Home > NEWS > ボックスファイト > 保住直孝はタイ人と。全試合揃う:12.1 新宿

保住直孝はタイ人と。全試合揃う:12.1 新宿

 BOXFIGHT Vol.2(12月1日(水)新宿FACE大会)の全カードが決まった。プロボクシング元東洋太平洋ミドル級チャンピオン・保住直孝の対戦相手は、タイ人のラチャシー・シッサイトーンに決定した。ラチャシーはムエタイで165戦しており、ボクシングの試合経験もあるという。保住と戸田拳士統括プロデューサーからのコメントが主催者から届いた。
保住直孝ラチャシー・シッサイトーン

◆保住「キックボクシングでも、ボックスファイトでも、戦える場があると言う事は嬉しい事です。タイの選手でムエタイやっているのは強いですよ。以前に試合やった、ガイグライ・ゲーンノラシン(K-1)は本当にパンチが当たらなかったですよ。何とかボディ効かせて勝ちましたけどね。あれはすごかったです。相手が誰であろうと絶対に倒して勝ちますよ。俺の試合を見たら絶対に楽しんでくれると思うので、見に来てほしいですね」

◆戸田「保住選手の対戦相手がラチャシー・シッサイトーン選手に決まりました。とても面白い試合になりそうですね。BOXFIGHTに参戦してくるタイ国選手は、8月の旗揚げ戦で川中清史を倒したワラウット・フェニックスジム選手のように強い選手ばかりです。ラチャシー・シッサイトーン選手はムエタイ戦績165戦と経験豊富でパンチが強く、強気でタフな選手だと聞いています。この他にも面白いカードが11試合(全12試合)決定しております。1試合1試合が目の離せないものになると思いますので、是非会場まで見に来てほしいと思います。なお、次回は2月開催予定で、-65kg級1DAYトーナメントを予定していますので楽しみにしていてほしいです」

 セミファイナルでは、BOXFIGHT旗揚げ戦で、2009年度全日本実業団アマチュアボクシング選手権優勝の勝田邦裕を下した藍田貴義が、同選手権2008年度準優勝のフェニックス・エイジを迎え撃つ。フェニックスは、アマボクシングで13勝中12KOと驚異のKO率を誇る超ハードパンチャーで、担架で病院送りにした相手が何人もいるという。藍田のコメントも主催者から届いた。

◆藍田「ボックスファイトにも、自分達にも求められていることは、分かりやすいKO決着であって、且つレベルの高い次元で結果を出して行きたいと思っています。フェニックス・エイジ選手はかなりのハードパンチャーだと聞いているので、一瞬の気の緩みで試合は終わると思います。最後に立っているのは自分だと信じて試合に臨みます」フェニックス・エイジ選手コメント「自分は確実にプロ向き。勝利は一瞬に決まります」

Home > NEWS > ボックスファイト > 保住直孝はタイ人と。全試合揃う:12.1 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について