Home > NEWS > GLORY > 初の日本大会発表会見にアーツ、シュルトら登場:12.2 幕張

初の日本大会発表会見にアーツ、シュルトら登場:12.2 幕張

 グローリー初の日本大会「GLORY 4 Tokyo - GRAND SLAM - Heavyweight」が12月2日(日)千葉・幕張メッセで開催されることが決まった。20日の発表記者会見には、ヘビー級16人1DAYトーナメントに出場するピーター・アーツ、セーム・シュルト、レミー・ボンヤスキーをはじめ、武蔵氏やタレントの指原莉乃さんも登場した。
 ヘビー級16人1DAYトーナメント「GRAND SLAM HEAVYWEIGHT」は、上記の3人の他、ジェロム・レ・バンナ、エロール・ジマーマン、グーカン・サキ、セルゲイ・ハリトーノフらが出場予定。日本勢には3枠が予定されており、メンバーは後日発表される。トーナメント一回戦、準々決勝、準決勝が2分3R。最初の2Rでポイントで勝てば、3R目を戦わず勝者になれるため、事実上2分2R(延長1R)制といえる。決勝は3分3Rで行われる。初の日本大会の会場は幕張メッセの9〜11ホールを使用し、収容人数は17000人。シンガポールのマーケティング企業「トータルスポーツアジア(TSA)」の子会社「グローリースポーツインターナショナル(GSI)」が主催し、日本の株式会社Gエンターテイメントが運営を行う。

左からバス・ブーン氏、武蔵氏、ピエール・アンドゥランド氏、マーカス・ルアー氏

 20日の開催発表記者会見で使われた会場は、代々木公園のアイアシアタートーキョー。元は渋谷マッスルシアターだった場所の、800席近くある広々とした劇場で、近年の日本格闘技界では異例の豪華な会見となった。映画館のような音響と大画面で、グローリーの試合映像を使った紹介VTRが流された後、グローリースポーツインターナショナル(GSI)のナンバー1にあたるピエール・アンドゥランド [Pierre Andurand] チェアマンが登場した。
 
 アンドゥランド氏は元々はゴールドマンサックスやバンク・オブ・アメリカのトレーダーで、2008年にロンドンで立ち上げたヘッジファンド「ブルーゴールド・キャピタル」では、ピーク時に24億ドルもの資産を運用していたという。かつてはフランスの水泳選手だったが、ここ10年ほどキックボクシング、ムエタイ、少林武術を習い、特にキックに情熱を傾けてきたという。GSIの主要な出資者はアンドゥランド氏と前述のTSAで、総額は3000万ドル(約23億円)以上。グローリーへの出資理由についてアンドゥランド氏は「昨年、この競技の置かれた状況を見たとき、ファンとしてやるせなく、悲痛な思いを味わいました。しかしその一方で、ビジネスマンとして、これば絶好のチャンスだと考えたのです」と話し、旧K-1の経営難が大きなきっかけだったことを明かす。アンドゥランド氏に続き登壇したGSIのマーカス・ルアー・マネージングディレクター兼CEOは、TSAで10年前にプロレスのWWEの日本大会を手がけていたという。



 続いて登場したのはヘビー級16人1DAYトーナメントに出場するピーター・アーツ、セーム・シュルト、レミー・ボンヤスキー、そして東京大会のオフィシャルコメンテイターに就任した武蔵氏の4人。アーツは「トーナメントはいろんな選手と戦えるのでうれしい」、シュルトは「空手の大会のように、たくさんのラウンドが戦える大会になる」、ボンヤスキーは「トーナメントは誰が勝つかわからないので楽しみです」とコメントした。さらに「GLORY 2」10月6日 ベルギー大会に出場するファビアーノ・サイクロン(TARGET)とコウイチ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット)、「GLORY 3」11月3日 ローマ大会に出場する佐藤嘉洋(名古屋JKF)も登場。アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さんもゲストとして来場し、アーツにお姫様抱っこをされるなど、華やかな会見となった。大会のテレビ中継についての発表は無かったが、広くグローリーの名をアピールするには絶好の演出だったいえよう。

 なお、今後のグローリーでは、ヘビー級以外でも70kg級でも16人トーナメントの「GRAND SLAM」を開催するが、その他の65kg級、77kg級、85kg級、95kg級では、従来通りの8人トーナメントの「SLAM」を開催。トーナメントの無いワンマッチだけの大会も行い、来年のグローリーは14大会を予定している。グローリーへの出場者を発掘する「Road To GLORY」という地方イベントもスタートし、アメリカや日本で開催を予定。来年は「Road To GLORY」以外でも少なくとも3大会を東京で開催するという。この日の会見場にはKrush、RISE、REBELS、新日本キック、パンクラス等の国内プロモーターの首脳陣も来場しており、良好な関係をキープしながら選手を発掘していきそうだ。幕張大会でも「Road To GLORY」枠の試合が組まれる。さらに、成績に基づいて自動的に点数が計算されるランキング制度の導入や、独自の選手育成のためのトレーニングセンターも世界数カ所に設置する予定だ。

出場予定選手


セーム・シュルト(オランダ)
ピーター・アーツ(オランダ)
レミー・ボンヤスキー(オランダ)
グーカン・サキ(オランダ)
エロール・ジマーマン(オランダ)
ジェロム・レ・バンナ(フランス)
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)
フィリップ・ヴェルリンデン [Filip Verlinden](ベルギー)
イスマエル・ロント [Ismael Londt](スリナム)
アンダーソン・“ブラドック”・シルバ(ブラジル)
ブライス・ギドン [Brice Guidon](フランス)
ジャマール・ベン・サディック [Jamal Ben Saddik](モロッコ)
イゴール・ユルコビッチ [Igor Jurkovic](クロアチア)
タイロン・スポーン(オランダ)

スケジュール


開場・13:00
オープニングファイト開始・13:30 Road to GLORY開始・14:00
トーナメント開始・15:00

チケット料金


RRS席 100,000円
SRS席 30,000円
RS席 20,000円
SS席 15,000円
S席 10,000円
A席 7,000円

チケット発売日程


9月21日(金)10:00~10月10日(水)23:59 Gエンターテイメントウェブサイト http://g-enter.jp/
9月28日(金)10:00~10月4日(木)23:59 チケットぴあ(いち早プレリザーブ)icon、イープラス(先着先行)
10月5日(金)10:00~10月10日(水)23:59 チケットぴあ(プレリザーブ)
10月14日(日)10:00~ 一般発売

チケット販売所


Gエンターテイメントウェブサイト http://g-enter.jp/
チケットぴあ(Pコード822-392)(Web予約)icon
イープラス
ローソンチケット

お問い合わせ


GLORY 4 Tokyo チケットインフォメーション 03-5919-0591(平日11:00~17:00)
Gエンターテイメント 03-3455-2297  http://g-enter.jp/

Home > NEWS > GLORY > 初の日本大会発表会見にアーツ、シュルトら登場:12.2 幕張

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について