Home > NEWS > K-1 > 「65kg日本一」はどっち?久保優太×左右田泰臣 インタビュー:4.19 代々木

「65kg日本一」はどっち?久保優太×左右田泰臣 インタビュー:4.19 代々木

  • K-1
  • 更新・2015-02-15 (Sun)12:18
 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN ~-55kg初代王座決定トーナメント~(4月19日(日) 代々木競技場第二体育館)のワンマッチで対戦する久保優太(Fighting Kairos)と左右田泰臣(シルバーウルフ)のインタビューが主催者から届いた。久保は過去にK-1 -63kg、Krush、GLORY、左右田はRISEで頂点に立ったことがあり、インタビュアーに促される形ながらも「65kg日本一決定戦」という思いは共通。ゲーオへのリベンジに向けての熱い思いでも2人は火花を散らす。

久保優太「今年のテーマは“強い久保優太”を見せること。左右田選手との試合は65kgの日本一を決める戦いとして絶対に負けられない」


――昨年11月3日の-65kg初代王座決定トーナメント以来、約5カ月ぶりの試合が決まりました。試合後はどのように過ごしていたのですか?
久保「トーナメントで足を怪我してしまい、練習に復帰するまで1カ月半ほどかかりました。怪我が治ってからは『また一から頑張ろう!』と思って練習を再開し、春には復帰したいと思っていて、その流れで4月大会に出させてもらうことになりました」

――トーナメントでは準決勝でゲーオ・フェアテックスにKO負けという結果でしたが、あの試合でどんなことを感じましたか?
久保「試合映像を見返すと、自分から行きすぎましたね(苦笑)。約1年ぶりの試合でテンションが上がりすぎて、冷静さを欠いていたように思います。試合内容自体は反省点ばかりで、こうしたらよかった、ああしたらよかったと思うことが多かったです」

――残念な結果に終わってしまいましたが、約11カ月ぶりのリングの感触はいかがでしたか?
久保「やっぱりリングの上は最高でしたね。しかもそれがK-1のリングということで、いつも以上にテンションが上がって格闘家冥利につきました。あの日の会場の雰囲気やファンのみなさんの声援は本当にありがたかったです」

――やはり久保選手にとってK-1は特別な舞台ですか?
久保「僕はずっとピーター・アーツと魔裟斗さんを見て、K-1で活躍することを目標に小学校から格闘技をやってきたので、やはりK-1は特別なリングです。だからまたこうしてK-1のリングに戻って来ることが出来て本当にうれしいです」

――そして今大会ではスーパーファイトで左右田選手と対戦することになりました。これまで接点がなかった選手だと思いますが、どんな印象を持っていますか?
久保「僕はKrushで活躍してチャンピオンになって、左右田選手も他団体で活躍してチャンピオンになって、それぞれ違う団体でキャリアを積んできた選手が戦うという意味では、分かりやすい図式なのかなと思います。同じ階級にいる強い選手だったので、いつか戦うかもしれないという目で見ていました」

――左右田選手のトーナメントの戦いぶりを見て印象に残っていることはありますか?
久保「ディフェンスが上手くて軸が崩れないところが印象に残りました。基本に忠実で穴がない選手ですよね。(対戦相手として)得意か得意じゃないかは戦って見なければ分かりませんが、そこは試合までの約2カ月でしっかりイメージトレーニングして練習したいと思います」

――トーナメントの順位、そして過去の実績を考えて、この試合が65kgの日本一決定戦と見ている人も多くいます。久保選手にもそういった意識はありますか?
久保「はい。今回は65kgの日本一を決める戦いとして、絶対に負けられないです」

――久保選手は感情を表に出すことはないですが、内に秘めて闘志を燃やすタイプですね。
久保「そうですね。ゲーオ戦は気持ちが高揚しすぎて、久しぶりの試合を楽しみすぎて負けてしまいましたが、今年のテーマは"強い久保優太"を見せることなので、それを試合で見せて行きたいです」

――1月の大会で木村“フィリップ”ミノル選手がゲーオに勝った試合についてはどう思っていますか?
久保「僕もセコンドについていて、正直もうダメかなと思っていたのですが、3Rにあの一発でダウンを奪って、ミノル君は“持っている”選手だなと思いました」

――同門の木村選手がチャンピオンのゲーオに勝ったということで複雑な心境はないですか?
久保「同じジムメイトとしてうれしい気持ちもありますけど……。ミノル君はブラジル代表として試合をしているので、まだゲーオのVS日本人無敗記録は途切れていないと思うんですね。だから日本人として初めてゲーオに勝つのは僕でありたいと思います」

