Home > NEWS > K-1 > 大雅「-60kgでも倒す」、レオナ・ペタス「K-1で目標がある」:11.21 代々木

大雅「-60kgでも倒す」、レオナ・ペタス「K-1で目標がある」:11.21 代々木

  • K-1
  • 更新・2015-10-24 (Sat)14:24
 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN ~THE CHAMPIONSHIP~(11月21日(土) 代々木競技場第二体育館)で対戦する-60kgの大雅(TRY HARD GYM/元Krush -55kg王者)とレオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット)のインタビューがK-1実行委員会から届いた。なお、チケットのうちスタンドB席がグッドルーザーおよびK-1×Krush Web Shopで完売。他の販売所でも残りわずかとなっている。

大雅「-60kgでも倒せる姿を見せる。ここで勝たないことには何も始まらない」



――4・19代々木でのK-1 WORLD GP-55kg初代王座決定トーナメント以降、痛めていた拳の治療もかねて試合から遠ざかっていましたが、この期間はどのように過ごしていたのですか?

「練習自体は1カ月半くらいやってなかったんですけど、その間に色々と考えて、これ(格闘技)しかないなと思って、すぐに練習を再開して、ずっと練習を続けていました」

――完全に格闘技から離れた時期もあったのですか?

「ジムには行っていましたけど、ほとんど練習していない時期もありました」

――大雅選手はデビューからずっと試合が続いていましたが、改めて格闘技が好きだと思いましたか?

「そうですね。好きじゃなきゃ(格闘技は)できないし、辞めることはないです」

――試合を休んでいる間に試合会場に行ったり、仲間の試合を見て、試合をやりたくなりましたか?

「はい。試合を見ているとやりたくなりますね」

――では復帰の時期としては年内を想定していたのですか?

「気持ち的には普通に『試合をしたい』という気持ちがあったんで、いつでも、早めに試合をやりたいと思っていました。もう練習もばっちり出来ています」

――試合から離れている期間、練習面で変化はありましたか?

「練習そのものはいつもと変わらずなんですけど、試合が決まっていると身体を使う練習がメインになるじゃないですか? でも試合がない期間は頭を使ったり、技術を覚えたり、そういう練習をやってきました」

――休んでいる時間を利用してファイトスタイルを進化させて、レベルアップ出来た、と。

「そういう時間になったと思います」

――そして今大会では階級を上げて-60kgで復帰することになりました。-55kgで試合をするのは厳しかったのですか?

「はい。身体がデカくなってきて…本当は去年Krushで-55kgのベルトを獲った時に、これで-55kgは最後にしようと思っていたんですけど、それからK-1で大事な試合が決まって。-55kgでやってベストの動きが出来るのは4月のK-1 WORLD GP-55kg初代王座決定トーナメントが最後だと思って、階級を上げることにしました」

――大雅選手はまだ19歳ですし、身体そのものも大きくなっていますか?

「そうですね。家系的にもすぐ身体がデカくなるというか。筋トレとかしなくてもすぐに筋肉がついて身体がデカくなっちゃいますね」

――例えば無理に-55kgまで絞るより、-60kgまで上げた方がいい動きが出来るという感覚なのですか?

「-55kgでやると、自分では気づいていなかったんですけど、どうしても試合前の練習が減量のための練習になっちゃっていたと思います」

――階級を上げればもっと練習をして試合に臨むことが出来るわけですね。

「はい。減量が厳しくない分、疲労の仕方も違うと思います。だから-60kgで戦う自分が楽しみです」

――そして復帰戦の相手がレオナ選手に決まりました。レオナ選手にはどんな印象がありますか?

「最近はずっと勝っていて、-60kgでトップの選手だと思います。でも自分にとっては-60kgで初めての試合で、ここで負けたら選手としての価値がなくなっちゃうと思うんで、絶対に負けられないです」

――レオナ選手は-60kgでも屈指のハードパンチャーです。そういう相手と戦うことは楽しみですか?

「僕もパンチには自信があるんで楽しみです」

――これから本格的に-60kgで戦っていくことになると思いますが、タイトルは意識していますか?

「そうですね。僕もこれから-60kgで戦うことになるので、そこは意識しています。外国人選手ともやっていきたいです」

――大雅選手としては新階級での再出発というテーマの試合ですか?

「でも次で負けたら後がないし、先が見えないと思うんで、絶対に勝たなきゃいけないと思います」

――なるほど。新しい階級にチャレンジするのではなく、それだけシビアな一戦になると考えているのですね。

「そうですね。ここで勝たないことには何も始まらないと思います」

――新階級での自分のどこを見て欲しいと思いますか?

「5kg違うのは大きいと思うんですけど、僕はそれは関係ないと思っています。-60kgでも倒せる姿を見せて、次は絶対にKOします」

――見ている人たちに「-60kgの大雅も強い!」と思わせたいですか?

