Home > NEWS > J-NETWORK > 元RISE王者 村越優汰、J-NET王者 伊仙町典久と肘有り57kgで対戦:5.5 後楽園

元RISE王者 村越優汰、J-NET王者 伊仙町典久と肘有り57kgで対戦:5.5 後楽園

 5月5日(金・祝)東京・後楽園ホールにて『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~2nd』が行われる。今年2月に三冠王・渡辺優太(チューティンムエタイジム)を3RKOで下し、師である北山高与志の保持していたJ-NETWORKのタイトルを奪取した伊仙町典久(BLA-FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)が参戦。王座冠位後初参戦にして試練が訪れる。

(左が伊仙町、右が村越)

 伊仙町は闘牛が盛んな鹿児島県・徳之島市出身の30歳。昨年7月にJ-NETWORK初参戦し、ランカーの押方匡介(レグルス池袋)を肘で切り裂きTKO勝利。同年10月に抜擢されたJ-NETWORKスーパーバンタム級次期王者挑戦者決定戦にて、ベテランのリョウ・ペガサス(アカデミア・アーザ)を判定で下し悲願のタイトルマッチへと勝ち進んだ。
 その伊仙町に対するは、元RISEバンタム級王者の村越優汰(湘南格闘クラブ/元RISEバンタム級王者 J-NETWORKスーパーバンタム級4位)だ。村越は2014年7月にDykiが返上したRISEバンタム級王座を賭け、前田浩喜(NJKF・CORE)と対戦し、判定3-0で王座冠位するも翌年5月の初防衛戦で神童・那須川天心(TARGET)に破れ王座を失った。2016年7月には小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)を3RTKOで下し再び那須川天心と拳を交えるも、王座奪回ならず。2012年以来約5年ぶりのJ-NET参戦で今回が再起戦となる。
 伊仙町が試練を乗り越えJ-NET王者の強さを見せ付けるのか?村越が再起戦で王者を倒し復活の狼煙を上げるのか?

 また、J-NETWORKバンタム級暫定王者のキム・ギフン(STRUGGLE)への挑戦権を賭け、J-NETWORK2016年度スーパーフライ級新人王の小嶋勇貴(NFG/J-NETWORKスーパーフライ級6位)とMA日本バンタム級8位のリヨン・ウバイ(國土會)の一戦も決定した。
 小嶋はJ-NETWORKアマチュア王者、学生キック王者を経て昨年2月にJ-NETでプロデビュー。3RTKO勝利でデビュー戦を飾ると、同年6月にはJ-NETWORK新人王トーナメント一回戦で強敵・大﨑孔稀(OISHI GYM)と対戦。3Rには膝蹴り連打で大﨑をKO寸前まで追い込み判定勝利。10月には新人王トーナメント決勝戦に勝利しランキング入りを果たすと12月には格上の前島マルコス(テツジム)を倒すなどデビューから無敗。
 対するウバイは元WBKF世界王者・リヨン樺澤が会長を務める國土會所属で、ウズベキスタン出身の25歳。昨年4月には蹴拳ムエタイタイトルマッチで鳩(TSKjapan)と対戦。奇しくも敗れたものの9月の再起戦では見事復活を果たした。さらに同年12月には初のMMAに挑戦するなど格闘技において意欲的な挑戦をしている。
 無敗の新鋭・小嶋がこのままタイトルマッチへと突き進むのか?ウバイが期待の新鋭を下し再起戦を勝利で飾るのか?

対戦カード


J-NETWORKスーパーフライ級王座決定戦 3分5R(延長1R)
鳩[あつむ](TSKjapan/J-NETWORKスーパーフライ級2位 蹴拳ムエタイ初代スーパーフライ級王者)
松﨑公則[まつざき きみのり](STRUGGLE/J-NETWORKスーパーフライ級4位 REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者 元WPMF日本スーパーフライ級王者 元REBELS-MUAYTHAIフライ級チャンピオン)

J-NETWORKスーパーウェルター級次期王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
笹谷淳[ささたに あつし](Team COMRADE/J-NETWORKスーパーウェルター級1位 元J-NETWORKウェルター級王者)
加藤智亮[かとう ともあき](バンゲリングベイ・スピリット/誠真会館/J-NETWORKスーパーウェルター級3位 2015北斗旗全日本空道体力別選手権大会-250優勝)

57kg契約 3分3R※肘有り
伊仙町典久[いせんちょう のりひさ](BLA-FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
村越優汰[むらこし ゆうた](湘南格闘クラブ/元RISEバンタム級王者 J-NETWORKスーパーバンタム級4位)

J-NETWORKバンタム級次期暫定王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
小嶋勇貴[こじま ゆうき](NFG/J-NETWORKスーパーフライ級6位 J-NETWORK2016年度スーパーフライ級新人王)
リヨン・ウバイ[りよん・うばい](ウズベキスタン/MA・國土會/MA日本バンタム級8位)

J-NETWORK 2017 スーパーフライ級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
響波[きょうは](Y's glow)
比嘉龍一[ひが りゅういち](FKD)

概要


開場:17:00 試合開始:17:10(予定)

<チケット料金>
VIP席15,000円(数量限定)SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-5784-0544
e-mail: jnetwork.info@gmail.com

Home > NEWS > J-NETWORK > 元RISE王者 村越優汰、J-NET王者 伊仙町典久と肘有り57kgで対戦:5.5 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