――木村選手に敗れてもゲーオに勝ちたいという気持ちは変わらないですか?
久保「はい。自分が負けている相手なので、リベンジしたいという気持ちは変わらないです」

――今大会では他にも65kgのスーパーファイトが組まれています。他の試合のことは意識していますか?
久保「もちろんです。65kgの試合が並んでいる以上、他の試合には負けたくないし、インパクトを残せるような試合をしたい。格闘家として一番でいたいという気持ちは常に持ち続けています」

――「誰が久保優太に勝てるんだ?」と思われるような試合を見せたいですか?
久保「そうですね。前回の負けを払拭する戦い方と結果を残して、また65kgのトーナメントがあれば『久保が優勝するんじゃないの?』と思われるような試合をしたいです」

<選手プロフィール>
久保優太 Kubo Yuta
所属ジム:Fighting Kairos  出身地:東京都  誕生日:1987/10/19
身長:175cm  クラス:-65kg  戦績:49戦41勝(18KO)7敗1分
ツイッター: @K1_Kubo_Yuta
ブログ: http://ameblo.jp/kubo-yuta/
タイトル歴
・K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本チャンピオン
・初代Krush -67kg級チャンピオン
・GLORY -65kg SLAMチャンピオン
・ISKA世界ライト・ウェルター級チャンピオン
・WPMO世界スーパー・フェザー級チャンピオン

左右田泰臣「この試合は65kgの日本一決定戦であり、ゲーオへの挑戦権=挑戦権利証をかけた戦いだと思っています」


――昨年11月3日の-65kg初代王座決定トーナメント以来、約5カ月ぶりの試合が決まりました。試合後はどのように過ごしていたのですか?
左右田「トーナメントが終わった後、いつも通り練習を続けていたら、身体に疲労が溜まりすぎていて怪我をしてしまったんです。それで丸2週間は練習が出来ませんでした。ただプロデビューして1週間も練習を休むことがなかったので、身体はなまってしまいましたが、いいリフレッシュが出来ました。今年の初めから本格的に練習を再開して、試合に備えていました」

――4月大会への出場に向けて練習を続けていたわけですか?
左右田「はい。僕の中ではそう考えていました」

――トーナメントでは決勝でゲーオ・フェアテックスに判定負けという結果でしたが、あれからどんなことを意識して練習してきましたか?
左右田「簡単に言えば一日もゲーオのことを忘れたことはなかったし、ただゲーオと戦うことだけを考えるのではなくて、どうすればゲーオに勝てるのかを考えて過ごしていました」

――1月の大会で木村“フィリップ”ミノル選手がゲーオに勝った試合についてはどう思っていますか?
左右田「正直、僕はゲーオが木村選手に勝つと思っていたのですが、その予想に反して木村選手がゲーオに勝ちました。でもそういう事前の予想が覆る場所がK-1だということを再確認させられました」

――木村選手に敗れてもゲーオに勝ちたいという気持ちは変わらないですか?
左右田「個人的に僕がゲーオに負けているというのもあるし、何と言っても僕はK-1 WORLD GP-65kgのベルトが欲しい。初代王座決定トーナメントが行われた時からベルトを獲ると決めているので、その気持ちが変わることはないです」

――そして今大会ではスーパーファイトで久保選手と対戦することになりました。最初にオファーを受けた時はどんな心境でしたか?
左右田「どうしようっかな~!?……と思うことなく、すぐにOKしました。同じ階級で同じトーナメントに出ていたので、いずれは戦うことになるだろうと思っていましたね」

――これまで接点がなかった選手だと思いますが、どんな印象を持っていますか?
左右田「純粋に強い、トップクラスではなくてトップの選手だと思います。実際にベルトを何本も持っていて、世界タイトルも獲っているので、間違いなく世界トップの選手だと思います」

――左右田選手は4年前、「K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL」のオープニングファイトでK-1デビューして、その大会のメインイベントでトーナメント王者になったのが久保選手でした。4年前はそれだけ差があった相手と戦うことをどう感じていますか?
左右田「久保選手は小さい頃から格闘技を始めて10代の頃からプロで活躍してきた選手で、僕は高校生の時に趣味で格闘技を始めた人間です。そんな僕が久保選手のような相手と世界一を目指して戦うことになるとは、正直、想像していなかったです」

――しかしトーナメントの順位、そして過去の実績を考えて、この試合が65kgの日本一決定戦と見ている人も多くいます。左右田選手にもそういった意識はありますか?
左右田「そうですね。カード発表を聞いた方がどう思うかは分かりませんが、僕はこの試合が-65kgの日本一決定戦、そしてゲーオへの挑戦権=挑戦権利証をかけた戦いだと思っています。だからここで久保選手に勝ってゲーオに挑戦したいし、そのためにも見ている人たちが認める内容で勝たなければいけないと思います」