「多分みなさんも『大雅は-60kgの方が強い』と思ってくれると思うので、しっかり準備をして試合で見せます」

<選手プロフィール>
大雅
Taiga
所属ジム:TRY HARD GYM
出身地:神奈川県
誕生日:1996/08/14
身長:165cm
クラス:-55kg、-60kg
戦績:13戦11勝(2KO)2敗
タイトル歴
・K-1 WORLD GP-55kg初代王座決定トーナメント準優勝
・第3代Krush-55kg王者

レオナ・ぺタス「思いっきり相手をぶん殴る。僕はそういうシンプルな感じです」



――今大会でK-1初参戦が決まりました。最初にオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「自分としては(卜部)弘嵩選手が持っているKrush-60kgのベルトを獲りたかったので、最初は『K-1か!』と思いました」

――レオナ選手としては少し意外なオファーだったのですね。

「そうですね。自分の中で自分のルールがあって、K-1の舞台は誰でも立てるわけじゃないと思っていたんですよ。Krushのベルトとかタイトルを持っているヤツしかK-1の舞台には立たない方がいいと思っていたので、K-1に出るのはKrushのベルトを獲ってからだと思っていました。でもこうしてオファーがあったので、試合を受けさせていただきました」

――昨年11月からスタートした新生K-1の大会を見ていて、どんな感想を持ちましたか?

「外国人選手が多くて、他の大会とは違うなと思いました」

――レオナ選手が格闘技を始めたきっかけは何だったんですか?

「弟が空手をやっていたからです。それで自分も空手をやりたかったんですけど、次第にキックボクシングの方がいいんじゃないかなと思うようになって、高校1年生の秋にキックを始めることになりました。ちなみに小学3年から中学3年まではずっとサッカーをやっていてGKでした」

――レオナ選手は20歳でデビューしているので、格闘技を始めて4年ほどでプロになったんですね。

「そうですね。でも最初はプロになるつもりはなくて、ただ練習だけしていたんですよ。でも大学に入って1年生の時にアマチュアの大会で準優勝して、そこからこっち(格闘技)に行ってみようかなと思って本気になりました」

――小さい頃から格闘技をやっていてプロになる選手も多いですが、レオナ選手は格闘技そのもののキャリアは長くないわけですね。

「そうですね。キャリアは長くないけど、そこは練習量で補おうと思って頑張っています」

――”レオナ・ぺタス”というリングネームはニコラス・ぺタスさんにちなんでつけたものなんですよね?

「はい。僕はもともとニコラスさんが教えていたスピリットジム(現スピリットジム・バンゲリングベイ駒沢)で格闘技を始めたんですよ。それでプロデビューする時にニコラスさんに『ぺタスという名前を使ってもいいですか?』とお願いして、本名の加藤玲於奈(れおな)とぺタスをくっつけて”レオナ・ぺタス”にしました」

――レオナ選手は-60kgでも屈指のハードパンチャーですが、格闘技を始めた頃からパンチが強いと言われていたのですか?

「特に言われたことはないですね。ニコラスさんにミットを持ってもらっていた頃は、パンチを打っている自分の手の方が痛かったです(苦笑)」

――それは意外なエピソードです。ただレオナ選手は”石の拳”とも呼ばれていて、自分なりに倒すコツやポイントがあるのですか?

「思いっきり相手をぶん殴る。そういうシンプルな感じです。ただ思いっきりぶん殴るだけだとパンチにキレがないから倒しきれないんですよね。相手の顔をボコボコにしたり、アザだらけには出来るんですけど。だから今は倒しきることを課題に練習しています」

――レオナ選手のポテンシャルを評価する選手・関係者は多いですが、自分ではまだすべてを出し切れていないという感覚ですか?

「別に才能があるわけじゃないし、とにかく練習するだけです。本当は人より多く練習していたら、人より強くなるはずなんですよ。それでも僕はギリギリの勝負になるから、才能はないと思います」

――1日どのくらい練習するのですか?

「短い時間で集中した練習を3回とかですね。やっぱり練習量が自信にもなるし、試合になった時に一歩強く前に出るためにも練習で自信をつけようと思っています」

――対戦相手の大雅選手にはどんな印象を持っていますか?

「実は8月にKrushで山本真弘選手と試合した時に大雅選手とスパーリングさせてもらっていて、階級を上げるという話を聞いていたんですよ。でも一気に-60kgまで上げて、まさか自分と戦うことになるとは思っていなかったです」

――K-1デビュー戦でどんな試合を見せたいと思いますか?

「普段通りに気負うことなくやりたいなと思いますね。気負うと空回りするのが自分の癖なので、気負わずに戦おうと思います」

――K-1で戦っていく上でどんな目標を持っていますか?

