Home > NEWS > 巌流島 > 菊野克紀、140kgのアンブリッツと対戦。シュレックはモンゴル相撲と:5.6 舞浜

菊野克紀、140kgのアンブリッツと対戦。シュレックはモンゴル相撲と:5.6 舞浜

 巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA(5月6日(土) 千葉・舞浜アンフィシアター)の対戦カードが発表された。菊野克紀は約2倍の140kg近いジミー・アンブリッツと対戦。無差別級の試合は自ら志願したといい「デカい奴に勝てないという劣等感に打ち克つ」と話す。初参戦の関根“シュレック”秀樹はモンゴル相撲もバル・ハーンと、吉田善行はムエタイのクンタップと戦う。


 アンブリッツは米国のケージMMA大会・KOTCの元スーパーヘビー級王者。日本ではロン・ウォーターマンと引き分け、ジョシュ・バーネット、ジェロム・レ・バンナ、セルゲイ・ハリトーノフ、ミノワマンに敗れている。15年7月の巌流島両国大会で元大相撲小結の海鵬と戦い、2R一本勝ちして以来の巌流島参戦。3月20日で40歳になる。シャードッグのデータを見るとまだ現役で、15年、16年に1試合ずつして、いずれも1Rで敗れているが、体格差は菊野にとって脅威となる。
 今回、菊野と小見川道大は巌流島での無差別級の試合を志願したとのこと。小見川の相手は最終調整中で、100kg以上の打撃系選手を予定している。17日、東京都江東区の清澄庭園での会見で、谷川貞治プロデューサーは「僕が昔(K-1で)やっていた“モンスター路線”と違ってリアリティに注意したカードになる。体格差が大きいと危ないのでルールを調整する。ヘッドロックや、頭から落とすのはやめたほうがいいかもしれない」と、安全面に配慮する考えを示している。



◆菊野克紀(フリー/巌流島全アジア武術選手権'16優勝、元DEEPライト級王者/沖縄拳法空手)
 僕にとって巌流島は挑戦する場です。巌流島初参戦に挑戦して(昨年7月にクンタップを4秒KO)、トーナメントに挑戦して(昨年10月の8人トーナメント優勝)、リベンジに挑戦して(1月大会でUFCでKO負けした相手であるケビン・ソウザにKO勝ち)、そして今回、無差別の戦いに挑戦します。昔からデカい相手には劣等感があります。勝てないんじゃないかと怖い気持ちがあります。その弱い気持ちに挑戦したいと思っています。
 谷川さんに無差別をやりたいと言った時、小見川さんもやると聞いて、同じこと考えてんだなあと、驚きとうれしさがありました。
 空手と柔道時代にデカい選手に勝ったことも負けたこともありますし、顔面打撃もあるとなると、体の重さは威力であり防御力にもなります。140kgの選手に打撃が効くのか?ガード越しでも相手の打撃が効かされるのでは?つかまれて上になってボコボコになるのでは?考えれば考えるほど難しいと思います。だけど、だからこそ意味があるというか。『怖い』ということが『戦う』ことだと思うので、デカい奴に勝てないという劣等感に打ち克ち、デカいやつから逃げないというところを自分に示したいです。



(アンブリッツの印象)彼もMMAファイターで打撃も寝技もやってくるので、デクノボウでは全くなくて、ちゃんとしたMMAも何戦もしてますから、今までテレビでやってきた無差別の試合とは違う試合になると思います。必死でトレーニングをしています、結局、試合で心がビビったら何もできないので、こっちが圧倒するぐらいの気持ちで行きたいです。

◆小見川道大(NEO JUDO ACADEMEY 小見川道場/巌流島全アジア武術選手権'16準優勝/柔道)
 今回、無差別級をお願いして組んでいただいて、相手は発表できないですけど、巌流島ならではの試合になると思うんで、今までやってきた全てを出し切って、最高のパフォーマンスを披露したいです。
 もともと小学校から柔道をやって、小学校は体重制限が無く、中学で無差別で県3位まで行き、高校でも団体戦でレギュラーをやり、大学でも全日本を目指して無差別で挑戦してきました。今、柔道場をやっているので、大きい人に立ち向かう姿を子供たちに見せたいと思い、無差別でやりたいと思いました。
 無差別だと自分の技をどう生かすのか考えるだけでも楽しいしワクワクします。どうなっちゃうんだろう俺… 俺どうしちゃうんだろう…、と思うと楽しみですね。体の大きい選手のパンチをいかにかいくぐって、つかんで、投げるかが僕の戦いです。ぜひ体の大きいやつを巴投げで投げたいです。


無差別級(寝技30秒・関節技・絞め技あり) 3分3R
関根“シュレック”秀樹(ブルテリアボンサイ/ブラジリアン柔術)
バル・ハーン(モンゴル/モンゴル相撲)

