Home > NEWS > K-1 > -55kg優勝・武尊がアマ大会来場。選手に「気持ちが大事」とメッセージ

-55kg優勝・武尊がアマ大会来場。選手に「気持ちが大事」とメッセージ

  • K-1
  • 更新・2015-04-27 (Mon)18:10
 4月26日(日)東京・GENスポーツパレスで開催されたK-1アマチュア大会「第5回 K-1 CHALLENGE 2015」K-1キッズ&ジュニアの部で、4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN ~-55kg初代王座決定トーナメント~」で優勝を果たしたK-1 WORLD GP-55kg王者・武尊が挨拶に立った。(記事提供:グッドルーザー 写真:(C)M-1 Sports Media)

 K-1のベルトとKrush-58kg級王者のベルトを両肩にかけて登場した武尊。試合前に宣言していたセーム・シュルトが保持するワンデイトーナメントの最短優勝記録(「K-1 WORLD GP 2009 FINAL」での3試合・合計5分53秒)越えを達成できなかったことを悔やみつつ「プロのワンデイトーナメントは初めてで、試合するごとに怪我は多少あったけど、KOで勝ち上がることが出来てよかったです。(決勝の大雅戦は)1Rで終わらそうと思って出し切って、試合が終わらなかったので焦りました。大雅は本当に気持ちが強かったし、大雅じゃなかったら、あの決勝戦は出来なかったと思います」と過酷なワンデイトーナメントを振り返る。

 そしてアマチュア選手たちに「僕は格闘技は気持ちが大事だと思っていて、それがすべてだと思って戦っています。どれだけ相手が強くても、気持ちで負けなければ負けないと思うし、僕は絶対に勝つと自分に言い聞かせて試合をします」と気持ちの大事さを説く武尊は「今日も気持ちが強くて熱い試合が多くて、みんなアマチュアでこれだけ気持ちが強くて、テクニックのレベルも高くてびっくりしました。将来が楽しみです」と期待の言葉。

「気持ちの強さや前に出る姿勢は逆に僕も勉強になりました。格闘技は気持ちが大事で気持ちで勝っていれば、どんな相手に勝てることが出来ると思います。僕はそれを実践したいと思うし、みなさんを応援しています」とエールを送り「K-1-55kgのベルトを持っている限り、僕が55kgで世界最強だと思うので、それを証明してどんな相手でもぶっ倒します!」とK-1王者としての意気込みを語った。

 また大会を観戦に訪れていたK-1ガールズの西上まなみ、岡田ゆり子もリングから挨拶。「決勝戦は11月のスーパーファイトと同じ顔合わせになって、私たちK-1ガールズにとって初めての大会で見た試合だったので、私たちとしても思い入れのある組み合わせでした」(西上)、「過去3大会で一番盛り上がっていたんじゃないか?と思いました。55kgならではのスピーディな試合で、見ているこっちが興奮して立ち上がりそうになりました。決勝はこの組み合わせ(武尊VS大雅)になることを期待していて、大雅選手がリベンジするかなと思ったのですが、王者のスタミナがすごくて、攻撃が止まらなかったですね」(岡田)と武尊の優勝で幕を閉じたK-1 WORLD GP-55kg初代王座決定トーナメントの感想を語った。

Home > NEWS > K-1 > -55kg優勝・武尊がアマ大会来場。選手に「気持ちが大事」とメッセージ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について