Home > NEWS > ホーストカップ > 裕樹と谷山佳菜子が対談。関西の格闘技活性化に使命感:10.2 大阪

裕樹と谷山佳菜子が対談。関西の格闘技活性化に使命感:10.2 大阪

 5年ぶりに関西で開催される立ち技格闘技のビッグイベントとして注目を集める「べラジオPRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA 」(10月2日(日) エディオンアリーナ大阪第一競技場)。好カードがズラリと並ぶ中、裕樹と谷山佳菜子はオランダの強豪との国際戦に挑む。大会のPRのために実現した対談で、ふたりは大会の成功を切に願っていた。(聞き手・布施鋼治)

──おふたりとも現在は関西を拠点に活動していますよね。
裕樹 僕は父親が転勤族だったので生まれは沖縄。それから大阪の能勢で育って、福岡に移動してそれから東京でも5年ほど暮らしました。
谷山 私は熊本で生まれ育って、22歳の時に大阪に出てきました。ずっと空手をやっていたんですけど、日本チャンピオンになったあと世界を目指そうということで。

──今回ホーストカップの会見は通天閣で開催されました。コテコテの大阪のイメージを具現化したこの地に足を運ぶことは?
裕樹 美味しい鍋屋さんがあるので、会員さんとちょくちょくご飯を食べに来ます。ちょっと小汚いところなんですけど、めっちゃ並んで食べています。
谷山 私はそんなに来ることはないですけど、串カツが有名じゃないですか。食べたいなという時には通天閣まで足を伸ばします。二度付けはしないけど、ソースをタップリとつけてね。お肉が好きです。

──今大会ではふたりとも地元での大会場で国際戦というシチュエーションです。やはり関東で行なう国際戦とは違う?
裕樹 やっぱり気持ちが違いますね。関東では関西を代表してRISEやREBELSで闘っている。一方、関西ではジム(兵庫県西宮市でアンカージムを主宰)を代表して闘っている感じがある。ジムの会員さんや親戚も大勢見に来る。そのへんで気持ち的に大きな違いがありますね。関西の大会場で闘うのは今回が初めてなんですよ。大阪府立(現・エディオンアリーナ大阪第一競技場)の第二競技場では試合をしたことがあるけど、第一の方には足を踏み入れたこともない。

──関東以上に恥ずかしい試合ができない?
裕樹 その通りですね(微笑)。
谷山 関西での試合となると、友達や職場の方々がいっぱい応援に来てくれる。看護師をやっていたので、昔の患者さんだった方々も応援に来てくれる。今回も大舞台でやるということで、皆さん集まってくれます。

──お膝元でいつもの何倍もの観客動員を誇る大会場で試合をする気持ちは?
裕樹 個人的にはこじんまりとした会場でやるのも好きなんですけどね(微笑)。結果も残しているし。その反面、大きな会場ではそんなに結果を残していない。今回せっかくチャンスをいただいているので、いい思いをしたいなと思いますね。

──大会場になるとプレッシャーも大きい?
裕樹 プレッシャーというか、大きな空間で見られるということに慣れていないのかもしれない。まだまだ経験不足です。
谷山 今回の舞台は大阪府立のメイン競技場。私は大舞台で闘いたいというのが目標だった。空手家時代にはあったけど、キックボクサーとして大舞台で闘うのは初めて。本当にうれしいです。しかも、自分が憧れていた選手(WBCムエタイ世界女子バンタム級王者のジャマイマ・ベトリアン)とできるわけですからね。本当に夢のようです。

──東京では女子格闘技が久々に脚光を浴びています。そういった部分は意識する?
谷山 やっぱり女子格闘技が盛り上がっていることはすごくうれしい。その輪の中に私も入っていきたい。そのためにも、ここでしっかりと結果を残したい。

──女子格闘家として自己アピールするとしたら?
谷山 そうですね。やっぱり空手で培った蹴り技。あとフィジカルは強い方なので、空手家時代には海外の選手と闘っても当たり負けはしなかった。キックボクサーとしても、どんどん海外の選手と闘っていきたい。今回キックでは国際戦は3戦目です。

