Home > NEWS > IT'S SHOWTIME > 山本真弘、2度目の世界挑戦に向けての決意を語る:7.22 スペイン

山本真弘、2度目の世界挑戦に向けての決意を語る:7.22 スペイン

 IT'S SHOWTIME 59(7月21日(土/現地時間) スペイン・テネリフェ)で61kg級世界タイトルに挑む山本真弘(藤原ジム)のインタビューコラムと大会の見所紹介が、7月22日(日)午前5:55から大会を生中継するJ SPORTSより届いた。真弘は2年前に王者・セルジオ・ヴィールセンに挑むも完敗。その後の試合に賭ける心境の変化、今回のエルナンデス戦の展望を語っている。(テキスト:布施鋼治(スポーツライター))
[Press Release]

IT'S SHOWTIME 59(7.21)スペイン テネリフェ大会 プレビュー



 スペイン大会であるだけに、マッチメークは地元の選手VS世界が基本。メインイベントではアンディ・サワーVSゼベン・ディアスが組まれた。サワーは先日のIT'S SHOWTIME57にも出場して、″アフリカン・ウォリアー″クリス・ンギンビからIT'S SHOWTIME世界70キロ級王座を奪取したばかりだ。
 わずか20日間のインターバルの出撃となるが、ンギンビ戦の前にも1カ月半のインターバルで新K-1のリングで闘っていた。闘いながらコンディションを調整するタイプなので、本人にとってはさして大きな問題ではないのかもしれない。
地元の声援を受け、サワーと闘うゼベン・ディアスはIT'S SHOWTIMEではかつてジョルジオ・ペトロシアンの復帰戦の対戦相手を務めたキックボクサーとして知られている。ニックネームは″ザ・キラー・ボーイ″で、サワーに勝るとも劣らぬコンビネーションを得意とする。ならば、この一戦はどちらのコンビネーションが優れているかを問う一戦になるのではないか。
5月16日のK-1スペイン大会でサワーは″スペイン70キロ級でディアスとともにツートップを張るアブラハム・ロクエニへのリベンジに成功している(初対決は昨年2月のスペイン。ロクエニの判定勝ちながら、サワーは明らかなホームタウンデシジョンだったと主張)。ここでサワーを下せば、ディアスは一気にスペイン70キロ級のトップに躍り出ることができる。それでも、コンビネーションの切れや加速度を比べたらサワーの有利は動かない。

 ″もうひとりのアンディ″ことアンディ・リスティはオープニングマッチに登場。地元のデビット・カルボを迎え撃つ。K-1スタイルが普及したスペインの選手らしく、カルボは左右のフックとローキックを得意とするタイプながら、リスティが連勝記録を更新するような気がしてならない。
というのも、今年に入ってから生活の拠点を母国スリナムからオランダに移したリスティは絶好調。新K-1のスペイン大会こそ風邪でコンディション不良だったが、ドラゴを圧倒して判定勝ち。続くIT'S SHOWTIME58ではサミール・ジャッパに何もさせず左フックでKO。試合後は驚異の跳躍力を活かしたハイジャンプのパフォーマンスで大観衆を沸かせた。いま、試合をするのが楽しくてたまらないリスティにとって、短い間隔での試合は全く苦になっていない。

 また、王者ハヴィエル・エルナンデスに山本真弘が挑戦する61キロ級タイトルマッチについては下記を参照してもらいたい。さらに、新K-1で多彩なパンチを打つことで知られるハルト・グレゴリアンを逆転KOで破ったマーセル・グローエンハートも登場。地元カナリア諸島出身で同じ新K-1にも出場したマキシモ・スアレスと拳を交わす。185センチという長身から繰り出すヒザ蹴りは驚異だ。

これがラストチャンス
王者の地元スペインで山本真弘が二度目の世界挑戦



 あの日を境に、山本真弘は酒を口にしなくなった。

「それまでは普段から結構お酒も飲んでいたけど、ほとんど飲まなくなりました。今は外食した時に口につける程度ですね」

 あの日2010年12月11日(現地時間)、ギリシャで行なわれたIT'S SHOWTIMEで山本は当時セルジオ・ヴィールセンが保持していた61kg級世界王座に挑戦した。

 結果は3RTKO負け。1Rにボディへのヒザ蹴りが先制のダウンを奪われた挙げ句、3Rに再びヒザ蹴りで右目の瞼を切り裂かれTKO負けを喫してしまったのだ。

 帰国直後、山本は筆者に語った。「ヴィールセンは猛獣みたいだった」

 その印象はいまも変わっていない。しかし、いまは思う。勝者についてあれこれ語るより自分が全然ダメだったと。

「メンタル、練習量、生活面・。なんで、あんな状態で世界王座に挑戦したいと思ったのか。よくあれで世界を獲るなんて大口を叩いていたものだと思いますね」。

 アウェーで闘ってみて痛感したのは、同じ階級の選手とは思えないヴィールセンのフィジカル面の強さだった。

「2階級以上の差、僕からみたらスーパーライト級以上の選手とやっているような感覚でした。今までとは当たった時の感覚が全然違う。日本人相手だったら、当たった時にドーンと押していけるけど、ヴィールセンはガツンと当たってもそのまま止まってしまう感じなんですよ」。

