Home > NEWS > DEEP > 前田吉朗、DJ.taiki、白井祐矢が公開練習で抱負:4.26 TDC

前田吉朗、DJ.taiki、白井祐矢が公開練習で抱負:4.26 TDC

 イーストアンドウエストpresents DEEP 62 IMPACT(4月26日(金) TDCホール)でDEEPバンタム級王座戦を行う前田吉朗(パンクラス稲垣組/王者)とDJ.taiki(フリー/挑戦者)、ウェルター級王座防衛戦を行う白井祐矢(TRIBE TOKYO M.M.A)が19日、東京・北新宿のDEEPジムで公開練習と記者会見を行った。DJは格闘技中心の生活での試合は今回が最後になることを明かしたが、それを聞いた前田は「今回、彼、負けるじゃないですか。それで社会生活に準ずるのもいいんじゃないですか」と冷たく語り、「そういうのをわかった上で、粉砕しますよ」と宣言した。

DJ.taiki「次の試合が“プロ格闘家”としては最後の試合です」



――なぜ今日は公開練習はオタ芸だったんでしょう?
DJ「正直、ダンレボ(ダンスダンスレボリューション)のほうが自信あるんですけど、ゲーセンでしかできないし、場所をDEEPジムに指定されちゃったんで、じゃあオタ芸にするかって感じですね。でもおフザケ無しで、ダンレボはスタミナと下半身のトレーニングで、上半身はオタ芸なんで。今日は間違えないよう難易度の低い技をやったんですけど、難易度の高い技だったらセンターバレットとか、ドラゴンスピアとか、マジで疲れるんで、本気でトレーニングと思ってやってます」

――(苦笑しながら)どれぐらいの頻度ですか?
DJ「基本的に毎日、ダンレボは週2ぐらいですかね」

――なぜ曲はAKB48の「ポニーテールとシュシュ」で?
DJ「オタ芸で検索して一番出てくるのがあれだったんで。何でもいいんですけどね。ただ、ゆかりん(田村ゆかり)の曲でやったら、王国民に怒られるかなと思って。声優系って結構オタ芸禁止だったりするんで。ブログが炎上とかしたら怖いんでね」

―― …で、今回は悲願のタイトルマッチであり、前田吉朗選手とは3度目の対戦ですが、どうですか?
DJ「最近は勝ってなかったし、UFCも目指してたし、連戦で怪我できなかったんで、勝ち優先だったんですけど、ちょっと色々あって、今回は勝ちよりも内容を重視しようかな、っていう。向こうの協力も必要ですけど、一番インパクトのある試合をしたいです。ぶっ壊れてもいいです。間違いなくDJ.taikiの今までで一番面白い試合になると思います。プロになって初めてそういう試合をしようと思ったんで」

――『色々あって』というのは?
DJ「次の試合が“プロ格闘家”としては最後の試合です。引退とは言わないです。気が向いたら試合するんで。でも“プロ”としては最後になると思います」

――アマチュアなら出るということですか?
DJ「いや、格闘技だけに集中できなくなってるんで、リタイア後の人生に向けて動き出すということですね」

――バイトとかをせず専業でやってる期間はどれくらいあったんですか?
DJ「なんで就職せずバイトで生活してるかと言ったら、格闘技のためで、バイトしながらってのはずっとですね。これからは(格闘技と仕事の比重が)逆になるという感じなんですけど」

――タイトルマッチで勝って、状況が変わったとしてもその気持ちは変わりませんか?
DJ「正直、格闘技のマーケットが凄く小さくなってるじゃないですか。現実的に考えると、勝っても厳しいかなってありますね」

――最近の前田選手の印象は?
DJ「寝技に特化してるなって感じはあるんですけど、今の格闘技、勝つだけじゃ、しょうがないんですよね。たぶん、北岡さんの試合の前のセミだと思うんですけど、手売り(選手経由のチケット購入)のお客さんが多い状況ですと、僕の試合の頃には客がかなり少なくなってると思うんですよ。僕の前の試合の終わった選手が、自分の連れてきたお客さんに『ありがとうございました』とお礼の挨拶をしてても、振り向かせる試合がしたいですね。もう、最後の抵抗ですよ、ファイターとしての。悔しいんで、そういうのは。まあ、相手も勝ちたいから塩漬けにするのは仕方ないですけど、悔しくねえのか?だいぶお客さん減ってるぞ!って。たぶん9時超えてるだろうし、目に見えてますよ。ロビーに出ようとしてるお客さんを連れ戻すぐらいのファイトしようぜって思いますね。それが彼に対してのメッセージですね。もう、障害持つ覚悟でリング上がります」

――前田選手との過去2戦は意識しますか?
DJ「相手の研究で過去2戦を見てて、相手よりまず、自分の動きがキレッキレで、やっぱり20代には勝てないな、って。それも今回の心境につながったんですけど。2戦目は明らかに相手が勝ちに来てたし、仕方ないですけど、それだったら今回は極めるか倒すかして欲しいですね」

前田吉朗「意気込みはわかった上で、粉砕しますよ」



――防衛戦を前にどういう気持ちでしょうか?
前田「順調に仕上がったんですけど、タイトルマッチ以上に、絶対負けたくない、やっつけたい相手なんで、精神面が凄く出来上がっとんで、大丈夫です」

――『やっつけたい』気持ちはどういうところからでしょう?
前田「そもそも、人間的な所なんですよね。合わないんでしょうね。苦手なタイプなんで。こんな奴には、ってのがあるんで」

――最近のDJ選手の試合を見てどう思いますか?
前田「昔はストライカーというイメージがあったんですけど、打撃に自信を持っとる総合の選手ってイメージですよね。でも他もちゃんとできるし、選手として、成熟はしてる感じですよね」