──VS日本人と比べると、VS外国人は違う?
谷山 やっぱりパワーの違いは感じます。ただ、これまではアジア系の選手としかしていない。

──一方の裕樹選手はVS欧米ファイターとの対戦経験が豊富。谷山選手にアドバイスを送るとしたら?
裕樹 そうですね。対戦相手の試合映像も見ると思うけど、それを鵜呑みにしない方がいい。映像だけで判断したら、「あっ、この選手は体が弱いんじゃないか」「ここが弱点なんじゃないか」と思うところがある。でも、実際に試合になったら必ずしもそうではないので、こっちも混乱してしまう。映像も見たうえで、それ以上のことを考えておいた方がいい。
谷山 ありがとうございます。
裕樹 この間REBELSで闘ったピエトロ・ドウリャも正直そうでもないかと思っていたんですよ。でも、実際に闘ってみたら想像以上に強くて、面食らう部分があった。体が強くて硬い。やっぱり実際に闘ってみないとわからないですよね。

ドウリャ戦での裕樹
──そういった部分では今回のイリアス・エル・ハジューイ戦は楽しみ?
裕樹 そうですね。楽しみだし、今回は62kg級という契約体重。自分も減量が苦しいので、この体重で最高のパフォーマンスを見せたいと思っています。やっぱり多くの客さんに見てもらうというところでテンションも上がる。

──この大会が関西の格闘技界を盛り上げるための大きな起爆剤になりそう?
裕樹 必ずそうなると思う、自分がそうしないといけないという使命感もあります。
谷山 自分もそう思います。

──そうするためには、どんな試合をしなければならないと思いますか?
谷山 ベトリアンはとても強い選手ですけど、必ず勝って女子を盛り上げたい。

──今回の出場選手は関西在住のチャンピオン、あるいはトップランカーばかりです。
裕樹 東京のタイトル(RISE)を持っているということは彼らの励みにもなる。関西だけで終わるのではなく、「これが本当のチャンピオンだ」といわれるような試合をしたい。また関西の人って、まだキックの見方がわかっていない人もいる。なので、盛り上がらなければいけないところで盛り上がらなかったりすることもある。それを払拭するためにも明確なKOを狙っていきたい。

──試合に向けての対策は?
裕樹 相手の試合映像を見たけど、ファイター的な動きをしている試合もあれば、足を使っている試合もあった。だったら自分のスタイルを貫いて、前にガンガン出るしかないかなと思っています。
谷山 ベトリアン選手の試合を見たら、パンチでガンガン前に出てくる。そこの部分の対策はしっかり立てて、自分の技を出せるようにしていきたい。

──大阪では実に5年ぶりとなる格闘技のビッグイベントが成功して、来年もまた関西の大会場でという話になったら?
裕樹 それはもう自分がメインというつもりもあるし、そうしなければいけないと思う。そのためにも今回はすごく大事な大会になると思いますね。
谷山 しっかり頑張りたいと思います。

8月30日の会見にはホースト氏も来場した
──ところで、アーネスト・ホースト氏との親交は?
裕樹 知り合いではないけど、僕がキックボクシングを始めようと思った時にホーストさんはK-1のヘビー級トーナメントに出ていた。忘れもしない、98年のK-1ワールドGPです。

──K-1で4度チャンピオンになったホースト氏の全盛期ですね。
裕樹 その通りです。一番の憧れというか、神のような存在です。少しでもその域に近づきたい。それにホースト氏もローキックが得意だったので、ホースト氏に「裕樹のローはすごい」と認めてもらいたい。
谷山 私も格闘技を始めたのはK-1の全盛期でホーストさんも活躍していた。まだ小学生だったんですけど、その時のリングはキラキラ輝いていた。あの時代のK-1を見て育って、高1の時に「やっぱり格闘技の道に進みたい」と思い、正道会館に入った。だから私にとってもホーストさんは本当に神のような存在です。

──ホーストさんと一緒に練習したことは?
谷山 一緒にはないです。
裕樹 一緒に練習なんて恐れ多い。でも、僕もファイターですから、そういう機会があれば、ホーストさんに僕のローを受けてもらたい。
谷山 ホーストさんはローもすごかったけど、ハイキックも得意だったじゃないですか。私も蹴りのコンビネーションを教えてもらたいですね。


 なお、大阪のMMA大会「ACF」「WARDOG CAGE FIGHT」の提供試合としてミドル級(83.9kg)松井大二郎(フリー)vs. KOZI(UBF/TeamANGE)、ウェルター級(77.1kg)カン・ホサ(永田道場)vs. キム・キョンウォン(韓国/ROAD FC AREA GYM)が追加されている。

対戦カード


62kg契約 3分3R(延長1R)
裕樹(アンカージム/RISEスーパーライト級(65kg)王者)
イリアス・エル・ハジューイ [Ilias El Hajoui](モロッコ/チーム・グンヤー/FMT欧州61kg級王者/ホースト選抜)

