Home > NEWS > 空道 > 着衣総合格闘技の元祖。2017北斗旗全日本空道体力別選手権を開催:5.27 代々木

着衣総合格闘技の元祖。2017北斗旗全日本空道体力別選手権を開催:5.27 代々木

 2017北斗旗全日本空道体力別選手権大会が5月27日(土) 代々木競技場第二体育館で開催される。その見所紹介が全日本空道連盟から届いた。

左写真:昨年11月の無差別大会で優勝した野村幸汰(右)と準優勝の清水亮汰(左)。野村は260超、清水は260以下と別々のクラスで優勝を目指す。空道では身長(cm)と体重(kg)を足した「身体指数」によりクラス分けされる。
右写真:同大会準決勝での野村。投げからの突きの連打で効果を奪う。「巌流島」で着衣の総合格闘技が再び注目を浴びているが、元祖といえば空道だ。

大会見所(文・全日本空道連盟)


来年の「第5回世界大会」出場の条件として、直近の3大会(今大会、今秋の「第3回アジア選手権大会」、来春の「2018体力別」)の内、最低2大会への出場と、上位2大会での成績上位者で出場者が決定します。

見どころは、まず260超、昨年の無差別大会で優勝・最優秀に輝いた野村幸汰(札幌西)。16年体力別260超で準優勝した弱冠19歳の若武者、岩﨑大河(総本部寮生)。更には260以下クラスでは抜群の安定感を見せ14年16年と制した加藤和徳(吉祥寺)が、1階級上げて260超クラスに挑戦します。

互いが得意としている組技(投げ・寝技) vs打撃に加えて、16無差別以来、野村が打撃を岩崎が組技をどれだけ伸ばしたか?が焦点になるでしょう。とは言っても、直接打撃で自分より大きな選手との対戦には慣れていて、総合的に3人中として一番完成度の高い加藤、そのセンスの良さで、20~30になる体力差を覆すこともあるかもしれません。今大会も何人かの“越境”挑戦者がいるが、来年の世界大会を考えた場合、「その気概や良し!」としたいものです。

また、清水亮汰(16年無差別優勝、17年ワールドカップ準優勝/総本部職員)は、15年無差別で、体力差60超の野村幸汰を下して優勝しており、ましてや同じ階級なら、という所だったろう。だが、今年2月の「第2回ワールドカップ」(インド)では、「第4回世界大会」で下して準優勝した、240以下のロシアチャンピオンに、逆に、KO負けしてしまった。 無差別とは言っても、日本人相手ならそれほど体力面での不安は感じないのだろうが、世界大会となれば同じような体力数値でも、パワーは当然、動きも敏捷な選手が多い。漸く世界戦での体力の必要性にようやく目覚めたか、1階級あげて260以下クラスに出場。初めから自分の数値以上の相手と叩く今大会を通じて、手ごたえを感じて欲しいものだ。

また、社会人として豊かな歩みの傍ら、「社会体育としての空道」の実践と、「年齢を重ねてからも試合に出られる武道」の趣旨、理念に則った空道を味わいながら、「2017全日本空道シニア選抜選手権大会」もご注目をお願いしたいと思います。

概要


09:30開場  10:00開会式  10:30試合開始
※準決勝は15:00以降、決勝は16:40以降に行われる見込み

入場 一般:2,000円(高校生以下無料)(当日券のみ・前売り券はありません)

全日本空道連盟公式サイト 大会情報ページ
http://www.ku-do.jp/results/2017/pi-senior/index.html

大道塾総本部 事務局 03-5953-1860

Home > NEWS > 空道 > 着衣総合格闘技の元祖。2017北斗旗全日本空道体力別選手権を開催:5.27 代々木

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