Home > NEWS > グラップリング > 菊田早苗×ヘンゾ・グレイシー、ADCCで約20年ぶり激突:9.22-24 フィンランド

菊田早苗×ヘンゾ・グレイシー、ADCCで約20年ぶり激突:9.22-24 フィンランド

 グラップリングの世界最高峰のトーナメント大会「ADCC SUBMISSION FIGHTING WORLD CHAMPIONSHIP 2017」(9月22日~9月24日(現地時間) フィンランド・ヘルシンキ)のスーパーファイトで、菊田早苗(GRABAKA)がヘンゾ・グレイシーと対戦することが決まった。ADCC Asiaが発表した。
 両者は98年3月のPRIDE.2で対戦し、50分以上のファイトを繰り広げ、ヘンゾがギロチンで一本勝ち。01年のADCC世界大会の-88kg級では、ヘンゾを一回戦で破ったクリス・ブラウンに菊田が準決勝で勝利し、決勝ではサウロ・ヒベイロを破り日本人で唯一優勝を果たし、“寝技世界一”の異名を得ることなった。
 ヘンゾは14年11月、カリフォルニアのメタモリスで桜庭和志とPRIDE.10以来14年ぶりにグラップリングマッチで対戦し、20分時間切れドローに終わっている。
 今回、ヘンゾと対戦が決まっていたマット・ヒューズの交通事故により、数名の対戦候補の中から菊田が選ばれたという。現在、菊田は45歳、ヘンゾは50歳。約20年前ぶり、円熟味を増した2人の激突の行方は。(※写真は13年10月、GRABAKA自主興行で成瀬昌由と対戦した際の菊田)


大会名: ADCC Submission Fighting World Championship 2017
日時 : 9月22日-9月24日 フィンランド国ヘルシンキ市
開催場所 : Espoo Metro Areena in Espoo
男子6階級 、女子2階級によるトーナメント及び スーパーファイト3試合を実施
http://adcombat.com/adcc-submission-fighting-world-championship-2017/


Home > NEWS > グラップリング > 菊田早苗×ヘンゾ・グレイシー、ADCCで約20年ぶり激突:9.22-24 フィンランド

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について