◆関根
 柔術の技はもちろん、学生まで学んでいた柔道、現在習っているボクシング等全てを出して勝ちたいと思います。(特別ルールで)寝技は30秒できるので、十分極められると思っております。
(巌流島の印象)何試合か見たんですけど、昔の異種格闘技戦のような、カポエィラ対カマキリ拳法とか、それぞれのバックボーンを活かした闘いが、今のMMAと違った形ではっきり出るので、ファンとして面白いと思っています。闘技場もケージやリングじゃないですから、相手もMMAファイターじゃない闘い方をしてくると思いますので、自分もバックボーンを活かした闘いができるんじゃないかと思っています。
(ハル・ハーンの印象)モンゴル相撲の大関と聞きました。押し出しもあるということで、圧力がいかほどか興味があります。学生まで柔道をやっていたので、襟でコントロールはできますけど、巌流島は道着に袖が無いので、どうなるかわからないです。向こうが20cm、20kgも大きいので、下になった時に寝技が通じるかは、柔術で大きい人間とやってもできているんで大丈夫だとは思いますけど、対峙したときの最初のコンタクトを大事に戦いたいです。
(菊野・小見川が大きい相手と戦うことについて)道場とかで手の内がわかっているもの同士だと、大きさは絶対的な強みになります。でも試合は出たとこ勝負の初顔合わせですし、MMAで慣れたケージやリングじゃない状況で、自ら何が出せるかは、最終的に精神面や腹のくくり方が重要だと思います。自分も普段のスパーリングで打撃を食らうことがありますが、必ずしも重い打撃が相手の意識を刈り取るとは限らないんですね。軽い打撃でもボディやテンプルといった急所に当たれば、わずかの力でも苦しい。前回(菊野のソウザ戦で)有名になった“神の手”のように、見えないところから飛んでくる打撃には耐えることができません。小さい選手が大きい選手を倒すことは可能です。


75kg契約 3分3R
吉田善行(RIGHT THING ACADEMY/元ケージフォース・ウェルター級王者/柔道)
クンタップ・チャロンチャイ(タイ/元WMC世界ウェルター級王者/ムエタイ)

◆吉田
 柔道家の吉田です。巌流島の舞台に合うような柔道家らしい試合をします。道着をつかんで投げるとか、投げ技でもKOしたり、ダメージ与えられたり、そういう戦い方をできたらと思います
(巌流島の印象)正直あんまり見ていないんですけど、異種格闘技戦ですね、昔のUFCのような。武道らしさ等を前面的に出した、エンターテイメント性も出すような舞台かなと思っています。
(クンタップの印象)ムエタイの素晴らしい選手で、膝や蹴り技が素晴らしいと思います、自分がどうやって戦えば勝てるか想像できないですけど、自分らしい闘いをして勝ちたいです。

◆クンタップ
 今回75kgで、相手デカいけど頑張ります。巌流島ルールだったら絶対負けないです。

80kg契約 3分3R
鈴木信達(MMA空手道場 鷹/元ONEウェルター級王者/実戦空手)
マーカス・レロ・アウレリオ(ブラジル/カポエイラ)

◆鈴木(※会見欠席のためビデオメッセージが上映された)
 レロ選手は蹴りの旋回能力がとても高く、私もすごく気を付けて闘わなければと思っています。巌流島のファンの方々が望むようなロマンある闘いをしたいです。子供たちには折れない心で空手家らしい闘いを見せて勇気づけられたらと思います。押忍!

対戦カード


無差別級 3分3R
菊野克紀(フリー/巌流島全アジア武術選手権'16優勝、DEEPライト級王者/沖縄拳法空手)
ジミー・アンブリッツ(米国/MMA)

無差別級 3分3R
小見川道大(NEO JUDO ACADEMEY 小見川道場/巌流島全アジア武術選手権'16準優勝/柔道)
未定(※100kg以上の打撃系選手を予定)

80kg契約 3分3R
鈴木信達(MMA空手道場 鷹/元ONEウェルター級王者/実戦空手)
マーカス・レロ・アウレリオ(ブラジル/カポエイラ)

無差別級 3分3R
関根“シュレック”秀樹(ブルテリアボンサイ/ブラジリアン柔術)
バル・ハーン(モンゴル/モンゴル相撲)

75kg契約 3分3R
吉田善行(RIGHT THING ACADEMY/元ケージフォース・ウェルター級王者/柔道)
クンタップ・チャロンチャイ(タイ/元WMC世界ウェルター級王者/ムエタイ)


ルール概要


 オープンフィンガーグローブ、袖なしの道着を着用。グラウンドは15秒以内。関節技・絞め技は立った状態のみ可能。直径8メートルの土俵型の試合場から相手を1Rに3回落としても勝ちとなる。一緒に落ちた場合は転落と認められない。試合時間は3分3R。

スケジュール


開場・15:30 開始・16:30 終了・20:00(予定)

中継


CS放送「フジテレビONE」で生中継

会場アクセス


舞浜アンフィシアター JR京葉線・武蔵野線「舞浜」徒歩10分

チケット料金


SRS席 (3列目~9列目) 10,000円
S席 (10列目~17列目) 12,000円
A席 (18列目~24列目) 6,000円
A席 (18列目~24列目) 中学生〜大学生 4,000円
A席 (18列目~24列目) 小学生以下 2,000円
※SRSよりS席が見やすいため、価格を高めに設定しています。
※未就学児童のヒザ上の観戦は無料となります。

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999 http://w.pia.jp/t/ganryujima/
イープラス http://eplus.jp/gan/
ローソンチケット http://L-tike.com/sports/ganryujima
巌流島オフィシャルサイト http://www.ganryujima.jp/

お問い合わせ


巌流島実行委員会 03-6721-8700  info@ganryujima.jp/  http://www.ganryujima.jp/

Home > NEWS > 巌流島 > 菊野克紀、140kgのアンブリッツと対戦。シュレックはモンゴル相撲と:5.6 舞浜

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