Home > NEWS > DEEP > パンクラスとの対抗戦第1弾・中村大介×伊藤崇文が決定:10.19 後楽園

パンクラスとの対抗戦第1弾・中村大介×伊藤崇文が決定:10.19 後楽園

 イーストアンドウエストpresents DEEP 60 IMPACT(10月19日(金) 後楽園ホール)から、DEEPとパンクラスの対抗戦がスタートする。その第1弾として中村大介(U-FILE CAMP/DEEPライト級王者)vs. 伊藤崇文(パンクラスism/パンクラス・ライト級8位)が組まれた。なお、佐伯繁DEEP代表はパンクラスのスーパーバイザーを辞任したことを明らかにした。
佐伯氏(左)と酒井氏
 佐伯氏は6月のパンクラス新体制発足時にスーパーバイザーに就任したが、9月10日の会見では「パンクラスの大会が順調に進む中で、逆に自分がいるとやりにくいのではと思いました。酒井(正和・パンクラス新代表)さんの新体制の方向性とも考えが多少違うので、運営から僕は身を引きました」と発言。就任わずか2か月後の8月5日の有明大会から、既に本部席を離れてリングサイド席で観戦し、パンクラスから距離を置いていたことも明かした。
 
 酒井氏が隣にいる記者会見中は、辞任の経緯について多くを語らなかったが、単独の囲み取材で佐伯氏は「パンクラスの内部に入って、僕にとっても勉強になりました。スポンサーを含め(パンクラス関係者の)パンクラス愛を感じ、正直、ジェラシーを感じました」「自分も12年この業界にいて、酒井さんのやり方が違うと思う部分があるので、それをこれから証明したいです。見えないライバル心がガチであるし、それを証明するのは対抗戦で勝つしかないと思います」とコメントした。
 
 酒井氏も単独の囲み取材で「ぶっちゃけ言うと、パンクラスは格闘技業界でガラパゴス的存在になりたいと思っています。格闘技界のこれまでの背景は関係なく、選手が自由に戦えるフィールドでなきゃいけない、中立的な立ち位置をキープしたいと思いました」と発言。酒井氏の言うガラパゴスとは中立という意味に近く、主に新生パンクラスの業界内でのスタンスについて、考えの相違があったことを示唆した。

 佐伯氏はパンクラスのフロントを離れるが、逆に今後は両プロモーションの選手の行き来が活発化し、ファンにとっては見ごたえのあるカードが増えそうだ。佐伯氏は「もうパンクラスも安泰かと思うので、潰しに行く。来年パンクラスは20周年ですが、20周年を迎えさせない」、酒井氏は「新体制に移行して、私のビジョンも一個一個できている。DEEPとパンクラスが潰し合いのステージに入った」と、揃って「潰す」という表現を使っているが、あくまでリングの中での話。アマチュア部門で両団体が統合したJML(ジャパンMMAライセンス)でも連携を継続し、良い形での競争関係が維持されそうだ。

中村(左)と伊藤
 対抗戦第1弾として組まれたのは中村大介(U-FILE CAMP/DEEPライト級王者)vs. 伊藤崇文(パンクラスism/パンクラス・ライト級8位)の一戦。伊藤は10年前のDEEP有明コロシアム大会に乗り込み、当時修斗ウェルター級1位だった三島☆ド根性ノ助と戦い、わずか53秒で腕十字で一本負けしている。酒井代表も「過去のことも考え、対抗戦は伊藤選手しか無いと思った」と、三島戦から連なるDEEPとのストーリーが念頭にあったことを明かす。
 
 伊藤本人は三島戦との心境の違いについて聞かれると「そういう心境じゃないけど、対抗戦は普通の試合とは一味違うというのは感じてますね。緊張感が違いますし、その一発目で選ばれるのはうれしいです」とコメント。佐伯氏が「うちはチャンピオンの中村を当てて、リスキーですが、自信を持っています。絶対に負けはないです」と豪語すると、伊藤は「負ける前提で佐伯さんが話をするので腹が立ってきました。酒井社長と勝って一緒に笑いたいです」と対抗心をむき出しにした。

 一方の中村は「同じU系のジムの大先輩とやるときは緊張します。思いっきりぶつかっていきたいです。チャンピオンが負けるとDEEPのレベルが下と見られてしまうので、チャンピオンとして絶対に負けられないです」と抱負を語った。

対戦カード


DEEPライトヘビー級タイトルマッチ 5分3R
中西良行(TRIBE TOKYO M.M.A/王者)
悠羽輝(TEAM TACKLER/挑戦者)

ミドル級
桜井隆多(R-BLOOD/元DEEPミドル級王者)
中村和裕(吉田道場)

ライト級
菊野克紀(ALLIANCE/元DEEPライト級王者)
岸本泰昭(総合格闘技道場コブラ会)

DEEP vs パンクラス対抗戦 ライト級
中村大介(U-FILE CAMP/DEEPライト級王者)
伊藤崇文(パンクラスism/パンクラス・ライト級8位)

フェザー級
昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)
チェ・ドゥホ(韓国/CMA KOREA)

バンタム級
DJ.taiki(フリー)
北田俊亮(パラエストラ千葉)

バンタム級
大塚隆史(AACC)
直撃我聞(フリー)

長谷川秀彦(アカデミア・アーザ水道橋)
川中孝浩(BRAVE)

寒川直喜(バンゲリングベイ・スピリット)
飛鷺輝(X-FORCE)

川崎泰裕(R-BLOOD)
濱村 健(Honey Trap)

大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
ロクク・ダリ(Honey Trap)

フューチャーファイト
青山祐大(ALLIANCE)
芦田崇宏(BRAVE)

フューチャーファイト
風間弘太郎(GRABAKA)
鈴木隼人(BRAVE)

出場予定選手


石司晃一(Brigthness門馬道場)

スケジュール


開場・17:30  開始・18:00

チケット料金


VIP席 ¥15,000-
SRS席 ¥10,000-
A席 ¥8,000-
B席 ¥6,000-
※当日券500円アップ。

チケット販売所


e+ http://eplus.jp/battle/
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-750)(Web予約)icon
ローソンチケット(Lコード:35569)
後楽園ホール 03-5800-9999
書泉グランデ 03-3295-0011
チケット&トラベルT-1 03-5275-2778
DEEP事務局 052-339-0303 http://www.deep2001.com/

お問い合わせ


DEEP事務局 052-339-0303 http://www.deep2001.com/ 

Home > NEWS > DEEP > パンクラスとの対抗戦第1弾・中村大介×伊藤崇文が決定:10.19 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について