもらいたいです」と、哲也が不在の間もK-1で戦い続けた者としてのプライドを示した。
 リミット体重の無いヘビー級で対戦するKOICHIとK-Jeeだが、KOICHIは98.5kg、K-Jeeは88.1kgと約10kg差。K-Jeeは「相手は10kg重い分スピードが遅いので問題ないです」、KOICHIは「スピードがあっちのほうが早いのは認めます。でも経験で倒します」と話した。



 大会の模様はAbemaTVの生放送、GAORAでの4/23(日)12:30~17:00の録画放送のほか、フジテレビのFUJIYAMA FIGHT CLUBで4/28(金)深夜に1時間放送されることも決定。今日21(金)深夜の回では直前特集がオンエアされる。
 会見にはゲストとして実況席に座るタレントの久松郁実さんも登場し番組をアピール。ゴング格闘技の記者として会見に来ていた佐藤嘉洋氏は久松さんを「佐藤嘉洋ランキング2016年新人王」と以前から絶賛していたため、喜びを隠せずにいた。

対戦カード


K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級(-55kg)王座決定トーナメント


第1試合 リザーブファイト 3分3R(延長1R)
伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/中国英雄伝説世界-57kg級王者/55.0kg)
鈴木優也(K-1ジム目黒TEAM TIGER/54.9kg)

第2試合 一回戦(1) 3分3R(延長1R)
石田圭祐(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/55.0kg)
チャールズ・ボンジョバーニ(フランス/タイガーズ・デン/54.5kg)

第3試合 一回戦(2) 3分3R(延長1R)
武居由樹(POWER OF DREAM/Krush -53kg王者/55.0kg)
アントニオ・オルデン [Antonio Orden](スペイン/ペトラス&ライオン・タイマーティン/54.1kg)

第4試合 一回戦(3) 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat/Krush -55kg王者/54.8kg)
ジェイミー・ウィーラン(英国/ダブルKジム/ISKA世界スーパーフェザー級王者/55.0kg)

第5試合 一回戦(4) 3分3R(延長1R)
久保賢司(K-1ジム五反田チームキングス/元RISEバンタム級(55kg)王者、元NJKFフライ級王者/54.7kg)
ソン・ダーチェン [Suen Tak Chuen](中国/香港富徳拳館/CFP/54.6kg)

第8試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R)
一回戦(1)勝者
一回戦(2)勝者

第9試合 準決勝(2) 3分3R(延長1R)
一回戦(3)勝者
一回戦(4)勝者

第12試合 決勝 3分3R(延長1R)
準決勝(1)勝者
準決勝(2)勝者

ワンマッチ


第11試合 K-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/王者/ 64.7kg)
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/挑戦者/65.0kg)

第10試合 フェザー級(-57.5kg)(ノンタイトル戦) 3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GP王者/57.5kg)
ビクトー・サラビア [Victor Saravia](米国/ムエタイアメリカジム/57.0kg)

第7試合 スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
HIROYA(TRY HARD GYM/元Krush -65kg王者/65.0kg)
大和哲也(大和ジム/K-1 WORLD MAX 2010 -63kg日本トーナメント優勝、元WBCムエタイ世界スーパーライト級王者、ライオンファイト同級王者/64.7kg)

第6試合 ヘビー級 3分3R(延長1R)
KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット/98.5kg)
K-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場/88.1kg)


プレリミナリーファイト第3試合 スーパー・ウェルター級(-70kg) 3分3R
和島大海(月心会・チーム侍/70.0kg)
記村一成(K-1ジムEBISU小比類巻道場/69.8kg)

プレリミナリーファイト第2試合 ライト級(-62.5kg) 3分3R
上田誠也(TRY HARD GYM/62.5kg)※K-1ジム大阪Number.8から所属変更
将 -masa-(K-1ジム総本部チームペガサス/62.3kg)

プレリミナリーファイト第1試合 スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R
小久保裕気(TANG TANG FIGHT CLUB/59.7kg)
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1甲子園2016 -60kg優勝/60.0kg)


スケジュール


開場・14:30  プレリミナリーファイト開始・15:00  本戦開始・16:00
(第7試合・HIROYA vs. 大和哲也の後に休憩を10分予定)

中継


AbemaTV 生放送 14:30~22:30
GAORA 4/23(日)12:30~17:00(再放送あり)

チケット料金


アリーナSRS席 50,000円 (完売)
アリーナRS席 30,000円 (完売)
アリーナS席 12,000円 (完売)
スタンドS席 10,000円 (完売)
スタンドA席 8,000円 (完売)
スタンドB席 6,000円 (完売)
スタンドB席/ビジョン見切れ席 6,000円 (完売)
※同会場での立見券の販売は禁止とされておりますため、今大会の当日券の販売は一切ございませんことをご了承ください。


お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.k-1wg.com/

Home > NEWS > K-1 > 山崎秀晃、金の靴で金のベルト獲る。武尊戦、注目は2R:4.22 代々木

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