Home > NEWS > IT'S SHOWTIME > ルッツ代表、FEGを提訴へ。選手への「圧力」も非難

ルッツ代表、FEGを提訴へ。選手への「圧力」も非難

 K-1を主催する谷川貞治FEG代表の26日の記者会見を受けて、IT'S SHOWTIMEを主催するEuropean Fighting Networkのサイモン・ルッツ代表は27日(現地時間)、公式サイトで声明を発表した。以下和訳と原文。
[Press Release]

PRESS RELEASE REGARDING K-1(和訳:遠藤文康)


 ショウタイムマネージメント選手たちへの未払いに関してこれまでK-1(FEG)に対して誠意を持ってやってきましたが、今回我々は以下の声明を公式に発表したく思います。

 我々がマネジメントする選手への半年以上にわたるK-1の未払い金は40万ドルを超えます。しばらく待って欲しいと何度もK-1から頼まれました。投資家がK-1買収に興味があるからというのが理由でした。現時点に至るまで我々は債権請求に弁護士を立てることはしませんでした。K-1には財政再建に時間が必要だと我々は容認していたからです。

 しかしながらDREAMとK-1が多くの小規模イベントを開催する方向であることを聞き及んで驚きを隠せません。K-1が未払い清算を済ませずに大会を開催することは不可能だというのが我々の認識です。よってここに我々は法に訴える決断をしました。

 選手たちは谷川氏からIT'S SHOWTIME JAPANで試合をしないようにとの圧力的電話すら受けております。IT'S SHOWTIME JAPANで試合をしたなら選手たちはそれまでの未払い金を受け取れないことになるのでしょう。谷川氏はこのような方法を取るべきではなく選手たちを補助することこそが賢明な立場なのです。谷川氏は未払いを清算しなければならないことを理解できていません。選手たちはやるべき仕事を既に終えているのです。

 まるで素人、ほとんど詐欺同然のような過去数年のK-1のやり方を我々は説明できます。昨年度のK-1 World GPで仮に我々が圧力をかけていなければ、何人かの選手たちはさらなる経済的打撃を受けたことでしょう。

 例え投資家が現れたとしても我々は谷川氏に経営学を学ぶことを進言したい。さもないと投資金は陽の下の雪のように消え失せてしまうでしょう。

 以下の選手たちが多額のファイトマネーをK-1から受け取っていません。ジョルジオ・ペトロシアン、タイロン・スポーン、ヘスディ・カラケス、ダニエル・ギタ、メルヴィン・マヌーフ、パジョンスック・スーパープロ・サムイ、シャヒッド・オウラッド・エル・ハジ、ガーゴ・ドラゴ、ジャバット・ポトラック

 これらは私どもがマネジメントする選手です。他に数多くの選手たちがK-1からの支払いを待っています。選手たちへの未払いをそのままにし新たなイベントを開催するのは尋常な姿ではない、このことを我々は声を大にして強く訴えます。

サイモン・ルッツ
IT'S SHOWTIME

(英語原文)



After years of being loyal to K-1 (FEG) regarding the late payment, or no payment at all, to our fighters, we would like to release the following statement.

For more than half a year K-1 owes us more than 400.000 US dollars in total because several fighters which we represent have not been paid. Every time we were asked to have more patience because a potential investor would be interested to take over K-1.

Until now, we have never contacted a lawyer to claim our credits because we granted K-1 the time they need to financially recover. However, we were very surprised to hear that DREAM and K-1 want to organize a number of smaller events. In our opinion that isn't possible before K-1 first pays its debts to fighters which already have fought. Therefore, now is the time for us to hire a lawyer.

Also, fighters are even receiving phone calls from Mr. Tanikawa with a threat to not fight for IT'S SHOWTIME JAPAN. If fighters would fight for IT'S SHOWTIME JAPAN, they can wave their money goodbye. Mr. Tanikawa is not in the position to act this way, and subservience would fit him a lot better. Mr. Tanikawa doesn't understand that K-1 has to pay their debts because the fighters have already delivered their service to K-1.

We can only describe the way K-1 has been managed the last years as amateurish and almost as deceit. If we hadn't put a huge amount of pressure on K-1 just before the K-1 World Grand Prix Final of last year, some fighters would have been even more financially struck.

Even if an investor for K-1 will appear, we really hope that Mr. Tanikawa will take a management course first, otherwise the invested money will disappear like snow in the sun.

The next fighters still have to receive big amounts of money from K-1: Giorgio Petrosyan, Tyrone Spong, Hesdy Gerges, Daniel Ghita, Melvin Manhoef, Pajonsuk Superpro Samui, Chahid Oulad el Hadj, Gago Drago and Dzevad Poturak.

These are only the fighters which are represented by us. However, also a lot of fighters are still patiently waiting for their money. We would like to emphasize that it's incorrect that K-1 even organizes events without paying their debts to these fighters.

Simon Rutz
IT'S SHOWTIME

Home > NEWS > IT'S SHOWTIME > ルッツ代表、FEGを提訴へ。選手への「圧力」も非難

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について