Home > NEWS > 全日本キック > 野良犬電撃作戦前に真弘と中村が公開練習

野良犬電撃作戦前に真弘と中村が公開練習

 全日本キック「野良犬電撃作戦」(6.22(日)後楽園ホール)に出場するフェザー級王者の山本真弘とミドル級王者の中村高明が13日、所属の藤原ジムで3分1Rの公開スパーリングを行った。真弘はワンロップ・ウィラサクレック、中村は須藤信充と対戦。二人が語る攻略プランは?
 スパーリングで中村はジャブの細かい連打を駆使し、真弘はスピードのあるコンビネーションからローやハイを放つ。両者とも切れのある動きで好調ぶりを印象付けた。
 真弘は2年前に一度KO負けしたワンロップ・ウィラサクレックと対戦。ワンロップは8日のM-1ムエタイチャレンジで真弘の先輩・前田を1Rで撃沈したばかりだ。間近でその試合を見た真弘は「自分がやんなきゃと思った」といい、闘志を一層燃え上がらせる。
 ワンロップについては「踏み込んでくるスピードが速い。下がらないように気を付ける。肘や膝は一緒だけと、ちょっとしたところが以前と変わっていた」と話す。具体的な変化については明かさなかったが、攻略の糸口は見つけた様子だ。
 2年前の自身と比べ「倒す武器が増えた。しっかり考えてやれるようになった」と成長に自信。前田戦同様、短期決着が予想されるが「向こうはそう来ると思う。4Rまでには終わらせたい」と展望を語った。

 ちなみにワンロップは、K-1 60kg級参戦を希望していることから、今回は「K-1を想定して肘は使わない」と話しているという。これを聞いた真弘は「ありがたいけど、僕は使います」とコメントした。
 師匠の藤原敏男会長は「山本がこれまで見たワンロップの試合と、今回の試合の中での攻防で、山本の戦う脳波が仕上がると思う。簡単に師匠が攻略の答えを出すわけにはいかない。戦う本人が全て熟知して戦わないといけない」と戦いの極意を語る。一瞬一瞬の攻防の中で、真弘がどういった判断を下すかが見物だ。

 一方の中村は須藤戦について「はっきりと勝負をつけたい」と抱負。須藤には「戦えるだけ戦って欲しい。嫌倒れだけはして欲しくない」と要望した。須藤のファイトスタイルについては「身長が低く、頭を下げて大振りのパンチを振ってくるのでやりやすい相手」と評し、76kgという普段よりも重い契約体重についても「須藤選手なら問題無い」と自信を示した。

 なお、5月のチームドラゴンとの対抗戦、先日のM-1と、全日本キックの選手が交流戦で負けが込んでいるが、藤原会長は「負けるべくして負けているということ。自分の団体が負けて悔しいと思って欲しい。なんとかして食い止めないといけない」、小林GMは「自分の団体が弱いと思われないように奮起して欲しい」と話した。

Home > NEWS > 全日本キック > 野良犬電撃作戦前に真弘と中村が公開練習

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JTクラブジム
JR東海道本線「沼津」徒歩5分
入会時「バウレビ見た」で特典付!キックボクシング8冠王・土屋ジョーが直接指導!老若男女国籍、全て不問!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