Home > NEWS > J-GIRLS > フェザー級挑戦者決定T 6選手コメント届く:5.15 新宿

フェザー級挑戦者決定T 6選手コメント届く:5.15 新宿

 J-GIRLS 5.15 新宿フェイス大会で行われる「J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント」一回戦の出場6選手の直前コメントが、主催のJ-NETWORKから届いた。
[Press Release]

ランカー同士の初対決! 成沢紀予と小澤聡子からコメント


参戦メンバーの中で最古参の“最強のアラフォー”成沢紀予(フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級3位)が一回戦で対峙するのは、キックボクシング、K-1で“常勝軍団”の名を持つ名門ジム、チームドラゴンの小澤聡子(J-GIRLSフェザー級6位)。成沢は昨年行われた「J-GIRLSアラフォートーナメント2010(マキシマムクラス)56kg以下契約」において見事優勝を果たし、ランキング1位の龍子(RT)2位の桜朋梨恵(ラビットカラテ)とは、いずれも延長戦にもつれ込む激闘を繰り広げ、デビュー当時のままの勢いを見せている。また小澤も今年3月大会において亜利弥'(L'GALAXY)に快勝し連敗から脱却、ここで一気に加速したいところだ。
ランカー同士の意地とプライドを懸けた対決はいかに!? 

■成沢紀予「龍子は倒さなくちゃ」
----昨年は同トーナメントの桜朋戦から始まり、アラフォートーナメント、Wヒロインズカップと3つのトーナメントに出られました。ご自身で一番印象に残っている試合はどれでしょうか?
「すべて残っています。逆に、私のどの試合が心に残りましたか?」
----すべて残っています(笑)。さて今回対戦する小澤選手。初対戦ですが、どんな印象がありますか?
「ドラえもん」
----見たままですね…。今、重点的にどんな練習をしていますか?
「ねずみっぽい練習」
----逃げ回るのですか(笑)? ではトーナメント別枠の予想をお願いします。まずは龍子vs.超弁慶
「ハイキックで来る! と見せかけて、パンチの打ち合いからの龍子ですね」
----MINA vs.HARUMIは?
「HARUMI選手が全くわかりません」
----今回初参戦ですからね。凖決勝で戦いたい相手はいますか?
「別に誰でもいいけど、龍子は倒さなくちゃ!!」
----昨年12月の因縁でしょうか。その前に、今回はどんな試合を見せたいですか?
「アダルティーでクール&ビューティー」
----奥深いですね。では小澤選手にひと言お願いします。
「前から聞きたかったんですが~部屋には引きだしのある机が、やっぱ置いてあるんですか? どら焼きは好きなんですか?」
----質問責めですね。では最後に、いつものアレを。
「いくよー! 1、2、3、うまー!!」
----有難うございます。


■小澤聡子「下がらない」
----3月大会での勝利、おめでとうございます。どんな気分でしたか?
「有難うございます! とても嬉しかったです!」
----喜びも束の間、今回はランキング上位の成沢選手と対戦ですが、印象は?
「手足が長く、ヒザを得意とする選手。パンチ連打+ヒザで前に出てくるという印象です」
----注意点は?
「“下がらない”です」
----ではトーナメント別枠の予想、試合展開も含め解説をお願いします。
「(龍子vs.超弁慶)龍子選手がミドルとハイでポイントを取って勝利。(MINA vs.HARUMI)こちらはMINA選手がパンチで1RKO勝ちです」
----なるほど。では凖決勝に進んだら戦いたい、逆に戦いたくない選手はいますか?
「龍子選手とMINA選手には過去負けています。超弁慶選手は昨年1月、長身のノック(KAHORI)選手との試合で技術力を見せつけられました。HARUMI選手は試合を見てみないとわかりません。でもとにかく、まずは目の前の試合です。そして誰が相手でも一生懸命やるのみです」
----今回はどんな試合にしたいですか?
「気持ちを強く、とにかく喰らいつく!」
----では最後に、成沢選手にひと言お願いします!
「成沢選手と対照的な短い手足で一生懸命殴ります! 一生懸命蹴ります!」