 IKUSA・U60トーナメント優勝、Kick Returnトーナメント優勝、Krushライト級グランプリ2009優勝。ヴィールセンの闘うまでの山本は国内で数多くの栄光を掴んだ。

 少なくとも60kg以下の契約体重で闘った時には、それでいいんだと思っていたと振り返る。

 しかし、ヴィールセンと闘って世界とのフィジカルの差を思い知ってからは、最低限相手の力を受け止めることができるだけのパワーを身につけようと心に決めた。

「それまで国内の60kg以下で闘っている時には技術だけでも良かったかもしれない。でも、海外の61kg級で闘う時には対抗できる最低限のパワーがあって、初めて自分の持ち味が活きることがわかったんですよ」。

 山本は肉体改造を計るため、ケビン山崎氏が指導するトータルワークアウトに通い始めた。それから1年半、その効果は一目瞭然だ。

「自分ではわからないけど、久しぶりに会った人からは体つきが全然違うといわれます。フェザー級の時と比べ、力強さが増した。いまは61kg級がベスト。もうフェザー級で闘うことは考えられないですね」。

 ヴィールセンに敗れてから1年7ヶ月、その後61キロkg級王座はヴィールセンからカリム・ベノーイに移動し、現在はハヴィエル・エルナンデスが王者だ。

 7月21日(現地時間)、山本はエルナンデスの地元であるスペイン・カナリア諸島のテネリフェ大会で61kg級王座に再挑戦する。挑戦者からの目から見て、王者は噛み合うタイプだ。

「今までの王者の中で一番いいんじゃないですかね。エルナンデスは前に出てきてくれるタイプなので。僕はムエタイみたいにカウンターを狙われると入りづらくなってしまい、変な試合になってしまうことが多いので」。

 予想ではパワーはエルナンデスの方が上だが、そこで勝負しようとは思わない。

「自分の持ち味はスピードと切れ。パワーで押し負けなければ、展開は変わってくるでしょう。たぶん向こうは詰めていけば勝てると思っているんじゃないですかね。でも、中盤からエルナンデスの動きは弱まってくると思うので後半に勝負をかけたい」

 エルナンデス戦が決まるや、山本はよくイム・チビンとモッサブ・アムラーニの一戦を見ている。そう、昨年7月18日のIT'S SHOWTIME JAPANで行なわれ、イム・チビンが1Rにダウンを奪われながらも、その後モッサブの猛攻に耐えに耐え、最後は延長戦に持ち込んで判定勝ちを収めたタフな一戦だ。

 山本は、「たぶん最初は押されるでしょう」とエルナンデス戦の試合展開を読む。

「でも、単に相手の攻撃を避けるのではなく、避けながら返していき、徐々にあれ? と思わせながら最後はイム・チビンのような逆転勝利を収めたい」。

もっとも、それはあくまで理想論。今回のタイトルマッチの舞台はエルナンデスの地元。大なり小なりのホームタウンデシジョンがあることも覚悟している。

「普通に判定までいったら勝てないでしょう。最悪でもダウンを2~3回は取らないと。頭の中では倒して勝つというパターンも用意しています」

待ちに待ったタイトルマッチであるだけに、山本はこの一戦で完全燃焼してもいいという覚悟を持って臨む。

「無傷で勝とうなんて思っていたら、絶対に勝てない。とにかくどんな勝ち方だろうと、勝たないと意味はない。これがラストチャンスだと思って闘います」。


○プロフィール
山本真弘YAMAMOTO MASAHIRO
1983年5月14日生まれ(29歳)。
長崎県出身。身長165㎝、体重67kg(通常時)。現在はIT'S SHOWTIMEルールで4連勝中。通算戦績53戦37勝(10KO)10敗6分。好物は日本そばとサムゲタン。


対戦カード


70kg級 3分3R
アンディ・サワー
ゼベン・ディアス

IT'S SHOWTIME 61kg級世界タイトルマッチ 3分5R
ハヴィエル・エルナンデス
山本真弘

85kg級 3分3R
マーセル・グローエンハート
マキシモ・スアレス

95kg級 3分3R
ローレン・ハヴィエル・ホルヘ
セルゲイ・ラシュシェンコ

85kg級 3分3R
モイセス・ルイバル
アミール・ゼヤダ [Amir Zeyada]

70kg級 3分3R
アンディ・リスティ
デビッド・カルボ

~最強打撃格闘技~ IT'S SHOWTIME59 2012・7・21 スペイン大会放送予定


1.7月22日(日) 05:55 ~ J SPORTS 3 生放送!!
2. 7月22日(日) 21:00 ~ J SPORTS 2 再放送

番組ページ
http://www.jsports.co.jp/fighting/its_showtime/index.html

Home > NEWS > IT'S SHOWTIME > 山本真弘、2度目の世界挑戦に向けての決意を語る:7.22 スペイン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について