Home > NEWS > J-NETWORK > ライトヘビー級王者・木村秀和が引退戦「王者のままリングを降りる」:2.25 後楽園

ライトヘビー級王者・木村秀和が引退戦「王者のままリングを降りる」:2.25 後楽園

 2月25日(土)東京・後楽園ホールにてJ-NETWORK旗揚げ興行から20周年のアニバーサリーイヤー1発目となる『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st』が行われる。今大会で二度目の防衛戦に挑むJ-NETWORKライトヘビー級王者・木村秀和(HALEO TOP TEAM)が衝撃の引退を発表。今月25日に行われる2度目の防衛戦を最後にリングを降りることを決意した。(記事提供:J-NETWORK)

 木村は2008年8月にプロデビュー。J-NETWORKを主戦場とし、重量級トップクラスの選手としてJ-NETWORKを牽引してきた。2014年からは自身の適正体重であるライトヘビー級で試合を行い、2015年5月のJ-KICKにて悲願のベルト奪取となった。昨年5月の初防衛戦では、過去に二度対戦経験のある藤田智也(小比類巻道場)を初回KOで下し、涙の初防衛を果たした。(写真は初防衛後の木村と、トレーナーの三崎和雄、チームメイトの山内佑太郎、牧平圭太ら)

 木村秀和本人から主催者へ届いたコメントは以下の通り。

『今年36歳になりますが体力の衰えは感じず、むしろ上がっているものの、怪我が多くなり引退する事を決意しました。 今まで沢山の人達に応援、サポートしていただき本当に感謝しています。 現役ラストとなる今回の試合をしっかり防衛して、チャンピオンのままリングを降りようと思います。最後の試合になりますが、 応援宜しくお願い致します。』

 2015年12月に敗戦している武来安(上州松井ジム/J-NETWORKライトヘビー級2位)を迎え二度目の防衛戦に挑む木村。リベンジを果たし王者のまま勇退となるか?!

■J-NETWORK
『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st』
2017年2月25日(土)東京・後楽園ホール
開場:17:00 試合開始:17:10(予定)

<全対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼第12試合 54kg契約 3分3R※肘有り
工藤“red”玲央[くどう“れっど”れお](ファイヤー高田馬場/J-NETWORKスーパーバンタム級8位)
清志[きよし](NJKF・新興ムエタイ/NJKF・バンタム級9位)

▼第11試合 59kg契約 3分3R※肘有り
鷲尾亮次[わしお りょうじ](レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
シンダムOZGYM[しんだむ おずじむ](OZ GYM/元ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者)

▼第10試合 J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ 3分5R
八神剣太[やがみ けんた](レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級王者 WPMF日本同級王者 RISEフェザー級2位)
宮﨑勇樹[みやざき ゆうき](MA・相模原Sジム/J-NETWORKフェザー級3位)

▼第9試合 J-NETWORKライトヘビー級タイトルマッチ 3分5R
木村秀和[きむら ひでかず](HALEO TOP TEAM/J-NETWORKライトヘビー級王者)
武来安[ぶらいあん](上州松井ジム/J-NETWORKライトヘビー級2位)

▼第8試合 J-NETWORKスーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
渡辺優太[わたなべ ゆうた](チューティンムエタイジム/J-NETWORKスーパーバンタム級王者 WMC日本同級王者 元MAキック同級王者)
伊仙町典久[いせんちょう のりひさ](BLA-FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級1位)

▼第7試合 J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
若山龍嗣[わかやま りゅうじ](DRAGON GYM/J-NETWORKスーパーフライ級王者 DBSスーパーフライ級王者)
日畑達也[ひばた たつや](FKD/J-NETWORKスーパーフライ級1位 KOSス-パ-フライ級1位、元GLADIATOR武士道キックフライ級王者)

▼第6試合 J-NETWORKスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
岩﨑悠斗[いわさき ひろと](Ten Clover Gym/J-NETWORKスーパーライト級王者 S-Battleライト級王者)
杉本卓也[すぎもと たくや](WSRフェアテックス/J-NETWORK同級2位)

▼第5試合 J-NETWORKライト級王座決定戦 3分5R(延長1R)
内堀裕斗[うちぼり ゆうと](UNDER GROUND/J-NETWORKライト級3位 WMC日本同級王者)
渡辺理想[わたなべ ゆうと](極真会館/J-NETWORKライト級4位 RISE同級9位)

▼第4試合 J-NETWORKヘビー級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
坂本英則[さかもと ひでのり](修実館/J-NETWORKヘビー級2位)
山中政信[やまなか まさのぶ](正道会館/J-NETWORKヘビー級6位 RISEヘビー級8位)

▼第3試合 ライト級 3分3R※肘有り
吉田優太[よしだ ゆうた](マカコ柔術アカデミー/J-NETWORKスーパーフェザー級5位)
宮里康司[みやざと やすし](TARGET)

▼第2試合 J-NETWORK 2016 ライト級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1※肘なし
冨沢貴人[とみさわ たかひと](OOTA DOJO)
髙橋優斗[たかはし ゆうと](STB JAPAN)

▼第1試合 ライトヘビー級 3分3R
西山鋼[にしやま はがね](芦原会館 西山道場)
ナンファーCHU[なんふぁー ちゅう](アントジム)


※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(数量限定)※完売 SRS席10,000円※完売 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-5784-0544
e-mail: jnetwork.info@gmail.com

Home > NEWS > J-NETWORK > ライトヘビー級王者・木村秀和が引退戦「王者のままリングを降りる」:2.25 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