アラフォーvs.女子大生 HARUMIとMINAからコメント


J-GIRLS初参戦のHARUMI(BLUE DOG GYM)と昨年10月にプロデビューしたばかりのMINA(秀晃道場)の初々しい初対戦。だがトーナメント随一の壮絶な打ち合いは必然。HARUMIは打撃を得意とする総合格闘家。だが中々白星に恵まれず、アラフォーの体を引きずりながら、一勝のために厳しい稽古を積んでいる。対するMINAはデビュー戦から2連続で1RKO勝利を果たし、一気にスターダムにのし上がった現役女子大生ファイター。3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県に住むも、心が折れる事なく、被災された人々のために更にパワーアップしてくる事だろう。
それぞれに背負うものあり。そんな両選手からコメントが到着した。

■HARUMI「成沢選手と戦いたい」
----J-GIRLS初参戦、有難うございます。
「本当は昨年のアラフォートーナメントに参戦したかったのですが、でも今回このようなチャンスを頂き感謝しています」
----すみません。人数調整が厳しくて……。
「いえいえ」
----今回対戦するMINA選手、情報は色々入ってきていると思いますが。
「長身で美人選手と聞いています。でも対策とかは、特に立ててないです(笑)」
----今回総勢6名のトーナメントになります。
「弁慶選手と成沢選手が勝つでしょうね」
----ズバリですね。戦いたい選手はいますか?
「龍子選手と超弁慶選手とは以前試合した事があるので、成沢選手と戦いたいです」
----それはやはり、アラフォートーナメントの時から……?
「……(笑)」
----今回はどんな試合にしたいですか?
「とにかく、盛り上がる試合にしたいですね」
----では最後に、MINA選手にひと言お願いします。
「そこらへんのおばちゃんとちゃうで~!!」
----頑張って下さい!


■MINA「圧倒的KOで」
----震災に遭われ、今もなお不便な事が続いているかと思いますが。
「私の住んでいる地域は比較的に被害が少なくて良かったのですが、親戚や友達の家が津波の被害を受け、家がめちゃめちゃになってしまったので、その片づけの手伝いなどをしてました。大学の方も被害が大きく、現在もまだ始まっていない状態です」
----大変な状況下での参戦、多くの方が勇気づけられると思います。勇気といえば、デビューして3ヶ月で“絶対王者”と言われ続けてきた佐々木仁子選手と対戦しました(判定3-0でMINAが敗戦)
「結果には納得しています。が、負けたとは思っていません。次にやるときは私が勝つと思います」
----今回対戦するHARUMI選手は総合の選手ですが、総合格闘家にはどんなイメージがありますか?
「キックボクサーよりもフィジカルが強いイメージがあります。でも特に対策はないので、いつも通りに練習しています」
----ではトーナメント別枠の予想をお願いしたいのですが、龍子vs.超弁慶はどう予想されますか?
「どっちが勝ってもよいです。ただ、龍子選手はキックルールで負けたらマズイんじゃないですか?」
----小澤聡子vs.成沢紀予は?
「二人とも頑張って下さい」
----この中で戦いたい相手はいますか?
「私が勝つので相手は誰でもいいです」
----挑発的でいいですね~! 今回、どんな試合を見せたいですか?
「圧倒的KO、ですね」
----KO宣言ですね。ではHARUMI選手にひと言お願いします!
「白星がまだ無いみたいですが、残念ながら今回も無理です。次の機会に頑張って下さい」
----有難うございます。


4度目の対戦へ 超弁慶と龍子からコメントが到着!