――DJ選手は前田選手と同じくDEEPジムやTRIBEに出稽古していたこともありますが、一緒に練習したことはありますか?
前田「TRIBEで何回か。選手としては普通に練習してましたけど、煽りVTRとか観てるとムカついてきましたよね」

――さっきのインタビューでDJ選手は、『ロビーに出ようとしてるお客さんを連れ戻すぐらいのファイトをしよう』と言ってました。
前田「できるんすか?僕はいっつも面白い試合するんで大丈夫です」

――DJ選手との過去2戦は意識しますか?
前田「全然です。全く違う選手とやるイメージですね。時間も経ってるし、お互いやってきたこともあるんで」

――さっきDJ選手は、格闘技中心の生活での試合は今回が最後という話をしていました。
前田「僕は関係ないことなんで。今回、彼、負けるじゃないですか。それで社会生活に準ずるのもいいんじゃないですか。…確かにDJがラストチャンスみたいな感じでやってると思うんで、凄い意気込みみたいのはあると思います。そういうのをわかった上で、粉砕しますよ」

――TRIBEで一緒に練習する白井選手も防衛戦ですね。
前田「白井選手は日本のウェルター級を代表する選手やと思うんですよ。相手も凄い危ない奴なんで、しんどい試合になると思うんですけど、日本のウェルター級代表の戦いやと思うんで、みんな自信を持って見守ってほしいですね」


白井祐矢「しのいでしのいで、削って、自分のやるべきことを貫くイメージ」



――防衛戦を前にどういう気持ちでしょうか?
白井「相手も強豪なんで、しっかり仕上げたつもりなんで、バッチリ勝てると思います。日本でやるのは僕の利点なんで、勝たなきゃいけない戦いですね」

――初参戦のダン・ホーンバックルとの戦いで、いきなりタイトルがかかったことはどうですか?
白井「シゲル・サエキ(DEEP代表)の考えなんで、言われたら『わかりました』とやるしかないですね。他の選手にとってはどうかわからないですけど、名前も実績もあるし、僕的には気持ちが入りますね」

――最近のホーンバックルの映像は見ましたか?
白井「2月ぐらいのやつは見ました。やっぱり最初と2R目ぐらいまではスピードもあるし、蹴りが走ってるイメージがあるんで、気を付けたいですね」

――長期戦に持ち込みたい?
白井「そうですね。しのいでしのいで、削って、自分のやるべきことを貫くイメージで、その中で一本やKOも狙えればいいと思います」

――今回は世界にアピールするチャンスにもなりますね。
白井「これで勝てばDEEPの評価も上がると思いますね」



対戦カード


DEEPライト級タイトルマッチ 5分3R
中村大介(U-FILE CAMP/王者)
北岡 悟(LOTUS/挑戦者、元戦極ライト級王者)

DEEPバンタム級タイトルマッチ 5分3R
前田吉朗(パンクラス稲垣組/王者)
DJ.taiki(フリー/挑戦者)

DEEPウェルター級タイトルマッチ 5分3R
白井祐矢(TRIBE TOKYO M.M.A/王者)
ダン・ホーンバックル(米国/アメリカン・トップチーム/挑戦者)

DEEPフライ級王座次期挑戦者決定戦 5分3R
和田竜光(吉田道場)
中村優作(総合格闘技スタジオSTYLE)

肘有り特別ルール バンタム級
金原正徳(パラエストラ八王子/元SRCフェザー級王者)
ウェイド・チョーテ [Wade Choate](米国/セントラルイリノイ・コンバットクラブ)

ウェルター級
郷野聡寛(フリー)
奥野“轟天”泰舗(CAVE)

バンタム級
大塚隆史(AACC/元DEEPバンタム級&フェザー級王者)
釜谷 真(Honey Trap)

バンタム級
戸井田カツヤ(和術慧舟會トイカツ道場
赤尾セイジ(NEX)

フェザー級
津田勝憲(総合格闘技津田沼道場)
志土地翔大(高田道場)

バンタム級
遠藤大翼(和術慧舟會駿河道場)
小林聖人(総合格闘技津田沼道場)

バンタム級
宮川博孝(ALLIANCE)
恒村俊範(GRABAKA)

フェザー級
梅田恒介(R-BLOOD)
エドワード松浦(米国/フリー)

オープニングファイト フライ級
蛭川高重(TRIBE TOKYO M.M.A)
清田秀樹(キングダム・エルガイツ)

オープニングファイト ウェルター級
勝木星太(蒼天塾横浜)
新里佳彦(総合格闘技道場MAKUGAN)

スケジュール


開場・17:00  オープニングファイト開始・17:30  本戦開始・18:00

チケット料金


VIP席(最前列) ¥20,000 (完売)
SRS席 ¥10,000
アリーナ席 ¥8,000
パノラマ席(第1バルコニー) ¥10,000
S席(第2バルコニー) ¥8,000
A席(第3バルコニー) ¥6,000 (完売)
※当日¥500UP
※当日は別途ドリンク代(¥500)がかかります。
※未就学児は保護者膝上に限り無料

チケット販売所


イープラス http://eplus.jp/battle/
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-750)(Webで予約する)icon
ローソンチケット(Lコード:36061)
後楽園ホール 03-5800-9999
書泉グランデ 03-3295-0011
チケット&トラベルT-1 03-5275-2778
DEEP事務局 052-339-0303 http://www.deep2001.com/

お問い合わせ


DEEP事務局 052-339-0303 http://www.deep2001.com/ 

Home > NEWS > DEEP > 前田吉朗、DJ.taiki、白井祐矢が公開練習で抱負:4.26 TDC

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について