Home > NEWS > IT'S SHOWTIME > 日本支部STJ発足。K-1と「競合しない」方針

日本支部STJ発足。K-1と「競合しない」方針

 IT'S SHOWTIME JAPAN countdown-1(7.18 ディファ有明)の記者会見が13日、東京・青海のJ SPORTSで行われた。メインで強豪ペトロシアンと対戦する日菜太、ショータイム世界61kg級王座挑戦者選定試合で激突する山本元気と板橋寛の3選手をはじめ、大会を運営する新会社「株式会社STJ」の藤原敏男代表らが勢揃い。マニア層をターゲットとした本格派のキックイベントを目指す方針で、気になるK-1との関係について山口元気役員は「競合するものではありません。いつか誤解は解けて、仲良くやっていける時が来るのでは」と語った。
 ショータイムは99年にサイモン・ルッツ氏がオランダで設立したキックイベント。ヨーロッパ各国で年間10大会近くのビッグイベントを開催し、日本を含め世界48カ国で放映されている。ルールは肘打ち・バックハンドブローは反則だが、首相撲は攻撃性の高いものなら認められる。ジャッジは5名。試合時間は3分3Rで、ヘビー級以外の階級のタイトルマッチは5R。階級は61kg/65kg/70kg/73kg/77kg/85kg/95kg/ヘビーの8階級で、いずれも世界王者が認定されている。

 日本版となる「IT'S SHOWTIME JAPAN(略称・STJ)」は、既報どおり2012年春の本格スタートを目指している。今年は以下のスケジュールで、JMD(日本格闘技理事会)の公認大会において「カウントダウンシリーズ」を実施し、ショータイムルールの試合を数試合ずつ組み込み、本格スタートまでの機運を盛り上げる。

  7月18日(月/祝) REBELS [ディファ有明]
  8月28日(日) 藤原祭り [新宿FACE]
  9月11日(日) M-1 [ディファ有明]
 10月23日(日) REBELS [ディファ有明]
 11月13日(日) M-1 [ディファ有明]
 12月23日(金/祝) 藤原祭り [後楽園ホール]

 2011年はSTJ主催のディファや後楽園規模のイベントを年3〜4回開催するほか、サイモン・ルッツ氏主催の2大会を計画している。ルッツ氏主催大会はヨーロッパで行われている大会の審判・演出・リングアナ・ダンサーなどをそのまま日本に持ち込んだ、本場の雰囲気の味わえるイベントとなり、3000~5000人規模の会場での開催となる模様だ。STJ主催大会ではニコラス・ペタス氏がリングアナウンサーを務める。

 STJの大島健太事務局長は、日本支部設立の経緯について「REBELSでモサブ・アムラーニを呼ぼうと、去年末から交渉していたところ、細かい相談をしている中で、どんどん話が進んだ。東日本大震災の影響でSTJの開催が7月18日に延びた。REBELSやM-1が堅実にディファ規模の会場を満員にしていることをルッツさんに高く評価してもらえた」と説明。「アメリカだとUFCは一般のおばちゃんだと知らなくても、マニアックなファンが支えている。好きな人が対価を払ってでも見たいと思うものを目指したい」とビジョンを語った。7月のREBELSで行われるショータイムルールの試合は、ヨーロッパのショータイムの中継をこれまで行ってきた、スポーツ専門局の「J SPORTS」で放映されることが決定(J SPORTS ESPN 7/24(日)21〜23時、J SPORTS 2 7/26(火)22〜24時)。最近のプロ野球やJリーグも地上波中継に依存しない収益構造の確立が進められているが、STJもそれに近い方向性といえる。



 そのため、地上波中継主体のK-1とも競合しない方針をアピール。K-1の谷川貞治イベントプロデューサーが5月26日の記者会見で「何にも断らずにK-1の選手に直接声をかけて上げる所とは付き合うつもりも無いし、その選手を使うつもりも無い」等とSTJへの不快感を表明したが、STJの山口元気役員は「様々なコミュニケーション不足から誤解が生じて残念です。うちはK-1と競合するものではありません。競技化を進めることを根本にやっています。いつか誤解は解けて、仲良くやっていける時が来るのではと思います」「うちで人気が出た選手をK-1さんに使ってもらうようなこともあると思う」とコメントした。ルッツ氏がK-1の未払い金を巡ってFEGを提訴する方針を打ち出しているが、山口氏は「ルッツさんとFEGさんの間の問題で、我々は関係が無い立場です」と中立であることを強調した。

 谷川氏から批判される立場になった日菜太は「ペトロシアンとやれる話があれば中国でもヨーロッパでも行っていました。世界チャンピオンと認められる舞台ならどこにでも出て行きたいです」とコメント。ショータイムに対しては「いろんなケンカとかが無いよう、世界チャンピオンは一人と誰もが認める環境を作って欲しい」と期待を寄せた。山本元気も「STJが大きくなって、日本人のキックボクサーが世界に行けたらいいと思います」、板橋寛も「世界一の称号が欲しくてSTJに参戦した。他のことを考えずに頑張りたい」と話した。