総合格闘家の超弁慶(ガムランナック)がトーナメント優勝候補ナンバーワンの龍子(RT/J-GIRLSフェザー級1位)と4度目の対戦。最後に戦った2007年11月の試合では、弁慶がハイキックでダウンを奪われ判定3-0で龍子が圧勝した。常にチャレンジ精神を持ち続け、来る者を拒まずの弁慶が、今年に入り肉体改造に着手、ベストコンディションで雪辱戦に燃える。対する龍子は昨年の同トーナメントにて現王者・大石綾乃(OISHI GYM)に敗れ準決勝で敗退、王座に就くチャンスを手放す恰好となってしまった。ランキング1位のプライドを懸け、目指すは大石戦と意気込んでいる。
交錯するリベンジへの思い。両選手から現在の心境を聞いた。

■超弁慶「朝青龍を助け上げることができる」
----昨年後半はハイペースで試合をされ、その後一転して肉体改造を行っていたようですが。
「昨年はちょっと無理をしてましたね。あんまり詰めちゃだめです。体作りのために、具体的にはデットリフトとベンチプレスっていう種目の最大重量をあげるトレーニングをしてました。見た目はあんまり変わらないんですが、崖にぶら下がっている朝青龍を助け上げることができるぐらいの力がつきました」
----朝青龍を!?
「(笑)あと生活面では、鉄棒が上手になりました」
----鉄棒ですか。一時期の(ボクシング)亀田選手みたいな、風変りなトレーニングをしていたのでしょうか。
「(笑)これ以上の事は内緒です♪」
----では、今回対戦する龍子選手についてお聞きします。アマチュア時代を含め龍子選手とは今回で4戦目ですが、どんな印象がありますか?
「なんかポジティブですよね。でも、おやつのケーキを目の前に、落ちているバナナの皮でスッ転ぶみたいな、コミカルな失敗をしてそうですよ」
----注意する点、対策は?
「私はいつもボブサップをイメージしてるんですが、普段はそんなイメージを持って練習していないので、やっぱり無理があったんだなと。今回は練習どおりにやろうと思います」
----では、トーナメント別枠の予想をお願いします。
「小澤さんと成沢さんは、リーチ差で成沢さん。で、MINAさんとHARUMIさんは……なんか、すごい気合いでMINAさんですね」
----準決勝で戦いたい相手、逆に戦いたくない相手は?
「成沢さんもMINAさんも、どっちもやりずらそうです。選手としてどうかとも思うんですけど、やっぱりシードに入って決勝進出したいですよ」
----今回はどんな試合を見せたいですか?
「これもプロとしてどうかとも思うんですが、今回は勝てればいいです」
----では、龍子選手に一言お願いします。
「バナナの皮に気をつけな!」


■龍子「沢山蹴っていきます」
----昨年の同トーナメントで約2年ぶりのJ-GIRLS参戦となりました。昨年の一年を振り返り、ご自身ではどう思われますか?
「復帰したばかりの4月・5月の試合は、自分自身ブランクを感じていましたし、緊張もしました。10月の試合以降は少しずつですが自分のペースが取り戻せていたように感じます」
----今回の弁慶選手とは4戦目ですが、印象は?
「パンチを主体にどんな相手でも立ち向かっていく、強い気持ちを持った選手だと思います」
----注意点は?
「やっぱり、パンチに気を付けます」
----皆さんにもお聞きしているのですが、トーナメント別枠はどのようになると思いますか?
「どちらの枠の選手もキャリアや強みがある選手ばかりなので、誰が上がってきてもおかしくないですね。でも、どの選手が勝ち上がって来ても、一生懸命準備をして試合をします!」
----今回はどんな試合にしたいですか?
「弁慶選手は沢山パンチを放って来ると思うので、私は沢山蹴っていきます」
----では最後に、超弁慶選手にひと言お願いします。
「厳つい名前の割にはチャーミングなところもある弁慶選手! 以前対戦した時には名前に『超』が付いていなかったので、付いた分だけパワーUPしたことと思います。私も負けない様にパワーUPして再戦に挑みます。宜しくお願いします!」


Home > NEWS > J-GIRLS > フェザー級挑戦者決定T 6選手コメント届く:5.15 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について