Home > NEWS > J-GIRLS > 5.25 ディファ:イタリアの女子強豪、J-GIRLSに感激

5.25 ディファ:イタリアの女子強豪、J-GIRLSに感激

 World Queen Tournament 2008 準決勝にて、林田昌子と対戦するシルビア・ラ・ノットから以下のようなメッセージが届きました。(提供:J-NETWORKプロデューサー・森山豊)
 「イタリア国内では女子キックの統一機構が完備されていないため、試合のチャンスはほとんど巡って来ません。しがたって私の戦績のうち(30戦21勝3敗6分)母国で戦った試合は数えるほどしかありませんでした。自分の道は自分で切り開くしかないわけです。そんな中、日本のJ-GIRLSから試合のオファーがあった時は本当に驚きました。まさか欧米以外の国で女子キックが認知されているとは夢にも思っていなかったからです。また実際に来日して試合を行い、女子キックの競技人口が多いことにも改めて驚かされました。日本は女子キックのまさにパイオニアだと思います。
 私は15歳でサバットを始め、19歳でフルコンタクト空手を始めました。その後、サバットの世界王者にまでなってしまった私ですが、実はそれまでスポーツ経験は一切ありませんでした。そんな私がキックの世界女王の座を狙っているなんて不思議ですね。
 現在タイトルを獲得するために、キックのキッズクラスのインストラクターを務めるかたわら、週に7日みっちり練習しています。5日間は女子のスパーリング・パートナーを捜し求め、日替わりでいろいろなジムに出稽古に行っています。残りの2日間は午前と午後に分け対人トレーニング以外の練習にウェイトをおき、体力作り・身体作りに励んでいます。前回以上にパワフルになった私を日本のファンの皆さんにお見せできることでしょう。」

 なお、「あなたにとってヒーロー、ヒロインは」との問いに、彼女はナンシー・エンジェル・ジョセフ(フランス)の名を上げていました。ナンシーと言えば、1980年代初頭から1990年代にかけて、女子打撃格闘技界を席巻した伝説の女子ストライカーです。キック、ムエタイを含め、獲得したタイトルは20種類以上にもおよび、生涯戦績62戦61勝1敗という輝かしい戦歴を誇るカリスマです。ちなみに、唯一の負けは、ルシア・ライカとの一戦のみですが、彼女のベスト・ウェイトがバンタム級であることを考えれば、果たして負けと言えるのでしょうか?最強のミラネーゼがリスペクトするのも、大いにうなずけるというものです。

 既報のグレイシャア亜紀とジェシカ・トルハーストの一戦が柔vs柔であれば、この一戦は、まさに、剛vs剛だと思います。J-GIRLS史に残る激闘の予感大です。(提供:J-NETWORKプロデューサー・森山豊)

Home > NEWS > J-GIRLS > 5.25 ディファ:イタリアの女子強豪、J-GIRLSに感激

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について