 ペトロシアン対策について日菜太は「サウスポーのお手本みたいな選手。自分の武器を信じることが第一。秘策はあります」とコメント。板橋と戦う元気は「よく練習した仲でやりにくいけど、いい試合になると思うので期待してください」、対する板橋は「元気さんはとにかくパンチが強い」「やり辛いのも目をつぶって、バチバチ殴り合いたい」と意気込みを語った。

 また、今大会のREBELS部門(WPMF日本ルール)では、以下の3カードが追加決定。新たにLittle Tiger(F・TEAM TIGER/WPMF日本女子アトム級王者)の参戦も決まっている。

バンタム級 3分5R
藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/WBCムエタイ日本バンタム級王者、WPMF日本スーパーフライ級1位)
闘魔(新宿レフティージム/WPMF日本・M-1・J-NETWORKスーパーフライ級王者)

Top of Feather vol.2 58kg契約 3分5R
クワンカーオ・ウィンディスポーツジム(タイ/ルンピニー・バンタム級8位、WMC世界同級9位)
梅野源治(PHOENIX/M-1フェザー級王者、WPMF日本同級1位、WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者)

フェザー級 3分5R
湊恭二郎(エスジム/WPMF日本スーパーバンタム級9位、元NKBフェザー級6位)
立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)


対戦カード


IT'S SHOWTIME JAPAN countdown-1(IT'S SHOWTIMEの部)




メインイベント 70kg契約 3分3R
ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア/サトリ・グラディエートリウム・ネメシス/K-1 WORLD MAX '09 '10 優勝)
日菜太(湘南格闘クラブ/元RISEミドル級(70kg)王者)

セミファイナル IT'S SHOWTIME世界65kg王座挑戦者決定戦 3分3R
モサブ・アムラーニ(モロッコ/ムシドジム/WMCインターコンチネンタル・フェザー級王者)
イム・チビン(韓国/チーム・チビン/KHAN GYM/M-1ウェルター級王者)

IT'S SHOWTIME世界61kg級王座挑戦者選定試合 3分3R
山本元気(DTSキックボクシングジム/元全日本フェザー級王者)
板橋 寛(スクランブル渋谷/元RISEスーパーフェザー級(60kg)王者)

REBELS.8(ムエタイの部)


バンタム級 3分5R
藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/WBCムエタイ日本バンタム級王者、WPMF日本スーパーフライ級1位)
闘魔(新宿レフティージム/WPMF日本・M-1・J-NETWORKスーパーフライ級王者)

Top of Feather vol.2 58kg契約 3分5R
クワンカーオ・ウィンディスポーツジム(タイ/ルンピニー・バンタム級8位、WMC世界同級9位)
梅野源治(PHOENIX/M-1フェザー級王者、WPMF日本同級1位、WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者)

ウェルター級 3分5R
田中秀弥(RIKIX/WPMF日本ウェルター級1位)
藤倉悠作(ASSHI-PROJECT/WPMF日本ウェルター級4位)

フェザー級 3分5R
湊恭二郎(エスジム/WPMF日本スーパーバンタム級9位、元NKBフェザー級6位)
立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)

スーパーライト級 3分3R
井上遊麻(尚武会/WPMF日本スーパーライト級9位)
NIIZUMAX!(クロスポイント吉祥寺/J-NETWORKスーパーライト級5位)

フライ級 3分3R
小林瑞季(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/元M-1&KAMINARIMONジュニア45kg級王者)

◆出場予定選手
増田博正(スクランブル渋谷/元WPMF世界ライト級王者)
Little Tiger(F・TEAM TIGER/WPMF日本女子アトム級王者)
飯田なお(新宿レフティージム/ITFテコンドー全日本'07 '08 '09年王者)
宗田智美(ボスジム)

スケジュール


開場・15:00 開始・15:30

チケット料金


SRS席 30,000円(31,000円)
RS席 20,000円(21,000円)
S席 10,000円(11,000円)
A席 7,000円(8,000円)
立見 5,000円(5,000円)
※カッコ内は当日料金。

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9111  http://pia.jp/t/
参加各ジム、各選手
REBELSプロモーション 03-3397-0752  info@rebels-muaythai.jp   http://www.rebels-muaythai.jp/

お問い合わせ


REBELSプロモーション 03-3397-0752  info@rebels-muaythai.jp   http://www.rebels-muaythai.jp/

Home > NEWS > IT'S SHOWTIME > 日本支部STJ発足。K-1と「競合しない」方針

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!1月に入会の方は入会金無料です!“楽しいキック”をモットーに指導をしています。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について