女子54kg契約 3分3R(延長1R)
谷山佳菜子(正道会館/ホーストカップ女子バンタム級(55kg)王者)
ジャマイマ・べトリアン [Jemyma Betrian](キュラソー/WBC世界女子バンタム級王者/ホースト選抜)

フェザー級(57.5kg) 3分3R(延長1R)
半田一覇(誠至会/NJKFフェザー級王者)
コブシット・フェアテックス(タイ/フェアテックスジム)

ウェルター級(65kg) 3分3R(延長1R)
憂也(魁塾/DEEP☆KICK 65kg級王者)
ピエトロ・ドウリャ(オランダ/オトマニジム/ホースト選抜・REBELS推薦)

ライト級(60kg) 3分3R
山口侑馬(山口道場/INNOVATIONライト級王者、DEEP☆KICK 60kg級王者)
野辺広大(1-siam gym/RISEスーパーフェザー級(60kg)王者)

初代ホーストカップ日本スーパーライト級(63kg)王座決定戦 3分3R(最大延長2R)
階 勇弥(健心塾/NJKFライト級王者)
麻原将平(正道会館/RISEライト級(63kg)3位)

WPMF日本スーパーウェルター級王座決定戦 3分5R
村井崇裕(京都野口ジム/元NKBミドル王者)
藤元洋次(OZMOSIS/元DEEP☆KICK暫定70kg級王者)

ウェルター級(65kg) 3分3R
大原裕也(大原道場/元ACCELライト級王者)
中村広輝(赤雲會/LEGENDライト級王者、元全沖縄王者、元TENKAICHIスーパーライト級王者)

ライト級(60kg) 3分3R
辻出優翔(京賀塾/ホーストカップ日本ライト級(60kg)王者)
上杉文博(究道会館/ACCELフェザー級王者)

EXルール 64kg契約 3分3R
北野克樹(誠至会/NJKFスーパーライト級6位)
藤阪弘樹(M-FACTORY)

フェザー級(57.5kg) 3分3R
西元也史(京賀塾)
拳剛(誠剛館)

バンタム級(55kg契約) 3分3R
滉大(及川道場/SB日本スーパーバンタム級6位)
風音(京賀塾)

63.5kg契約 3分3R
中野椋太(セブンジム/元蹴拳ムエタイ・スーパーライト級王者)
ブルーノ・マレーガ(ブラジル/ブラジリアン・タイ)

WEST JAPAN TOP FIGHTER 70kgトーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
ダニロ・ザノリニ(ブラジル/ブラジリアン・タイ/ISKA世界スーパーウェルター級(70kg)王者、RISEウェルター級(67.5kg)王者)
チューチャイ・ハーデスワークアウトジム(タイ/ハーデスワークアウトジム/ホーストカップEXミドル級(70kg)王者、元ルンピニー認定ウェルター級7位)

WEST JAPAN TOP FIGHTER 70kgトーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
白神武央(拳之会/WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王者)
薮中謙佑(アンカージム)
※1日で決勝まで実施

初代ホーストカップ日本バンタム級(55kg)王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
KING強介(ロイヤルキングス/MA日本バンタム級王者)
中務幸信(多田ジム/INNOVATIONスーパーバンタム級1位)
玖村修平(K3B/NJKFバンタム級2位)
京谷祐希(山口道場)
※1日で決勝まで実施。組合せは未定

ACF & WARDOG CAGE FIGHT提供試合 MMA ミドル級(83.9kg) 5分2R
松井大二郎(フリー)
KOZI(UBF/TeamANGE)

ACF & WARDOG CAGE FIGHT提供試合 MMA ウェルター級(77.1kg) 5分2R
カン・ホサ(永田道場)
キム・キョンウォン(韓国/ROAD FC AREA GYM)

※ホーストカップの通常ルールは肘無し、首相撲制限ありのK-1スタイルのルール。
 「EXルール」は一般的な肘有りのキックルール

スケジュール


開場・12:00 開始・13:00
※本戦開始前にプロ・アマチュアのオープニングファイトがあります。

チケット料金


VIP席 40,000円 ※柵内席・記念品・パンフレット付き
SRS席 20,000円 ※パンフレット付き
RS席 13,000円
S席 7000円
A席 5000円
※当日は500円アップ
※VIP席はコンプライアンス尊守のため身元の確認が必要となります。

チケット販売所


チケットぴあ Pコード833-486
出場各ジム道場

お問い合わせ


アーネストホーストジムJAPAN 052-936-5908  info@hoostgym.jp http://www.hoostcup.com/

Home > NEWS > ホーストカップ > 裕樹と谷山佳菜子が対談。関西の格闘技活性化に使命感:10.2 大阪

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について