――また記者会見では「K-1で65kgが最も熱くてたぎる階級にしたい」というコメントもありました。
左右田「今までのK-1は基本的に一大会で一つの階級というスタイルでしたが、新しいK-1は一大会でたくさんの階級の試合が行われます。僕はその中でもK-1=65kgということを植え付けて、その65kg=左右田泰臣だと思ってもらえるようなレベルの違いを見せます」

<選手プロフィール>
左右田泰臣 Soda Yasuomi
所属ジム:シルバーウルフ  出身地:東京都  誕生日:1988/6/8
身長:177cm  クラス:-65kg  戦績:21戦19勝(5KO)2敗
ツイッター:@yasu03
ブログ: http://ameblo.jp/y-souda/
タイトル歴
・K-1 WORLD GP-65kg初代王座決定トーナメント準優勝
・RISEスーパー・ライト級チャンピオン

対戦カード


K-1 WORLD GP -55kg初代王座決定トーナメント


一回戦(1) 3分3R(延長1R)
武尊(チームドラゴン/Krush -58kg級王者)
アレクサンダー・プリリップ [Alexander Prilip](ロシア/Kick Legion)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
瀧谷渉太(KSS健生館/元Krush -55kg級王者)
ダニエル・ウィリアムス [Daniel Williams](オーストラリア/カオソック・ムエタイジム)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat/ISKA世界バンタム級(55kg)王者)
チャールズ・ボンジョバーニ [Charles Bon Gionvanni](フランス/タイガーズ・デン)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
大雅(TRY HARD GYM/Krush -55kg級王者)
ソフィアン・エラージ [Soufiane El Haji](オランダ/オトマニジム)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
出貝泰佑(TEAM GYAKUSAN/元Bigbangスーパーバンタム級(55kg)王者)
ルイ・ボテーリョ [Rui Botelho](ポルトガル/ダイナマイトチーム)

準決勝(1) 3分3R(延長1R)
一回戦(1)勝者
一回戦(2)勝者

準決勝(2) 3分3R(延長1R)
一回戦(3)勝者
一回戦(4)勝者

決勝 3分3R(延長1R)
準決勝(1)勝者
準決勝(2)勝者

ワンマッチ


-65kg Fight 3分3R(延長1R)
HIROYA(TRY HARD GYM/元Krush -65kg級王者)
木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)

-65kg Fight 3分3R(延長1R)
左右田泰臣(シルバーウルフ/K-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメント準優勝、元RISEスーパーライト級(65kg)王者)
久保優太(Fighting Kairos/GLORY -65kg SLAM優勝、元Krush -67kg級王者)


出場予定選手


卜部功也(チームドラゴン/K-1 WORLD GP -60kg王者、ISKA世界ライト級王者)
ゲーオ・フェアテックス(タイ/フェアテックス/K-1 WORLD GP -65kg王者)


スケジュール


開場・14:30  本戦開始・16:00

チケット料金


アリーナSRS席 50,000円
アリーナRS席 30,000円
アリーナS席 12,000円
スタンドA席 8,000円 
スタンドB席 6,000円 
※当日は各500円アップ
※小学生からチケットが必要です

チケット発売所


チケットぴあ 0570-02-9999  http://t.pia.jp/ (Pコード 594-720)(サークルK・サンクスでは特製ハンドタオル特典付き。詳細は公式サイト参照
イープラス  http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-084-003  http://i-tike.com/  (Lコード 32508)
後楽園ホール5F事務所(店頭販売) 03-5800-9999
フィットネスショップ水道橋店(店頭販売) 03-3511-2711
グッドルーザー(電話予約) 03-6450-5470
K-1ジム 総本部 03-6908-5910 http://k-1gym-souhonbu.com
K-1ジム 目黒 03-6426-2377 http://www.k-1gym.com/
K-1ジム EBISU小比類巻道場 03-6451-2833 http://kohigym.com/
K-1ジム ドラゴン 042-726-7515 http://www.k-1gym-dragon.com/
K-1ジム シルバーウルフ 03-3419-4900 http://www.silverwolfgym.co.jp/
K-1ジム YOKOHAMA 045-442-8738 http://www.k-1gym-yokohama.com/
K-1ジム KRAZY BEE 03-5742-2906 http://krazybee.jp/

お問い合わせ


グッドルーザー 03-6450-5470  http://www.k-1wg.com/

Home > NEWS > K-1 > 「65kg日本一」はどっち?久保優太×左右田泰臣 インタビュー:4.19 代々木

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について