「今はまだ言えないんですけど、自分にはK-1で達成したい目標があるんですよ。それを達成するために死ぬ気で頑張ります」

――今大会ではタイトルマッチを含め、-60kgの試合が3試合並んでいます。インパクトを残したいですか?

「とりあえず負けは絶対に無理です。自分は勝ちしかこだわっていないんで。勝たないと何も始まらないんで、勝とうかなと思います」

<選手プロフィール>
レオナ・ペタス
Leona Pettas
所属ジム:バンゲリングベイ・スピリット
出身地:埼玉県入間市
誕生日:1992/4/29
身長:175cm
クラス:-60kg
戦績:15戦11勝(5KO)3敗1分

対戦カード




K-1 WORLD GP -70kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
マラット・グレゴリアン(アルメニア/チーム・ニック・ヘマーズ/王者)※初の防衛戦
サニー・ダルベック(スウェーデン/ウーデンプラン・ファイトジム/挑戦者、WMC&IFMA北欧ウェルター級王者)

K-1 WORLD GP -65kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ゲーオ・フェアテックス(タイ/フェアテックス/王者)※初の防衛戦
木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム/挑戦者)

K-1 WORLD GP -60kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
卜部功也(チームドラゴン/王者、ISKA世界ライト級王者)※初の防衛戦
卜部弘嵩(チームドラゴン/挑戦者、Krush -60kg王者)

K-1 WORLD GP -55kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
武尊(チームドラゴン/王者)※初の防衛戦
チャールズ・ボンジョバーニ(フランス/タイガーズ・デン/挑戦者)

-65kg Fight 3分3R(延長1R)
左右田泰臣(シルバーウルフ/元RISEスーパーライト級(65kg)王者)
野杁正明(K-1ジムEBISU 小比類巻道場/元Krush -67kg王者)

-70kg Fight 3分3R(延長1R)
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/Krush -70kg王者)
ドミトリー・グラフォフ [Dmitrii Grafov](ロシア/Profi-sport)

-65kg Fight 3分3R(延長1R)
平本 蓮(チームペガサス/K-1甲子園2014優勝)
マサロ・グランダー(オランダ/マイクスジム)

-60kg Fight 3分3R(延長1R)
大雅(TRY HARD GYM/元Krush -55kg王者)
レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット)

-60kg Fight 3分3R(延長1R)
島野浩太朗(菅原道場/Krush -60kg WILDRUSH League 2014優勝)
大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)

K-1甲子園2015 -65kg決勝戦 2分3R(延長1R)
篠原悠人(DURGA/大阪・関西第一高等学校2年/2014年ベスト4)
近藤拳成(大成会館/大阪府立西成高等学校1年)

K-1甲子園2015 -55kg決勝戦 2分3R(延長1R)
西京春馬(チームドラゴン/東京・あずさ第一高等学校3年)
椿原龍矢(月心会/大阪府立枚方なぎさ高等学校1年)

プレリミナリーファイト -60kg Fight 3分3R(延長1R)
平塚大士(チームドラゴン)
三輪裕樹(DUROジム)

プレリミナリーファイト -70kg Fight 3分3R(延長1R)
藤村大輔(A-BLAZE×KICKGYM)※DAISUKE A.K.G 改め
平山 迅(センチャイムエタイジム)※TEAM JINから所属変更

プレリミナリーファイト -65kg Fight 3分3R(延長1R)
KAZUHIRO(BTC GYM)
松下大紀(NPO JEFA)

スケジュール


開場・14:30(予定)  本戦開始・16:00(予定)

中継


GAORA SPORTS 生放送 15~21時(リピート放送あり)

チケット料金


アリーナSRS席 50,000円 (最前列)
アリーナRS席 30,000円
アリーナS席 12,000円
スタンドA席 8,000円 
スタンドB席 6,000円 
※当日は各500円アップ
※小学生からチケットが必要です

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/ (Pコード 594-720)
イープラス  http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-084-003  http://i-tike.com/  (Lコード 33181)
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999
フィットネスショップ水道橋店(店頭販売) 03-3511-2711
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470
K-1×Krush Web Shop http://shop.k-1wg.com/
K-1ジム 総本部 03-6908-5910 http://k-1gym-souhonbu.com
K-1ジム 目黒 03-6426-2377 http://www.k-1gym.com/
K-1ジム EBISU小比類巻道場 03-6451-2833 http://kohigym.com/
K-1ジム ドラゴン 042-726-7515 http://www.k-1gym-dragon.com/
K-1ジム シルバーウルフ 03-3419-4900 http://www.silverwolfgym.co.jp/
K-1ジム YOKOHAMA 045-442-8738 http://www.k-1gym-yokohama.com/
K-1ジム KRAZY BEE 03-5742-2906 http://krazybee.jp/

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.k-1wg.com/

Home > NEWS > K-1 > 大雅「-60kgでも倒す」、レオナ・ペタス「K-1で目標がある」:11.21 代々木

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について