Home > NEWS > Fighting Nexus > 11.15 新木場 遠藤勇樹×高橋剛の結果をノーコンテストに変更

11.15 新木場 遠藤勇樹×高橋剛の結果をノーコンテストに変更

 Fighting NEXUS Vol.4(11月15日(日) 東京・新木場1stRING)で行われたフライ級・遠藤勇樹(和術慧舟會HEARTS)vs. 高橋剛(天道會/TEAM ST)の結果が、1R 0'15" 遠藤のTKO勝ちから、ノーコンテストに変更となった。決着前の遠藤の蹴りがローブローだったと高橋陣営が提訴し、主催者が「試合結果に影響を及ぼす重大な事実誤認があった」と認めた。以下は主催者の回答文。
2015年12月15日

大林史朗 殿  幕大輔 殿  高橋剛 殿

2015年11月15日新木場1stRING大会トリプルメインイベント第1試合
遠藤勇樹vs高橋剛戦の提訴についての回答


Fighting NEXUS実行委員会代表 山田 峻平


標記の試合について、高橋剛選手陣営から提出された異議申立ての主張は次の通りである。

1. レフェリーの事実誤認:標記の試合において、1R0:10頃に遠藤選手が放ったキック攻撃をレフェリーは正当な攻撃と見なして試合を続行させたが、高橋選手の金的部分に当たっており、すなわち反則行為に該当する。またその金的部分への蹴りにより受けたダメージで態勢を崩したところに打撃をもらい試合が終了している。
2. 1のとおり、試合結果に影響を及ぼす重大な事実誤認があったため、裁定はノーコンテストが妥当である。

上記の主張について、審判員の見解を聴取したうえで、Fighting NEXUS実行委員会において協議した結果、下記の通り裁定し、これをもって当該提訴に対する回答とする。



1.結論
(1)事実誤認を認め、試合結果をノーコンテストに変更する。

2.理由
(1)映像の検証
 実行委員会は、1名の審判員、1名の実行委員からの見解を聴取し、次の観点から映像を確認した。
1 遠藤選手のキック攻撃はローブローであったか。
2 遠藤選手のキック攻撃がローブローであったとしてそのダメージは試合を中断させるほどであったか。
検証した結果は次のとおりである。
①足の甲が金的部分にヒットしておりローブローであったと認められる。
②正面からはっきりとヒットしており、キック攻撃を受けた瞬間の高橋選手の態勢、表情の崩れを見る限り試合を中断すべきであったと認められる。

3.審議の結果
(1) この試合は当該反則行為があった時点で試合を一時中断し、ルールに基づいた処置をとる必要があったが、レフェリーは試合を続行させ、正常な状態で競技されていなかった。またその直後に高橋選手が受けたパンチ攻撃により試合が終了する要因となっている。したがって、誠に遺憾ながら、標記試合を不成立とし、試合結果をノーコンテストに変更する。

以上

Home > NEWS > Fighting Nexus > 11.15 新木場 遠藤勇樹×高橋剛の結果をノーコンテストに変更

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について